kimamamh00211000085

会社で俺は派遣社員の人妻Kと仲良くなり、よく二人で呑みに行っていた。

彼女はオープンな性格で下ネタも全然OKだった。


ある日、Kが「あたし、旦那とセックスレスなんだ~。

あんたとなら感情抜きにしてセフレになれそうかも」と言い出した。

当然こちらも全然OKなのは言うまでもない。


しかし、いざホテルに向かおうとするとやけにごねる。

面倒臭くなった俺は半ば強引に連れ込み、恥ずかしがる彼女を無理やり脱がし、風呂場に連れ込んだ。

異常に恥ずかしがる彼女に俺のモノを触らせ、どうしたいか聞くと、何も言わず咥え出した。

イキそうになった俺は頭を両手で固定し、半ばイラマチオ状態で喉の奥の方に発射。

以前、「飲むのは苦手なんだ」と言っていたのを覚えていた俺は、Kが飲み干して俺のモノを綺麗にするまで咥えさせ続けた。


ベッドに移動しKのマンコに手を伸ばすと既にビショビショ。

K曰く、「フェラしてると自然に濡れてくる」とのこと。

もちろん生で挿入。

ドSな俺は彼女がイキそうになると腰を振るのを止め、その時の彼女の顔を見て楽しんでいた。


顔射と中出しはNGだった彼女に、「中出し条件でイカせてやる」と言うと、「中は本当にダメ、全部飲んであげるからイカせて~」と言ってきた。


「じゃあ顔射な」

俺はそう言い放ち、返事も聞かず腰を動かした。

彼女は俺を若干潤んだ目で見つめながら頷いた。


イキそうな彼女に「顔にかけて」と声にならない声で言わせながら、俺は彼女の思惑を平然と裏切り、中出し。

一瞬何が起きたかわからない彼女が冷静さを取り戻す前に濃厚なディープキスで唇を塞いだ。


「できたらどうするのよ~」

涙声で言う彼女を見て無性に興奮したのを覚えている。


彼女に中出ししてから約10日後、『生理がきた』と彼女からメールがあった。

(一応、妊娠してたらマズいので、セックスレスの旦那と無理矢理次の日にセックスしたらしい)

当時、経理部に所属していた俺。

上司と二人しかいなかった為、経理の資料が置いてある部屋には俺しか入れなかった。

そこに、そろそろ危険日だろうと予想していた彼女を昼休みに呼び出した。

呼ばれた理由を感づいていた彼女は部屋に来るなり、「何もしないよ」と言い放った。

俺は一つしかない扉の前に立ち、「俺をイカせるまではここを退かねぇから」と言うと、「そんなのずるいよ」と言ってしばらく抵抗を続けたが、俺がマジだとわかると渋々ズボンの上からナニを擦り始めた。


「どこに出そうか?」

「飲めば良いんでしょ、イジワル」

彼女は俺のズボンとトランクスを下げ、そそり勃ったナニを頬張りだした。

昼休み終了15分前になってもイカない俺に焦りだす彼女。


「フェラじゃイキそうにね~な」

「ダメ、ゴム無いし、あんたまた絶対中に出すもん。

今日は危険日だから本当にヤバいもん」


拒否る彼女。


「じゃあ素股でいいよ。

ちゃんとイキそうになったら口に出すよ」


半ば強引に正常位素股に移行。

入れられない様にしっかり手でカバーする彼女。


「あんた口に出すって言いながらわざと顔にかけないでよ」

喘ぎ声が出るのを我慢しながら彼女は言った。


「イクぞ、しっかり口開けろ。

顔にかかるぞ」


大きく口を開けて待ち構える彼女。

その刹那、手を退かし挿入。


「やっ、やだ。

だめ、抜いて、あっ、あ~。

だめ、外、外」


そう言う彼女を無視し、しっかり奥の奥で射精。

彼女は泣きながら、「あんた最低だよ」と言った。


残念ながらその時も妊娠しなかったのだが、彼女は最低と言い放った俺との関係を未だ続けている。

サンプル