0274
この前、彼氏の家に行きました。

そこで『飼育ゲーム』という遊びをしました。

今ではあんなコトしなきゃよかった・・・と後悔しています。

彼氏の名前は『怜(仮名)』。

私はあゆこ。

付き合って1週間、あの日の会話・・・。


怜「あゆちゃん、ゲームしない?」

私「いいよ?なんのゲーム?」


怜「飼育ゲーム」

私「?なにそれ」

<ルール>
・1:動物と飼育係を決める。

・2:飼育係がトイレに行く時間と食事の時間を決める。

・3:動物はそれに従う。


怜「わかった?」

私「う、うん・・・」

怜「で、僕が飼育係になるから、あゆちゃんが動物ね!」

私「え!?」

怜「食事は3時間に一回。

トイレは5時間に一回!」


私「5時間!?」

怜「従ってよ?では、まず最初の食事は・・・水!」

私「ね、ねぇ怜くん・・・飲み物は・・・」

怜「僕は飼育係だよ?文句ある??」

そして、手と足をガムテープで巻く。


怜「はい、あーん」

私「ごっくん・・・」

怜「食事は3時間、トイレは5時間後ね~」

この時、私はコップ3倍分の水を飲まされていた。

1時間経過・・・。


私「怜くん・・・おしっこしたい・・・」

怜「ダメ!漏らすのも禁止ね!!」

私「・・・くっ」

3時間経過・・・。


怜「お口あーんして?オレンジジュースだよ!」

私「れ・・・くん・・・おしっこ出るっ・・・ハァ・・・うっ」

怜「ダメってば!あゆちゃん、言うこと聞きなさい!」

私「ふぇぇぇぇん・・・」

私は泣き始めた。

5時間経過・・・。


怜「おトイレタイム!あゆちゃん、立てる?」

私「あぁぁ・・・出・・・る・・・早く連れてって・・・」

怜「連れてくって・・・どこに?」

私「ト、トイレに決まってるじゃん・・・ハァァ・・・くぅっ」

怜「トイレはここだよ!さあ、下着を脱いで?」

怜が言うトイレ、それはただの木の箱だった。


私「れ・・・んく・・・どういうコト?」

怜「この箱の中にしてね!僕が支えてあげるから!」

私「や、ヤダ!したくない!!無理だよぉ・・・」

怜「じゃ、また5時間後ね~」

私は目の前が真っ白になった。


(また5時間!?)

1時間経過・・・。


私「れ・・・ん・・・ごめ・・・なさい・・・出るょ・・・」

“じょばぁぁぁぁぶしゅぅぅぅぅじじゃじゃじゃじゃぁじょろぉぉ”

すごい勢いと音で私のおしっこが出た。


私「うわぁぁぁん、あぁぁぁん!ごめんなざーーい!あぁぁぁ!」

怜「おやおや、やはり出てしまいましたか・・・」

5分ほど出て、怜に拭いてもらった。

半裸になった。

最初からこうしておけばよかったのに・・・。
サンプル