a11122343002718
姐さんとの話です。

とある車(マニア系車種)のオーナーズクラブのオフ会があり、都内のイタリア料理店で新年会を行いました。


当日の参加者が、男12名、女5名。

内3名は男性の奥様&彼女というメンバーです。

単独女性の2名はAちゃん(外資系OL、26歳、井川遙似)と、Bさん(家業手伝い、29歳、バツイチ)。


Bさんは普段から男勝りで、車もマニュアルしか乗らないということもあり、仲間内では『姐さん』と呼ばれてます。

姐さんとは同郷(中学の先輩)でもあり、今までにも共通の話題で仲良くしてました。

最初は向かいの席に座っていたのですが、途中で私の隣の席に移動してきて、いつものように地元の誰と誰が結婚したとか、◯◯先生が亡くなったとか、後は車の話をしてました。


ふと足もとを見ると、姐さんは珍しくスカート(初めて見ました)。

しかも私のウィークポイイントでもある網パンストを穿いていました。

内心ドキドキしてたのですが「似合わねぇ~」とか「姐さんがスカート穿くと天変地異が起こる」などとからかってました。


予定の時間が過ぎ、帰る組と二次会組に別れましたが、私は翌日も仕事で朝が早い為、帰る事にしました。

姐さんは二次会組で、店の前で別れました。

駅に向かう途中でコンビニに寄り、買い物をして店を出ようとしたら、姐さんが店に入ってきました。


私「あれ、姐さん二次会に行ったんじゃないの?」

聞けば、Aちゃんの取り巻きばっかりで面白くなさそうなので、用事を思い出したと言って抜けてきたとのこと。

再びコンビニに入ると姐さんは酎ハイを買いかけたので・・・。


私「飲み足らないのなら、少し位は時間いいよ」

姐さん「それじゃ、ちょっとだけ付き合ってもらおうかな」

ということで、近くの何度か行ったことのあるバーに。

寒かったのでブルゾンのポケットに手を入れていたら、姐さんの方から腕を組んできました。

まあ、姉が弟にじゃれているといった感じのものでした。


バーに入るとカウンター席は満席で奥のBOX席が空いてました。

BOX席といっても店の構造上、横並びで座るベンチシートです。

姐さんはシングルモルト、私はチンザノをロックで貰い、先程の延長の話をしてましたが、急にマジ顔になって・・・。


姐さん「30前でバツイチだとダメだね~。

◯◯ちゃん(私)もA子ちゃんの方がいいんでしょ~」


私「そんなことなら姐さん誘わないよ」

そう言うと、突然、姐さんの方からキスされました。


「可愛い事言うね、◯◯ちゃん」と完全に弟扱いです。


オーダーを数度繰り返しすうち、離婚の経緯等を話し始めましたが、姐さんは泣き上戸で、話すにつれてワンワン泣き始めました。

普段は男勝りな姐さんの本当の姿を見たようで、姐さんに対するボルテージが一気に上昇してきました。

このまま姐さんを帰したくないと思い、店を出て歩きだして角を曲がった時、姐さんを抱き締めてキスをしました。


私「姐さんと朝までいたい」

姐さん「明日、仕事で早いんでしょ」

私「このまま姐さんを帰したくない」

姐さんは頷いてくれました。


タクシーに乗り込み、近場のホテルに入りました。

週末の夜でしたが幸いにも1部屋だけ空きがあり、パネルを押してエレベーターに乗り、姐さんを抱き締めキスをしました。

部屋に入り、お互い上着を脱いで再びキスし、姐さんの後に回って耳からうなじにキス。

そして黒のセータの上から胸を触りました。


姐さんはうなじが感じるらしく、集中的に攻めると「あぁ~」と呻き声が漏れました。

バンザイをさせてセータ脱がすと、黒でピンクの刺繍のある大人のブラ。

大きくはないですが形のいいバストです。


ブラの上から撫で回し、指をブラの隙間から入れて乳首を挟みました。

スカートを脱がせるとパンストではなく太腿までの網ストッキングでした。

ガーターベルトは無しですが、ストッキングフェチの私にとっては喜びが倍増した思いです。

上下お揃いでTバックのショーツでした。


私も服を脱ぎ、ブラのホックを外しました。

乳輪の色が薄く乳首が大きめで感度が良さそうです。

うなじにキスをしながら、両方の乳首を指で挟み、親指でコリコリしてみると「うぅ~」と声が漏れました。

右手はそのままにし、左手をもっと敏感な部分に持っていき、ショーツの上から円を描くように触ると「はぅ~ん」と切ない声が出ました。


姐さんの手が私の股間に伸びて、トランクスの上から擦り始めたので、「触って」と言うとポロンと出してコスコスし始めました。

ショーツが湿り始めてきたのでショーツをずらし、左の中指を第一関節だけ入れました。

指を奥まで入れ、第一関節を曲げ、Gスポを少し激しく触ると「あぁ~~んいぃ」と声が出ます。


トロトロの液体が止めどなく出てきました。

染みが広がってきたのでショーツを脱がせ、私も裸になり照明を暗くしました。

左手をホールドしたまま、今度は乳首に吸い付きました。

舌で転がしたり、甘噛みしてみました。

体勢を変えて横69の体勢になり、激しく濡れてる部分に舌を伸ばすと、「お風呂に入ってないからイヤ」と言いましたが、無視してクリを舌でツンツンしました。


言葉にするなら「あふぅ~ん」といった声がしたかと思うと、ナニの先っぽが暖かくなりました。

さすが元人妻です。

全体を口で含んだかと思うと、裏スジ、カリ裏とツボを得たフェラで、私も「ハヒ~ン」という感じの声を出してしまいました。

負けてはならぬと思い、クリを執拗に攻めました。


姐さん「もう、ダメェ~おかしくなる~お願いお願い」

私「お願いってナニ?」

姐さん「お願い~お願い、恥ずかしいから言わせないで」

私「欲しいの?」

姐さん「いじわるしないで~」

体勢を正常位にもっていき、先っちょを5cm程度を入れてコスコスしたら・・・。


姐さん「いやぁいやぁ意地悪しないで、奥までお願い~」

聞こえないふりをしてコスコス。


姐さん「お願い~頂戴頂戴、お願いだから意地悪しないで~」

私「欲しい?何が欲しいの?」(コスコス)

姐さん「いやぁ~恥ずかしいから言わせないで」

私「言わないとわからないよ」(コスコス)

姐さん「恥ずかしくて言えない~」

私「じゃ止めようか」(コスコス)

姐さん「嫌ぁぁぁぁ(絶叫)オチンチン頂戴!奥までお願い~、入れて~入れて!」

シーツには既にかなりの広範囲で染みが出来てましたので、タオルを敷きました。


姐さん「奥まで来てるよ~イイイイイイ」

私「すごく濡れて、シーツに染みが出来てるよ、姐さん濡れやすいの?」

姐さん「恥ずかしいから言わないで」

私「気持ちいい?」

姐さん「いいよ!すごくいいよ!」

このあたりでピストンMAX。


姐さん「いいいいいいイクイクイク」

私「外に出した方がいい?」

姐さん「中で中で!今日は大丈夫だからきてきて!中でいいからお願いきて~!!!(絶叫)」

ストッキングは穿かせたままでしたので、脚を持ち上げストッキングに頬擦りしながら・・・。


私「ハヒ~ン!」

姐さん「うぬぁ~、いいいい、気持ちいいよ~、いっぱい出して、はぅ~ん」

オチンチンを抜いたらぴゅ~とお潮が吹き出ました。

しばらくは二人とも放心状態でしたが、お風呂に入るとエアマットが置いてあったので、ソープごっこをしながらもう1戦してしまいました。
サンプル