pic-0212000984
気になっていた女性との話。

新入社員だった23歳の頃、大人しくて優しそうなお姉さんに一目惚れした。

どこの誰か知らなかったが、研修を終えて配属先に戻ると、それは売店のお姉さんだと知った。

お姉さん目当てに売店に行って、ショックを受けた。

お姉さんの左薬指にはシルバーのリングが光っていた。

人妻だった。

ネームプレートに『◯◯由佳』とあった。

年齢は?まだ新婚?旧姓は?などと、いちいち気になった。


社外で由佳さんを見かけたのはアパートの最寄り駅前の居酒屋。

由佳さんは友人と別れて帰る様子だったので、私も切り上げて店を出て、偶然を装って声を掛けた。


「どうですか?もう一軒行きませんか?ご馳走しますよ」と畳みかけてショットバーに入った。


由佳さんは25歳、結婚1年過ぎたばかりの純情奥様だった。

よく飲みに行くのかと思ったら、その日はご主人が出張とのこと。

同行者と連泊して、翌土曜日に観光してから帰るという。

私は由佳さんを酔わせて連れ込むことに成功したが、私も飲みすぎて由佳さんと一緒に寝てしまった。

目覚めた由佳さんの慌てようは、凄かった。


由佳「こ、このことは、内密にお願いします」

私「じゃあ、もう一回させてくれませんか?」

何も無かったのに、由佳さんはすっかり関係したと勘違いしていました。

肩を抱いたら泣きそうな顔になり・・・。


由佳「あの、せめてシャワーだけでも浴びさせてください・・・」

由佳さんの細身の体と純情そうな顔が、哀しげに見えた。

小振りなオッパイにしゃぶりつき、股間を開いて舌をめり込ませた。

まだそんなに使い込まれていない純情妻の淫裂だが、性の快楽は知り尽くした人妻だけに、反応は良かった。

体をヒクヒクさせながらトロトロに濡らした。


由佳「あのっ!避妊してください」

私「大丈夫、いくらなんでも中には出さないから」

言い終わらないうちに生の肉茎を突っ込んで唇を重ねたが、頑なにキスを拒まれた。

肉茎で天井を擦りあげると次第に感じて喘ぎ始めた。

その隙に舌をこじ入れて絡めた。

もう由佳さんも感じてきて濃厚なキスに応じ始めた。

クチュクチュ音を立てて滴る淫蜜がシーツに染みを作っていた。

淫蜜を掻きだすように抉ると、由佳さんは仰け反ってアクメに叫んだ。

由佳さんから肉茎を抜いて、腹上にかけた。

虚ろな目をした由佳さんの目尻から、一筋の涙が流れ落ちた。


「私・・・、夫以外の男性に初めて抱かれたんです。

夫以外の男性に抱かれて、感じてしまったんですね・・・。

妻、失格です」


そう言って、深いため息をついた。


それからも月に3、4回、由佳さんの純情を汚した。

由佳さんはいつも私に抱かれてアクメに達しては、涙を流していた。


大人しくて優しい純情人妻を喘がせること1年、由佳さんはついに売店を辞めた。

花束を抱えて拍手で見送られた由佳さんは、チラッと私を見て悲しそうな表情で売店を去った。


アパートに帰って、洗面台の上に茶色のゴム紐を見つけた。

由佳さんがシャワーを浴びる前に髪を束ねていたものだ。

そう言えば、由佳さんのご主人にばれないように、いつしかボディソープもシャンプーもリンスも由香さんのご家庭と同じものになっていた。

由佳さん用のクシも残されていた。


言われるままに俺のアパートへやってきて抱かれていく由佳さんと、俺達は愛し合ってるんだみたいな気分になってた俺。

自分が無粋で卑劣な男だったと気づいた。

由佳さんの流した涙は、悔し涙だったのに・・・。

クシに残った由佳さんの髪の毛を見て、もうここに来ることのない由佳さんが、どんな気持ちで売店を去ったかを思って胸が苦しくなった。

自分が犯した罪を噛み締めていた。


あれから20年、俺には優しくて大人しい純情な妻がいる。

由佳さんに良く似た妻に私が一目惚れした。

結婚して17年、今でも時々由佳さんを思い出す。

今更謝っても遅い、私の過ち・・・。

サンプル