a11122343001339
人妻との話。

僕が人妻と関係を持つことに興奮を覚えたきっかけは、帰省先での出来事だった。

偶然遭った中学時代の彼女T・・・。

と言っても当時はキスまでしかしたことがなかった。

あれから15年後、懐かしさがあり二人で会う約束をした。


当日、再び会うと色々な話をした。

当時の事、それからの事など。

そしてどちらからともなく唇を重ねた。

彼女は結婚しており、僕は最初躊躇したが、柔らかい唇の感触がそれを忘れさせた。

車の中で抱き合い何度もキスをした。


「チンチン・・・勃ってる」

Tはそう言うと僕の股間を触りだした。

もともと中学時代に別れた理由は、キスをする度に僕のペニスが勃起して、それが彼女には我慢出来なかったから。

それが今は、勃起したペニスを触りながら舌を絡めてくるTに僕は興奮した。


ホテルへ行くと、僕はTの体にしゃぶりついた。

当時より丸みを帯び胸も大きくなったT。

夢中で乳房を揉みしだき、吸い付き、またキスをする・・・。

部屋に響くTの喘ぎ声を聞きながらの愛撫で僕もTもヌレヌレ状態になった。

69で互いの性器を舐め合い、僕が下になったり上になったり。

クリトリスを舐めながら指で中を掻き混ぜると、Tは「もぉ入れてぇ~」と卑猥な表情で言った。

僕の知っているTはそんな事をいう女性ではなく、それが一層僕を興奮させた。


ペニスを入れるとアンアン、キャンキャンと喚きながら喘ぐT。

腰を両手で持って突き上げると、体をエビ反りにして呼吸を止めて上り詰めるT。

そのどれもが僕の征服感を高めた。

バックで突くと、自分の体を支えられなくなってうつ伏せになったが、その姿勢でお尻をパックリ開いて突くと、鳥肌を立てて絶叫した。


誰かのものになってしまったTが目の前で昇りつめる姿に僕の興奮は最高潮になった。

僕は無意識に彼女の口にペニスを押しこみ吐精した。

ドクドクと溢れる精液をTの口に注ぎ込む。


Tに「飲んで・・・」と言うと素直に飲んでくれた。


終わった後、火照ったTの体を擦ったりキスをしたりとしていると、いつの間にか興奮し、求め合った。

今度はTが積極的に上になり腰を振った。

そして攻守交替し、「そこぉ~!」「イイ~ッ!」とあの清純派のTが喘ぐと、またペニスは一層硬くなった。

体を密着させ、腰を振りながら「もうイクよっ」と僕が言うと「中に来てーっ」と叫ぶT。

二度目はTの中でペニスが脈打った。


帰省していた5日間で計10回くらいTと愛しあった。

別れ際、「クセになりそう」とTに言われた。


僕はその時から人妻とのSEXがクセになってしまった。


二度目の人妻との経験は、中学時代の彼女とのSEXからひと月ほど後の出会いから始まった。

仕事の相手の女主任のOさん(30~35位)。

関西の会社で研究職の彼女の元へうちの会社の機械を入れた。

当初、全然よい結果が出ず、何度も怒鳴られながら3ヶ月が過ぎた。

そして山場を乗り越え、彼女の求める結果が出だすと態度が急変した。

毎日笑顔で挨拶し、いよいよ引き上げの時期がやってくると食事に誘われた。


「最初の頃は怒ってばかりでしたね、ホントごめんなさい」

優しくそう言われると、僕はムラムラした。


「もうOさんに怒られなくなると正直寂しいですね」などと言い、なんとなくイイ感じになった時、僕は駐車場でOさんを後ろから抱き締めた。


「男の人に抱き締められるの・・・久しぶりかも」

Oさんはそう言うと振り返り正面から抱き合った。


「キスしてもいいですか?」

聞くとOさんは無言で目を閉じた。

暗い駐車場でキスをしながら、僕は勃起した股間に気付いてもらえるようOさんの腹部へ擦りつけるように抱き締める。


「すごい・・・」

予定通りOさんは食いついてきた。

Oさんの車に乗り込むとシートを倒してキスを続ける。

舌を絡めながらOさんの興奮が伝わってきた。

Oさんはしっかりと僕のズボンの中に手を入れ、勃起したペニスを握っていた。

僕はOさんの服の中に手を入れブラをずらして乳房を揉んだ。


「私みたいな女っ気のない女でも・・・」

その言葉を遮って、「Oさん、とっても綺麗ですよ」と唇を塞いだ。


そして今度はたっぷり愛撫してあげた。

全身を舐め、クリトリスを舐め、指で弾いてはまた舐める。

Oさんは右に左に体をよじり喘ぐ。

あれだけ怒鳴っていたOさんが、オンオンと喘ぎ、女の蜜を撒き散らす。

僕のペニスにしゃぶりついては泣きそうな顔で求めてくる。

欲求不満の人妻ほど僕を興奮させるものはなかった。


挿入すると「おっきぃ~!」とか「奥がすごぉ~いっ!」などと喘ぎ、さらに僕を興奮させた。

両手を頭の上でクロスさせ押さえつけて突き立てると、まるで犯しているような気分にすらなった。

熱い膣の中が、一層強く僕のペニスを締め付けた。


「あううっ!!」

Oさんは苦しそうに昇りつめ、ぐったりした。

さらに僕は激しく突いた。

Oさんは過呼吸気味に「死んじゃうぅ~っ!」とよがり続けた。

発射はOさんの顔にした。

僕に怒鳴っていたOさんの顔が僕の精液まみれになる姿に僕は大満足だった。


帰り支度をしながらOさんは、「今度、機械に問題があるって言って呼びだしちゃうかも」と言った。


「呼び出されたら・・・また苛めちゃいますよ」と僕は返した。
サンプル