0409
僕と僕の母親のあるひと夏の体験をお話しします。

僕の母親は、昔から近所では結構評判の美人で、よく友達から羨ましがられていました。


中学や高校のときまでは僕も、特には母親に対して特別な感情なんか持っていませんでしたが、大学生になって、一人暮らしを始めてから急に母親が恋しくなりました。


最初はホームシックのようなものだと思っていたのですが、いつの間にか母親とのセックスを想像しながらオナニーすることが日課になっていました。


そして、社会人になって3年目の夏。


僕は夏休みを利用して実家に帰りました。


母親は、温かく僕を迎えてくれました。


あまり滅多には帰れないので母親もとっても喜んでくれました。


そんな帰省中のある日の昼間。


この日は、他の家族は仕事で、家には母親と僕しかいませんでした。


僕が家でゴロゴロしていると、なんとなくムラムラしてきたので、「汗かいたからシャワー浴びてくる」と母親に言い残し、シャワーを浴びる振りをして風呂場でオナニーをしようとしました。


シャワーの流れる水の音を聞きながら、僕は自分のペニスを激しく擦り上げました。


オカズは当然、お母さんです。


そんなとき、急に風呂場のドアが開きました。


そこには母親が立っていたのです。


「えっ?」

僕は驚いてペニスを握った状態のまま固まってしまいました。


母親は、僕用のボディータオルを持ってきてくれたようで、その手にはそれが握られていましたが、その表情はやはり驚いたものでした。


「ご、ごめん!」

母親が慌てて風呂場を後にしようとした、その時、僕は自分の体が勝手に動くのを感じました。


気づくと母親の手を握っていました。


「ごめん。

お母さん、俺・・・」


しかし言葉がうまく出ません。


ペニスが雄々しく起ったままの俺を、母親は最初驚いた様子で見つめていました。


しかし、しばらくして、「ちょっと待ってて」と言って風呂場を出て行ってしまいました。


この時の僕の気持ちは、それはもう激しい後悔しかありませんでした。


まだ1週間ほど帰省の期間は残っています。


その間、ずっと気まずいままなんて嫌だったのです。


だけど僕のペニスはもう射精寸前。


悲しいことに、この状態で止められるほど僕の自制心は強いものではありませんでした。


もう一度しごこうと自分のペニスに手をかけた時、風呂場のドアがガラッと開く音がしました。


そこに立っていたのは母親でした。


僕は思いっきり驚いて、その場で立ち尽くしてしまいました。


なぜなら目の前の母親は、衣服を脱いだ裸の状態だったのです。


「お母さん・・・」

「純ちゃん・・・」

お母さんはそれだけ言って、風呂場の中に入ってきて扉を閉めました。


そして何も言わず僕の前に跪くと、僕のペニスを握って、慣れない手つきでそれをしごき始めました。


「・・・」

声が出ませんでした。


驚きのあまり、というのもありました。


今、目の前に繰り広げられている光景があまりにも異常です。


自分の母親が息子のペニスをしごいている。


しかし、それ以上に、気持ちよかったのです。


あまりの気持ちよさの前に、僕は声を出すことも忘れていました。


「純ちゃん。

女の人にしてもらったことあるの?」


俺のペニスをしごきながら母親が優しく聞いてきます。


「・・・ない。

俺、童貞だし」


誠に情けないですが、事実なので、そう口にしました。


すると母親はクスッと笑うと、しごく手を速めました。


「あ、ああ。

もう出るっ・・・」


限界でした。


しごく速度が上がって、数秒と持たずに僕は射精してしまいました。


びゅくびゅくっと、白い液体が母親の顔めがけて飛んでいくのが見えました。


こんなに激しく出たのは初めてでした。


「気持ちよかった?」

優しく囁くように聞く母親。


「うん・・・」

僕は頭がぼーっとなりながらも答えました。


その後、お互いに黙って体を洗い、お風呂を出ました。


なんとなく気まずくて、僕は2階に逃げていってしまいました。


母親も自分の部屋に入っていってしまいました。


(やっちゃった・・・)

僕は思いました。


自分を産んでくれた母親に顔射をしてしまった。


今まで抱いたことのない罪悪感が僕を襲いました。


しかし、その気持ちよさは常軌を逸したものでした。


あまりにも気持ちよかったものだから、知らず知らずのうち、また勃起しているのに気づきました。


(だめだ、早く鎮めないと・・・)

僕は自分の部屋に入り、ベッドの上に腰掛けると、いきり立ったペニスに手をかけました。


そんな時でした。


コンコン。


部屋の外でノックの音が聞こえました。


そこに立っていたのは、やはり母親でした。


しかも、上にはTシャツ、下にはパンツ一枚の、ほとんど裸の状態でした。


「・・・まだ、大丈夫?」

母親は僕のペニスを見て聞いてきました。


「やらせてくれるの?」

そう聞くと、母親はゆっくりと頭を縦に振りました。


僕の理性が切れてしまったのは、この時だったと思います。


僕は部屋の入り口で立っている母親に近づき、やや乱暴にその手を引き、ベッドに押し倒しました。


母親は黙って僕の目を見ていました。


僕はゆっくりと母親にキスをしました。


子供の頃、寝付けない僕によくキスをしてくれたな・・・。


そんなことを思い出しながら。


しかし、今はもう子供ではない。


僕は舌を入れました。


くちゅくちゅといやらしい音が立ちます。


母親は目を瞑っていました。


僕は必死になって母親の口内を犯しました。


しばらくして僕は裸になり、母親のTシャツに手をかけ、脱がしました。


決して大きいとは言えない乳房が、ポロリと僕の前に姿を現しました。


風呂場で見たのとまた違った意味で、僕はそれに釘付けになります。


「お母さん。

おっぱい吸っていい?」


「いいよ。

でも、今はママって呼んで」


「じゃあ、ママ。

おっぱい吸っていい?」


僕の言葉にママは小さく頷きました。


僕はすぐにママの胸にしゃぶりつきました。


「・・・ぁ」

小さな声が聞こえました。


僕はさらに興奮し、夢中になって乳房を舐めました。


片方の手で片方の胸を揉みしだき、もう片方の胸の乳首にまるで赤ん坊のようにむしゃぶりつきました。


「・・・ぁ・・・あん」

母親の感じる声が少しずつ大きくなるのを感じました。


僕は無我夢中で胸にしゃぶりつきました。


そして、しばらくママの胸を堪能した僕は、自分のペニスがもう爆発寸前なのに気づきました。


僕はもう我慢できませんでした。


「ママ。

もう限界。

挿れさせて」


息を荒くしながら僕がそう懇願すると、ママは頷きながら言いました。


「今日は大丈夫な日だから挿れてもいいよ。

・・・でもいいの?」


「何が?」

「純ちゃん、まだ女の子としたことないんでしょ?初めてがママでいいの?」

不安そうな表情で聞いてくるママに、不覚にも初めて胸キュンしてしまいました。


僕は何も言わず母親を押し倒しました。


そして自然と開かれた股の間にある穴に、自分のペニスを2、3回擦りつけてから、ゆっくりと挿入しました。


「あ、ああ・・・」

にゅるるると不自然なほどすんなりと、僕のペニスはママのマンコに入っていきました。


「うわっ気持ち・・・いい。

これ、すぐ出ちゃう」


動くとすぐにでも射精してしまいそうな快感に、僕の動きは止まってしまいました。


「・・・純ちゃん。

今日は大丈夫だから出してもいいよ?」


ママが耳元で優しくつぶやきました。


その優しさが僕には嬉しくて、僕はもう一度ママにキスをしてから腰を振り始めました。


「あ・・・ああん!純ちゃん、気持ちいい?」

「ママ!ママ!あったかい!中・・・すごいあったかい!」

ぐちょぐちょ、ぬちゅぬちゅ・・・。


いやらしい音がはっきりと聞こえてきます。


(ママも感じてくれているんだ)

そう思うと、自然と腰の動きもどんどん速くなっていきます。


すると案の定、激しい射精感が早くも僕を襲いました。


「あ、出る・・・」

どぴゅっどぴゅぴゅっ!!

もう声も出ませんでした。


自分のペニスから出た大量の精子が、ママの子宮に流れ込んでいくのを感じました。


「あ、あああ・・・」

ママは、まるでまんこで僕のペニスを包み込むように股を締めながら、僕の頭を優しく抱きました。


「大好き。

純ちゃん」


その言葉に僕は嬉しくなって、もう一度、今度は優しくキスをしました。


「ママ・・・可愛かった」

僕の言葉にママは少し照れていました。


それから帰省までの期間に計3回、家族がいないのを見計らって、ママとセックスをしました。


中出しはさすがにしませんでしたが、最高に気持ちいい夏休みでした。
サンプル