a11122343004183
看病しに行った時の話。

この前飲み会した時、私は風邪引いてたんだけど、無理して行ったら案の定フラフラで、8歳上のゴウ君が介護してくれてたんだ。

その日はなんとか自力で帰ったんだけど、今日ゴウ君からメール入って、『さぁ(私)の風邪うつった。

動けない。

助けて』言われた。

速攻、薬局で薬とか食品買ってゴウ君ちに行ったんだ。

おでこに冷えピタを貼ったゴウ君がフラフラになりながら出迎えてくれたんだけど、立ってるのもきつそう。

・・・かなり罪悪感。


水枕作って栄養ドリンク飲ませて、プリン食べさせて、薬飲ませてから料理作り出したんだ。

お粥とか野菜スープとか消化に良くて食べやすいもの作ってたから、だいたい1時間ぐらいかな。

寝てたゴウ君が、「ぅ゛~」って唸りだして、大量の汁だくで、首まわりの汗拭っていたら起きちゃった。


私「汗かいたら服をこまめに着替えて。

お粥とスープが台所にあるから、温めて食べて。

水分はたくさん摂るんだよ」


そう言って帰ろうとしたら、腕掴まれちゃった。


ゴウ「ちんこがドクドクして痛い。

助けて」


・・・って、半目で訴えてくるゴウ君。


見たらマジでパンパンにテント張ってて可哀想・・・。

OKしてないのにゴウ君もう脱ぎ始めちゃって、それがかなりのデカさ。

久しぶりに発見した巨チンをニギニギすると、ドクドク脈打ってるのが凄くわかる。

親指から中指までで、指が回りきれないぐらい大きいから、両手で握りながら柔らかく優しくシコシコしてあげてたら、ピクンピクンお辞儀してる。

可愛いから唾液垂らしてヌルヌルにしてあげたら、「さぁ、ごめんね」ってうわ言みたいに繰り返してる。


私「ゴウ君どうしたら気持ちいい?」

ゴウ「さぁ彼氏いるし、俺のわがままだから手でしてくれるだけでいい。

ごめんね」


少し辛そうな吐息混じりで気遣ってくれるゴウ君。

フェラしたくても口に入りきらないし、裏筋とカリに指かけて、強・弱と速・遅の力加減を付けてたんだけど物足りなくて、のど飴を口に含んで舐めて、少し溶け出しだした頃に唾液を口に溜めて、だらぁ~って垂らしてシコシコしたら・・・。


ゴウ「さぁ、スースーするょ、やばいょぉ」

常にゴウ君は、「うっ、はぁ」って熱い吐息漏らしてる。


私「ごぅ君気持ちいい?もっとしていぃ?」

そう聞いてたら、ブラのホック外されて服の中に。

熱で温かい手で乳首コロコロされちゃった。


私「やぁ。

私がゴウ君のドクドクしてるの冷まさせてあげたいよぉ」


ゴウ「さぁの感じてる声聞かせて。

そしたら早くイクから」


そう言えばゴウ君の元カノが、『ゴウ君は遅漏だ』って言ってたの思い出して、風邪引いてるから早く楽にしてあげたくて、「ゴウ君、気持ちぃよぉ」って喘いでた。

ゴウ君の太ももとか腰骨の辺りに指立てて、触れるか触れないかの微妙な感じで触ると、ビクンビクン反応して布団を抱き枕状態に抱え込んでた。

タマタマが急に収縮し出して、これはイクなって思ったら、「キスして」って言われた。

触れるか触れないかのキスしようとしたら、頭グイッてやられて舌をにゅるって入れてきた。

苦しくて唾液が唇の隙間からゴウ君の首を伝って垂れちゃった。


ゴウ君の脈打ちが速くなって、またスースーした唾液垂らして、玉もくすぐる感じでしてあげたら、「もぅイキそうだょ、もっと速く・・・」って言われたから、両手でシコシコしながら亀頭咥えて、ちょこっと喘ぎながらレロレロって舌の奥のザラザラした所で擦ってあげたら、「うぅっ。

出るよ出ちゃうよ」って大量のスペルマをお口に噴射。

含みきれなくて横から垂れちゃったよぉ・・・。


ティッシュにドロドロしたの吐き出すの、ゴウ君に見せつけてあげた。


「さぁエロぃ、当分のズリネタができたよ。

ごめんね」って言ってもらえた(笑)


ゴウ君を着替えさせて寝かし付けてきたんだけど、シコシコでかなり汗かいた。

帰り道、外寒かったよ。
サンプル