0176
こんなに潮を吹きまくる女は初めて見た。

先週飲み会で、隣に座ってきたテンション高めの女。

掘りごたつの座敷に座っていると、話をするたび体を摺り寄せてきた。

右側に座っていて俺が右手を床についていると、その右腕に胸が当たる。

ハイペースで飲んでいるので、何気にタイトスカートから出た黒のストッキングで包まれた太股に手を乗せ、「大丈夫?飲みすぎてない?」と聞くと目をトロ~ンとさせて、「大丈夫!大丈夫!」。


手に伝わる太股の熱。

飲み放題で、ビール、日本酒、カクテルと飲みまくる女。

徐々に体が小刻みに揺れ始め、完全に酔っ払ったみたい。


一次会も終わり、みんなバラバラで次の店へ。

俺は、隣の女を送る羽目に・・・。

店を出たときには完全に泥酔。

飲まなきゃ損ぐらいの勢いで飲んでたし、テンション高く喋り捲ってたから酔いが速く回ったのか。

今は、俺の肩でグッタリ。


腕に胸の膨らみを感じながら、肉感のある体つき、タイトから出てる太股とピチピチのお尻がエロい。

タクシーに乗せると、俺の方にお尻を向けてグッタリと横になった。

女の住所もわからず、とりあえず俺のマンションへ女を担ぎ、ドアを開け部屋に入るとソファーへ寝かせた。

ソファーで寝息を立てている爆睡爆乳女。


どうしたものかとソファーにもたれかかって思案していると、寝返りを打って腕に抱きついてきた。

誰かと勘違いしてるのか、それとも意識して抱きついてきたのか。

手のひらが、ちょうど女の股間に当たっていた。

太股を弄り、奥へと滑り込ませるとすごい熱を感じる。

熱い。

熱のせいか、それとも感じて溢れるマン汁のせいかストッキング越しに濡れているのか湿度の高さを感じる。

股間を手刀で擦り上げる。


「あぁん、うぅん」

声を漏らし、感じ始めたみたいだった。

さすがに俺も興奮しているのか、暑く感じ、服を脱いだ。

下着だけになり、女の服を脱がし始めた。

ブラウスのボタンを外し、スカートのホックを外し下着姿に・・・。

溢れんばかりの巨乳にストッキング姿が妙にエロい。


(下着姿にしておきながら、さてどうしたものか・・・)

やった後の事を考えてしまう。

自分のマンションへ連れてきたことを後悔してしまった。

ラブホならさっさとやってトンずら、もしくは女の家ならやっても何事もなかったように後処理してトンずら。

しかし自分の家では、へたすると警察沙汰。


すると、仁王立ちしていた俺の足にしがみついてきた女。

しがみつかれた途端、息子は正直、直立不動、硬直。

ブラのホックを外しストッキングを脱がすのに1分もかからなかった。

1分後にパンツ1枚の姿の女。

抱き心地の良さそうな肉付き抱き締めながら、首筋、背中と舐め回すと声を漏らしながら感じ始めた。

すると、気が付いたのか目を覚ました。


「ダ、ダメ」

身悶えながらも体をくねらせ抵抗。


「いいじゃん、自分だってこんなに感じてるじゃん」

股間に手を突っ込みマンコに指を入れマン汁をつけて見せると・・・。


「イヤッ、違うの、だって感じてないもん」

「でも、ほらこんなに感じてるじゃん」

酔って顔が赤いのか、恥ずかしくて顔が赤いのか、顔を伏せ抵抗しなくなった。

乳房にしゃぶりついて乳首を舌で転がし甘噛み。

声を上げ体を反って感じ、マンコを弄るとビチョビチョ。

指マンでマンコを掻き回すと・・・。


「あぁ~!ダメ、感じちゃう、ダメ、ウッ!イッちゃう、ダメ、イッちゃうあぁぁ」

指マンだけでイッてしまい、体をピクピクと痙攣させながら、「ウッウッダメダメ」と独り言のように喋りながら体を丸めながら感じてた。


その姿を見下ろし、イカせた事でちょっと優越感に浸り、マン汁で汚れた下着を剥ぎ取ろうとすると、「ダメ、ダメ」と脱がされないように下着に手をかけた。


「ほら、こんなにビチョビチョに濡れちゃったから洗ったほうがいいよ、ほら、脱いで脱いで」

無理やり下着を剥ぎ取り、部屋の奥へと放り投げた。

目の前には素っ裸でイッて小刻みに震えている女。

足の先から舐めると・・・。


「ダメ、感じちゃう」

足先からふくらはぎ、太股と徐々に上がり股間へと。

陰毛の密集を舌で掻き分け、マンコを舐めると・・・。


「ダメ、今敏感なの、ダメ、触っちゃイヤお願い」

「えっ、そうなの、そう聞くとしたくなっちゃうな」

マンコを集中して弄りまくりクリを舌で転がし甘噛み。


「ダメ、またイッちゃう、ダメ」

一気に潮を吹き上げられ、顔にかけられてしまった。

吹き上げる潮を口で受け止め、鼻でクリを刺激しながらマンコの中に舌を滑り込ませると、止め処なく潮を噴き上げ下半身を痙攣させ始めた。


「あぁぁあ、顔に一杯かけられちゃったよ」

「ごめんなさい、だって、ダメだって言ったのに」

半泣きの女を見ながら・・・。


「もう罰だな、どうしちゃおうかなぁ」

「えぇぇだって」

両足を抱え引き寄せる。


「ダメ止めて」

「でもほら、もうこんなに濡れて、入れてくださいって言ってるよ」

「違うもん」

チンポを擦りつけ・・・。


「ほら、こんなにベッドリ」

「いや、ダメ、やめて」

身を捩り抵抗するも腰を持って両足を肩に抱え一気に挿入。


「あぁダメ」

濡れ濡れのマンコは、抵抗感無く膣奥へと導き入れた。

突っ込むと膣口に当たり・・・。


「あっぁあ!当たる」

激しく突き上げると声を上げ一気に果て、チンポを咥え込んだままマンコから潮を吹き上げたが、抜いて土手に発射した途端、今までに見たことのない勢いで潮を吹き上げ、自分で胸を鷲掴みにして体を震わせ痙攣する。


「うっう、あぅう、おぅ」

「ほら、いっぱい感じたじゃん」

「うっ、うっ、だって、うっ」

まだ収まることなく感覚が持続しているみたいで、ソファーが無残な姿になっているのを見ると、泣けそうになった。

落ち着いたところで、女を抱きかかえ風呂場に連れて行き、体を洗ってやった。

その後、嘘八百と偽善の言葉を並べ、2人でベッドの中にいた。


翌日から、とりあえず付き合うことになり、敏感女にベッドを汚されながら、真剣にビニールシートを買おうか悩んでいる。
サンプル