kimamamh0510000049
親友との話です。

はじめまして。

今年26歳になるOLの祥子と申します。

私の羞恥体験はいつもタイツと共にあります。

タイツ、それは私にとって時に性器や性行為と同じくらい淫靡な響きをもった言葉に聞こえます。


私は中学、高校と女子校に通っていたのですが、そこではバレエの授業がありました。

黒いレオタードに白いタイツ、バレエシューズに髪をひっつめにして踊るバレエのレッスンは、女の子の心をときめかせるに十分で、私は毎回のレッスンがとても楽しみでした。


高等部の2年のころです。

あるときレッスン着に着替えようとしていると、親友のR美がショーツなしでバレエタイツを穿いているのに気づきました。

タイツの下にはR美のアンダーヘアが薄っすらと影を作っています。

なぜショーツを穿かないのか聞くと、「直接タイツを穿くとセンターシームがクリトリスに当たって気持ちいいから」とのことでした。

聞くと、クラスの女子のうち経験済みの子は皆そうしていると言うのです。


実はその頃はまだオナニーすら体験したことがなく、クリトリスがどう気持ちよくなるのかよくわかっていなかったのですが、R美にそそのかされて私もショーツ無しでバレエタイツを穿くことになりました。

実際に穿いてみるとタイツのセンターシームは思いのほか盛り上がりが高く、それが性器の割れ目にぴったりと食い込みます。

さらにその上からレオタードが股間を圧迫するので、タイツはますます私の性器に食い込んでくるのです。


私「!!」

思いもかけない感覚に私は言葉を失いました。

それは少女の頃、鉄棒に股を押しつけてなんだか気持ちよくなった感覚と同じでした。


R美「気持ちいいんでしょ?」

R美はそんな私の微妙な変化を逃さず声を掛けてきます。


R美「これからもっと気持ちよくなるから」

レッスンが始まると、R美の言葉通りに動きのひとつひとつがタイツと性器の一体感を増幅します。

タイツのセンターシームが擦れるたびに割れ目の中がヌルヌルしてくるのがわかります。


(濡れてるんだ・・・)

初めて体験する濡れる感覚にぼーっとなっていると、二人一組になっての柔軟体操に移りました。

私の相手はR美です。

色々な体勢で柔軟をしているうちに、R美が私の股間を何度となく触りました。

最初は偶然かと思っていましたが、後半になるとあきらかに私の性器を目当てにした触り方で、先生から見えない角度ではレオタードの中にまで手を入れてきました。

数秒間の出来事でしたが、タイツの上からR美に性器を触られて、激しくヌルヌルが出てくるのがわかりました。


R美「祥子ちゃん、濡れてるよ」

R美が私の耳元で囁きます。


R美「タイツが気持ちいいんでしょ」

R美の執拗な言葉責めで私は全身がかーっと熱くなりました。

物凄く恥ずかしい、でもその一方でそんな状態の自分を曝け出すことの快感・・・。

レッスンが終わった後、R美が私のそばに来て言いました。


R美「後で二人だけでタイツレッスンしようよ」

私はR美の言葉に逆らえず、放課後に誰も居ないバレエスタジオに行きました。

おそらくさっき味わった感覚の行き着く先を知りたい欲求の方が大きかったのだと思います。


スタジオにはすでにR美がレッスン着に着替えていました。

もちろんタイツの下には何も着けていないことでしょう。

そしてそれは私も同じでした。


鍵をかけたレッスン室でどちらからともなく抱き合い、キスをしながらお互いの体を触りました。

女の子とキスすることも私には初体験だったのですが、R美は慣れていました。

後で知ったことですがR美はかなりのビアンで、私以外にも何人もの女の子と経験していたようです。


R美の愛撫は巧みで私はすっかり翻弄されてしまいました。

彼女の唇や指が私の体を這い回り、乳首をレオタードの上から触られると電気が走るような快感を覚えました。

いつしか私は息を荒くして、体をうねらせていましたが、R美はそんな私を見て・・・。


R美「少しなら声出しても大丈夫だよ。

ここ防音だから」


そう言いながら乳首を強くつねります。

快感と痛みが混じった感覚に私は前後不覚になり声を出してしまいました。

R美の片手は私の股間を触っています。

レオタードの上からでも強く指を使われると、タイツの下の性器から愛液が溢れ出してくるのがわかります。

やがてR美は私の手を取り・・・。


R美「自分で触ってごらんよ。

今の祥子、すごくエッチな状態だから」


そう言って私の性器をタイツ越しに触らせるのです。

私の性器はタイツ越しにも愛液ですごくヌルヌルになっているのがわかりました。

一瞬生理が始まったのではないかと思えるほど、液体にまみれた自分の股間が信じられないと同時に、導かれてクリトリスを触ったときの快感が私を貫きました。

タイツ越しにクリトリスを触ると、センターシームの圧迫と相まって物凄い快感を覚えます。

触れば触るほど愛液が出てきて、そのヌルヌル感が物凄くいやらしい気がして、私は頭が変になりそうでした。

R美はそんな私の変化を楽しみながら乳首や首筋を愛撫し続けています。


R美「祥子ってすごく感度がいいみたい」

R美にそう言われながら私は声を上げ続け、ついに頂点が近づいてきました。

下腹部を圧迫するような感覚、おしっこが漏れそうな感覚が高まり・・・。


私「おしっこが出そう・・・」

R美「おしっこは出ないよ。

祥子ちゃんもうすぐイクんだよ」


さらに強く愛撫を加えてきました。

タイツは私の出した愛液ですでに染みが広がっています。

膝がガクガク震え、立っていることすら難しくなってきましたが、R美に支えられ一気に私は昇りつめました。


(!!!)

頭の中が真っ白になる感覚がきた後、波のように快感が押し寄せ、私は声をあげていました。

初めてのオーガズムはR美とタイツに強く支配されながら終わりました。

その後、再びR美と相互に性器を触りながら、今度はR美だけがイキました。


R美と別れた後、家に帰った私は汚れたバレエタイツをこっそり洗濯しましたが、夜になって部屋で乾かしているタイツを見ているうちにまたあの感覚が蘇ってきて、今度は通学で穿いている黒いタイツを試してみることにしました。

いつも穿いているタイツがこのときは全然違った何かすごくエッチなものに見えてきました。


バレエの時と同じくパンティを脱いでから黒いタイツに脚を通します。

太ももまで手繰り寄せて、お尻を包み込むように上に引き上げると、タイツのマチが性器に密着してなんとも言えない快感に包まれました。

しばらくそのままの状態でじっとしていると、早くも性器の奥から液がじわっと出てくるのがわかります。

通学用のタイツはセンターシームの部分が二股に分かれてマチになっているので、シームがクリトリスに当たるということはないのですが、逆にマチの部分が性器全体に密着して、タイツを引っ張ると性器が丸見えです。


そんな自分の姿を姿見に映してみました。

下半身を真っ黒なタイツに覆われ、ヘアーと性器が薄っすら見えている自分。

あまりのいやらしさに私は頭がクラクラしてきました。


(裸よりもずっといやらしい・・・)

自分の変態性におののきながらもタイツの快感に導かれ、私は2回立て続けにオナニーをしてしまいました。


すっかりタイツオナニーの虜になった私は、毎日学校が終わると部屋に鍵をかけ、タイツを直穿きしては淫靡な行為に耽るようになってしまいました。

学校ではクラス委員をして真面目で通っている私が裏ではこんないやらしい行為に浸っている。

そのギャップに苦しみもしましたが、タイツがもたらす快感には逆らえず、私のオナニーテクニックは上達していきました。


そんなある日、R美の家で遊んでいるとき、R美が私のタイツ脚に手を伸ばしてきました。

期待に胸膨らませていた私の股間を弄りながら、R美が嬉しそうな声を上げました。


R美「祥子ちゃん、タイツの下何も穿いてないじゃん」

そうなのです。

すでに数日前からこうなることを期待して、R美と会うときはタイツの下に何も着けていなかったのです。

程よく湿った私のタイツの股間を触りながらR美は何か思いついたようでした。


R美「ねえ、もっと気持ちいいことしようか」

R美も私と同じように制服のまま、黒タイツを直穿きして脚を絡ませてきました。

導かれるままに二人の股間を密着させます。

彼女と私の性器がタイツ越しに密着した瞬間、私は新たな快感を知りました。


R美「女の子同士の方が絶対気持ちいいから」

R美のその言葉をレズ特有のものと思っていた私でしたが、実際にクリトリスとクリトリスが擦れ合うと言葉にならない快感が貫きました。

R美の部屋には大きな鏡があって、そこにセーラー服を着たまま黒いタイツ脚を絡ませ合っている私たちの姿が映っています。

R美も私も口を半開きにして、目を潤ませながら最初はゆっくり、次第に動きを早くしていきました。


私「気持ちいい・・・すごい気持ちいいよR美ちゃん」

R美「いいでしょ?すごくいいでしょ?私これが祥子としたかったの」

R美は私の片脚をしっかり掴み、ますます強く股間を押し付けてきます。

オナニーとは違った快感の波が引いては寄せ、引いては寄せして私は一気に高まっていきました。


「祥子のおまんこヌレヌレよ」とか、「祥子は淫乱女ね」などとR美はひどい言葉を私に投げてきますが、それらを聞くたびに私はますます濡れていきました。


今思えば私の被虐嗜好をR美はこの頃から見抜いていたようです。

やがて私は頂点に達してしまい我慢が出来なくなりました。


私「イッちゃう・・・イッちゃうよ・・・」

R美は恨めしそうに私を見ながら、「一緒にイッて、一緒に」と訴えますが、私の快感はもう止まりません。

その直後、一気にイッてしまいました。

R美は自分もイこうと尚も腰を振り続け、その後ほどなくイキました。


その後も何回もR美と関係を持った私は、いつしか週末を彼女と一緒に過ごすことが多くなりました。

私にとっては刺激的な体験を教えてくれる相手として、R美にとっては自分のレズ願望を満たす相手として、奇妙なバランスが取れていたようです。


その過程で私たちはその週にしたオナニーの内容や、想像したいやらしいことをノートに書いて交換することまで始めました。

R美と体験したその他の内容は以下のようなものがあります。


・タイツに小さな切れ目を入れた状態でお互いをクンニリングス
・ローターを使った相互オナニー
・バイブをタイツの下に入れてのオナニー(R美だけ)
・タイツを穿いたまま、お風呂に入って石鹸を塗りたくるプレイ

年頃の女子高生二人が男の子とのセックスではなく、こんな変態プレイに溺れていた事実は言葉にするとかなり奇異に映るかもしれません。


二人の関係は高校卒業まで続きました。

R美はなんとかして私の処女を欲しがっていましたが、異物を挿入することはさすがに抵抗があり、また実はR美に内緒で付き合い始めた男の子もいたため、それは最後までありませんでした。


大学に進学してR美と会う時間が少なくなった後も私の変態性は治らず、尚もタイツオナニーを続けていました。

男の子とも付き合い始め、普通にセックスもするようになりましたが、R美と体験したような快感はついに感じることがありませんでした。

私の性願望はその後さらに変態性を増し、破廉恥なタイツ姿を人に見られたい、タイツ直穿きで野外を徘徊したい、などに高まります。

その一部は実現したものもあり、願望に留まっているものもありますが、追ってご報告したいと思います。


長くなりましたが、私の羞恥報告にお付き合い下さいましてありがとうございます。
サンプル