a11122343002415
3Pした時の話。

今年の盆休み、旧友に彼女を寝取られた、というか3Pをしたので書きたいと思う。


俺(ケンタ):25歳。

リーマン。

勃起時12cmの粗チンでM。

まみ:俺の彼女。

25歳OL。


色白でムッチリ巨乳。

中学の同級生で、2年前に偶然再会。

付き合って一年半。

かなりスケベで付き合う前からエッチはしていた。


マサル:俺の中学時代からの友人。

東京でテレビマンをしている。

昔からエロで、ルックスはそこそこだがかなりモテる。

巨根。


登場人物は以上の3名。

まみとマサルは同じ中学だが面識はなし。

マサルは三年生の頃に転校してきたからあまり知られていない。

わざわざチンコのサイズを書いたのは、俺がデカチンと粗チンの3Pモノに何とも言えないフェチズムを感じるので、昔からマサルを交えて3Pをしたいと思っていたから。


お盆休みの終盤、まみと俺の部屋でまったりと過ごしていた。

夕方、3年ぶりくらいにマサルから電話があった。


「東京から地元に戻ってきて、今実家にいるから、遊ばないか?」との事。


俺はまみも連れて、マサルと三人で居酒屋に行く事にした。


待ち合わせの場所に行くと、浅黒く日焼けをしたマサルがいた。

俺はまみをマサルに紹介した。

マサルは少し人見知りなところがあるので、照れくさそうに挨拶をしていた。

まみはニッコリと笑っていた。


居酒屋に着くと、壁際のとても狭いテーブルに案内され、左利きの俺は隣に誰かがいるととても居心地が悪かった。

最初は、彼女をマサルの隣に座らせるわけにはいかないと思ったので、我慢していた。

でも、酒が入っていくうちに気が大きくなり、冗談っぽく・・・。


俺「まみ!現在フリーで寂しいマサル君の隣に行きなさい!腕が当たって邪魔だ!w」

まみ「ええー!何それ?じゃあマサル君の横に座っちゃおっと」

まみはすんなりとマサルの隣に座った。


マサルは「マジかよー!何か照れるなww」と言いながらも、視線はまみの胸に行っていた。


そう言えば以前、俺はマサルにまみが巨乳だという事を教えて、マサルが大興奮していたことを思い出した。

そしてまみに、マサルのモノがめちゃくちゃデカいという事も教えていたことも思い出した。

その時は、まだまみとは付き合ってなかったがセックスはしていた。

まみが、「うそぉー?そんなに大きいの?紹介してよwwウソウソww」と言った時、何とも言えない興奮を覚えたことも思い出した。


それらを思い出した俺は、今のこの状況に物凄く興奮してきてしまい、エロ話ばかりするようになった。

まみもマサルも本来ドスケベなので乗ってきた。

マサルも次第に調子に乗って、まみの胸を揉む様な仕草までやりだし、次第に自分のセックスの話や、モノに自信があるというような事まで言い出し始めた。

まみも興味津々な様子で、「うそ!マサル君のって大きいんだね!!」とノリノリだ。


俺は決心して言ってみた。


「ちょっとお互いに触り合いしてみたら?」と。


二人とも、「えっ!!?」とびっくりしていたが、数秒後にはまみはマサルの股間を、マサルはまみの胸を、狭いテーブル席で向かい合いながら触っていた。

まみは酒に弱く、酔うと妙にトローンとしたエロい雰囲気になる。

付き合う前もよく酒の力を借りて抱かせてもらった。


店内はガヤガヤとしていたので良く聞こえなかったが、小さくまみが「んっ・・・んっ・・」と気持ち良さそうな声を出していたのがわかった。

たとえ声が聞こえなくても、まみの表情を見れば感じていることはすぐにわかった。

まみの手の動作が激しくなり、さすがに居酒屋の中ではマズいということで、俺たちは店を出た。


まみはもうグデングデンに酔っ払っていて、「もぅ歩けない・・」と言い出した。

俺はもう、今やらなきゃいつできるんだ!と思い、3人で近くのラブホテルに入った。


ホテルに入ってからは俺が一番興奮していた。

まみをベッドに寝かすなり、シャツを捲り上げてブラを強引に剥ぎ取り、自らも上着を脱ぎ乳首を責めた。

マサルは迷っているようだったので、『こいこい』とジェスチャーをすると、マサルも一気に乳首を攻めだした。

二人でまみの乳首を舐めていると、まみの声が部屋に響いた。

酒のせいか、前戯の時点でかなり声が大きい。


まみを膝立ちにさせて両サイドから乳首を吸っていると、まみの手が股間に伸びてきた。

俺はこれでもかというくらいカチカチに勃起していた。

もう片方の手は、しっかりとマサルのチンポをパンツの上から握っていた。

マサルがすでにパンツ一丁になっていたのも驚いたが、股間のモッコリ具合を見て正直言って焦った。


(俺のとはレベルが違う!)

しかし俺は萎えるどころか、もっと興奮してしまった。

まさに俺が夢見ていた展開のセックスだからだ。


俺がそうやってしばらくボーっとしてると、マサルはまみの肩をグイっと寄せて、2人は向き合い、今度はまみに乳首を舐めさせていた。

遂にまみは俺のチンポから手を離し、俺は背を向けられた。

完全にまみをマサルに取られた形になった。

まみは両手でマサルのチンポをしごきながら乳首を吸っている。

手持ち無沙汰の俺は、まみのお尻を触ったり、背中にキスするくらいしか出来なかった。

正直言って、二人のセックスをじっと見ていたくなったのだ。


マサルの指が乳首の上を通るたび、カラダをびくっとさせて「んんッ・・!」という声を出すまみ。

そして遂に、マサルの手がまみのパンツの中に入っていった。

ゆっくりとした動きだが、まみの表情は一変した。


まみ「ウゥゥー・・・!」

泣きそうな声を出して腰を振り、ビクビクと震え出した。

俺が後ろから胸を揉み始めると、マサルの手の動きが激しくなり「あっ・・あっ・・・あぁぁ・・!!」とまみの声も大きくなり、下からクチュクチュという音が聞こえてきた。


パンツを脱がされたまみはマサルの言いなり状態で、四つん這いにさせられ、マサルの顔の前にお尻を持ってこさせられた。

もうマサルは俺のことなどお構い無しで、まみのアナルまで舐め始めた。

さすがにまみも困惑した表情で俺の顔に視線をやったが、マサルの舌がアソコを刺激し始めるとまた大きな喘ぎ声を出した。


マサルのクンニの勢いが収まると、まみが体を起こして「二人とも来て・・・」と言い、俺たちはまたまみの両サイドに立った。

どうやら次はまみが俺たちを攻める番らしい。

まみは俺たち二人のチンポを撫で回しながら、交互に乳首を舐めた。

マサルが遂にパンツを下ろした。

500mlのペットボトルくらいありそうなチンポが飛び出し、まみも驚いた顔で「すごい・・・」と言いながら亀頭を撫で始めた。


そして、遂にまみはマサルのチンポを咥えた。

俺も急いでパンツを下ろして、まみの顔の近くにチンポを持って行き、まみの目の前には2本のチンポが並んだ。

まみは両手で2本のチンポを握り、グイっとチンポ同士を更に近づけた。

長さはもちろん、亀頭も俺の2周りくらいデカかったので多少凹んだが、AVで見たような光景を目の前にしてとても興奮した。

あからさまにマサルのチンポを長い間しゃぶるので少し嫉妬もした。


普段はあまり長い時間してくれないパイズリフェラも、マサルには結構な時間を費やしていた。

首を傾けずに楽に咥えられるからだろうか。

まみのパイズリ姿を客観的に見た俺は、更に興奮した。

まみがパイズリをしている間、俺は後ろからマンコを弄り、まみを感じさせた。

中はもうグチョグチョで、潮を吹かせるのも簡単だった。

チンポで塞がれた口から漏れる声がとてもエロかった。


そして、まみから「入れて・・・」の声が。


俺は、「マサルのを咥えたままだよ」と言って、バックから挿入した。


まみもいつもより興奮しているのか、とても感じやすくなっていて、突くたびに「ア・・!アンッ・・・!!」と大きな声で喘いだ。

かと思えば、俺が突いている間にもマサルの亀頭を舌先でペロペロと刺激するような余裕を見せたりもして、俺は悔しくなってもっと激しく突いた。

ようやく口からマサルのチンポを離して、余裕の無い様子で喘いでいたが、俺の方が先に果ててしまった。


次にマサルは仰向けになり、ヘトヘトになっているまみを上に乗せて騎乗位の形になった。

まみはヤンキー座りの恰好になり、マサルが割れ目に亀頭を宛てがっただけで「ア・・・」と声を漏らした。

俺はまみの横に立ち、チンポをしごかせた。

亀頭がマンコの中に入り、「ウゥ・・」とまみが漏らす。

そして、マサルの腰がゆっくりと動き始めた。

どんどん腰の動きは速くなり、まみの感じ方も喘ぎから絶叫に変わっていった。


まみはマサルの上に覆いかぶさる形になり、「すごい・・!マサルくんのチンチン凄いよぉぉぉ!!!!」と叫んだ。


二人はディープキスまでしていた。

密着したままマサルに下から突き上げられたまみは、何度も体をビクビクと震わせてイッていた。

バックから攻められている時はお尻を何度もマサルに叩かれて、その度に「アンッ・・!気持ちいいです・・!」とエッチな声で叫んでいた。

ガンガンとバックで攻められた後は、正常位で脚を思いっきり広げて突かれていた。

もう、「アァァーーー!!」というより、「ひゃぁぁぁーーー!!」というような叫び声だった。


最後まで激しく突いていたマサルがも遂にイッた。

まみのマンコから巨根を抜くと、白濁した液が飛び出し、マサルのチンポからは物凄い勢いで精子が飛び出し、まみの垂れた胸にかかった。

まみは脚をカエルのように開いたまま放心状態で、たまにビクっとカラダを動かして「はぁはぁ・・・」と息を切らしていた。

俺たちはそのまま泥のように眠った。

サンプル