a11122343001338
出会い系で知り合った人の話。

6年前に出会い系で釣った仙台の智子が人妻となって連絡してきた。

まぁ6年もアドが変わってない私も私だが・・・。

確かホテルでハメてイカせたような記憶しかない。

東京で友人の結婚式がある為、外泊予定となり私へ連絡してきた模様。


正直、顔も忘れてます。

しかし待ち合わせ場所に着いたという事で向かってみます。

あーーー居た居た。

何となく思い出して来た。

ずいぶんと垢抜けている。


「久し振り!」

お決まりのパターンで声を掛けて彼女が予約済みのホテルへ。

コートを掛けた智子を見るとなんとドレス。


(ヤバッ、エロい・・・)

白のロングドレスにピンヒール、そしてTバックのラインが透け透け。

窓際に立った智子を後ろから抱き締める。


私「6年も忘れてなかったのか?」

私が胸を掴み耳元で囁くと・・・。


智子「えっ?私はちゃんと覚えてるよ!だってあんなに激しくされた事なかったもん・・・」

私「人妻になったくせに淫乱だな。

どうせ旦那には一人で泊まるって言ってるんだろう?」


智子「あんな人いいの・・・、私が居なくたって何してるかわからないから」

何となくはわかっていたが、女だって人妻だってやりたいんだなと思った。


更にうなじを攻撃しながら「俺の何をそんなに忘れなかったんだ?」と勃起したモノをお尻に当てながら聞いてみた。


智子「本当に覚えてないの?ロープで縛られ、バイブ入れられて・・・」

あーー何となく思い出してきた。

確か赤いロープを買って、紫のバイブとローターで攻めてやった気がした・・・。


私「旦那にイカせてもらってないのか?」

智子「うちの旦那、淡白であんまりしてこないの・・・」

欲求不満がありあり。


私「だから俺の所に来たのか?そう簡単には入れてやらないぞ・・・」

私もスイッチが入りました。

お尻を撫で回し、スリットから手を入れるとガーターが。


私「ドスケベ!こんな格好した人妻がわざわざ東京まで来ておねだりか!」

智子「嫌!言わないで・・・欲しかったの・・・」

私「仙台に男なんていくらでもいるだろう?自分から声掛けてハメてもらえばいいじゃないか・・・」

智子「だって◯◯さん(私)みたいに激しくしてくれないもん」

私「何だそれ?さては何人かに結婚してもハメられたのか?」

智子「・・・」

それを聞いてベッドに押し倒しました。

スカートを捲るとTバックの下着が露わに。

それもヒモで隠れている部分の方が少ない下着。


私「こんなの付けてご主人知ってるのか?オマンコ丸見えだぞ・・・」

智子「だってこんなのじゃないとスカートがぴったりだし、ライン出ちゃうから・・・。

それに旦那の前ではこんなの付けた事ないよ」


私「じゃあ何で俺には見せるんだよ!」

・・・と言いながら、お尻の割れ目に舌を這わせます。


智子「あーーんいいのーーー昔みたいにメチャクチャにして・・・」

あっ!そこで6年前のワンシーンを突然思い出しました。

確かバイブを突っ込み激しく出し入れした後に、挿入すると『オマンコ壊れる!壊れる!!!』と言いながらイッたはず。


私「あーー思い出したぞ!オマンコ壊れるって叫びながらイッたよな?」

智子「そんな事言ってないもん・・・」

恥かしがりながら感じてます。

6年も経つと女は変わりますね。

こんな下着付けたまま自分からフェラをして、命令通り自分でクリを触ってます。


私「どうだ欲しかったのか?6年ぶりに欲しかったって言ってみろよ!」

智子「あーーん欲しかったの・・・入れて!!!」

そこは意地悪な私です。


私「何だお前、このチンポ忘れられずにオナニーした事あるだろ?想像しながら・・・」

智子「あーーん何でわかるの?」

図星のようでした。


私「何回思い出してやったんだ?白状しろ!」

智子「何かムラムラした時に最後必ず、◯◯さんに縛られてバイブ入れられたの思い出してしてたの・・・」

私「どうしようもない女だな!人妻になっても忘れらないのか?」

智子「そうなのこれで突いて!!!!」

このやり取りでフル勃起です。

田舎の女は情が厚い。

俺のSEXを忘れられずオナニーしてたなんて・・・。

一気にぶち込むと大きな声に変わります。


私「どうだ6年ぶりは?」

激しく突きます。


智子「凄い!凄い!良いの良いの・・・」

声にならない息も出てます。

小ぶりなオッパイで大した身体でもないのですが、俺のチンポを忘れられないなんて興奮します。


私「旦那のより良いのか?言ってみろよ!!!」

智子「こっちが良いの、こっちがいいの、◯◯さんのがいい・・・」

私「どこに何が入ってるんだ?」

智子「智子のオマンコに◯◯さんの太いオチンチンが入ってます・・・」

私「旦那の前でもオマンコ何て言えるのか?」

智子「恥かしくて言えないよ・・・」

私「じゃあ何で俺の前では言えるんだ?」

智子「だってだって◯◯さんの欲しいんだもん・・・」

さすがに俺も限界です。


私「出すぞ!!!!」

何処に出すかも聞かずに・・・。


私「オイ口開けろ!!!!」

智子「アーーーン、イクイクイク・・・」

私「ホラ!!!!」

飛び散った口の周りのザーメンも集めてゴックンです。

この日は朝まで3回、鏡の前で後ろから突いて「オマンコ壊れる!!!智子のオマンコ、◯◯さんのもの!!!!」と言わせタップリと満足させてやりました。


田舎の女は情が厚いです。

6年経って人妻となっても忘れられないなんて。
サンプル