9113

今でも思い出す忘れられない体験。

昔、ツレの家で男女集まって飲んでた。


みんなヘベレケになって、ざこ寝状態。


俺もいつの間にか寝てしまってた。


で、夜中、喉が渇いて目が覚めた。


すると何やら悩ましげな声が・・・。


ツレが俺から2mも離れていないところで行為に至っている!

驚きもあったが、(しまった!)と思った。


その相手の女の子はエッチ好きで結構有名だったのだ。


ツレの行為を横目に俺の愚息ははち切れんばかりにギンギン。


薄目を開けて見ていたら、なんとツレと目が合った。


ニヤッと笑ったかと思うと、何やら女に耳打ち。


すると女もこっちを見てニヤッとした。


なんと、女は俺に向かって手を伸ばしてきた。


(誘っている、3Pだ・・・)

ツレに目で確認すると、またニヤッと笑って自分の息子を女から抜いた。


すると女は俺に覆い被さってきて激しいディープキス。


と同時にジャージの上から俺のいきり立った愚息を優しくなでなで・・・。


ツレはタバコを吸いながらニヤけた顔で見ている。


俺は負けじと女のブラをTシャツを脱がせずに外した。


Tシャツの上からナマ乳を擦るようにして感触を楽しんだ。


すると乳首がピンと立ってきた。


しばらくその感触を楽しんでいたら、女は我慢できないといった感じで自らTシャツを脱ぎ、俺のジャージとトランクスを一気に膝まで下げた。


剥き出しになった俺の愚息を、何回かシゴクと、先っぽをペロっと。


そして、ゆっくりと舌を回転させるようにして咥えてきた。


エッチ好きの噂通り、かなりのテクだった。


亀頭に当たる舌の感触は何ともいえず、柔らかくて温かかった。


思わず、「ハア~~」って声が出てしまった。


膝まで下ろしたジャージとトランクスを全部脱がすと俺の股の間に入ってフェラの続き。


タバコを吸い終わったツレが、フェラしているその子の後ろからいきなり挿入。


女は俺のを咥えたまま、「んっ!んっ!」と感じている。


しかも俺の愚息をなれた手つきでシゴきながら、口を離そうとはしない。


それどころか、手も口もローリングしながら激しくなってきている。


(ヤバい!イッってしまいそうだ!)

そう思った瞬間、ツレが女の尻に発射した。


バックで入れてから1分も経ってないんじゃないか?

小声で、「早くないか?」って言ったら、女もクスッと笑い、ツレは風呂場へ消えていった。


女がお尻についたツレの精液を拭き終わって、いざ再開。


俺はついさっきまで本当にイキそうだったので、しばらく女の体を弄っていた。


不完全燃焼だった女が、「早く入れて」って言ったけど、今入れてしまったらツレよりも早く終わってしまう!

仕方なく指を入れて刺激していると、狂ったようにまた俺の愚息を咥えてきた。


「ヤバいって、イキそうなんだって」

そう言うと、チュポンって口を離して俺を押し倒してきた。


で、ヌルヌルのアソコヘ2度3度擦りつけてきた。


(ダメだ、これだけでマジでイッしまう・・・)

と、いきなりニュルっと入れられた。


そして前に後ろにスゲー激しい腰使い!

ホントにヤバかったので、女を抱き締めるようにして動きを止めた。


でも、女はかなり不満らしく、今度はそんな状態でも上下に体を揺すってきた。


「ダメだって、ほんとイッちゃう!」

そう言うと、小悪魔のような笑みを浮かべながらさらに激しく動き出した。


俺はたまらず女の体を離そうとしたが、強く抱き締められ、かなりの勢いで女の中で発射した。


「マズいんじゃないの?」って言っても、「今日はたぶん大丈夫」とか言ってるし・・・。


出した後も、入れたまま俺の上に覆い被さって、チュッチュってしてくる。


なんか気に入られたみたい。


その夜、その女から「家においでよ」って誘われて、かなり濃いセックスをした。


今ではすっかりセフレです。


読んでくれた方へ。


ヘタな文章で申し訳ありませんでした。

サンプル