0794

緊張する場所でセックスするのが好きな近親相姦の姉弟の話。

私達は仲がいいので、大学では『近親相姦姉弟』ってからかわれる。


からかっている人達も、まさか本当に私達が近親相姦してるとは思ってないんだろうな。


『近親相姦姉弟』ってからかわれ始めた頃には、まだ近親相姦してなかったしね。


初めて近親相姦したきっかけは、私が元彼にふられたことだった。

いつまでも泣いていたら弟が、「あんなやつより、俺の方がお姉ちゃんのこと好きだよ」って抱き締めてきて、そのまま近親相姦しちゃったの。


私は処女だったし、弟も童貞だったから、初めてのセックスは大変だった。


やっと終わったときには、なんか二人ともへとへとになっちゃってた。


でも、今ではスムーズにセックスできるし、とっても気持ちがいい。


私達は生活費の節約と称して、姉弟二人で住んでいるから、二人きりになったらもうラブラブなの。


近親相姦だってバレないように、人前ではイチャイチャしないようにしてるけどね。


この間、実家に帰ったときも、親や友達の前では、以前と変わらない風を装っていたけど、夜になったら、こっそりお互いの部屋に忍び込んでた。


声を出しちゃいけないっていうのが、ますます燃えるんだよね。


近親相姦してるのバレたら、絶対に引き離されるし、声も物音も立てないようにって思うと、ぞくぞくするくらい興奮しちゃう。


弟も私も、いつも以上に興奮して、結局、毎晩ヤってしまったり。


ちゃんと使用済みのコンドームは持ち帰って、捨てたけどね。


近親相姦してても、日常生活には別に困らないんだけど、近親相姦してるとは誰にも言えないから、「男を紹介してあげる」って言われるのが、とっても困る。


別にいいって言っても、親切なのかおせっかいなのか、しつこいんだよね。


友達にしてみれば、元彼が「私が(ヤツを)まだ忘れられないから一人でいるんだ」とか吹いてるのが許せないらしくて。


元彼のおかげで、近親相姦に踏み切れたんだし、ま、そのくらいのうぬぼれは許してあげてもいいんだけど。


あんまり友達がうるさいので、私は男を紹介してもらうことになった。


弟も一応、納得してくれたけど、遠隔操作のバイブをおまんこに挿入されて、「怪しい動きがあったら、スイッチ入れるからね」って脅されちゃった。


バイブをおまんこに入れているだけで、歩き方がぎこちなくなってしまう。


せめて、ローターにしてってお願いしたのに、聞いてもらえなかった。


喫茶店で男と引き合わされたけど、弟ほど格好良くないし、話も合わない。


友達は何を基準に彼がいいと思ったんだろう。


適当に相槌を打っているうちに、映画を見に行くことになった。


暗がりで男に手を握られたところで、バイブが作動する。


ぐねぐねとおまんこをバイブが責めていて、私は悲鳴をあげそうになった。


男に握られた手を引っ込めると、バイブの動きはぴたりと止まる。


男が私の肩にアタマを乗せてくると、またバイブがくねり始めた。


(なによぉ・・・私は何もしてないのに・・・)

私は慌てて、トイレに向かう。


立ち上がった途端、バイブが止まったので、なんとか外に出られた。


女子トイレの入り口で、ふくれっ面の弟が立っている。


「もうひどいよ・・・」

「ひどいのは、そっちでしょ」

近親相姦するようになってから、弟は二人きりのときは、お姉ちゃんと呼ばなくなった。


人気のない女子トイレに連れ込まれて、個室に二人で閉じこもる。


愛液でどろどろになったバイブを抜いてもらって、便器に座った弟の膝の上に乗せられる。


「あんな男が彼氏なんて、ありえないでしょ」

耳元でぼそぼそと囁いてくる弟の低音ボイスが私の背筋をぞくぞくさせて、私は弟のちんぽを挿入して欲しくなってしまう。


私の考えを見透かしたように、ごそごそとコンドームを装着したちんぽを後ろから挿れられた。


「ほうっ」とため息ともあえぎ声ともつかない声が漏れてしまう。


おまんこの中のちんぽに意識を集中したとき、友達が探しに来てしまった。


「晴香~?居ないの?もうどこ行ったのかなあ」

弟は私の口を塞いで、後ろからずんずん突き上げる。


「うっ」とか、「ひっ」とか声が漏れちゃいそうで、私は唇を噛んだ。


ようやく足音が遠ざかったと思ったら、携帯が震えた。


「邪魔」

弟が勝手にメールを送信して、電源を切った。


『紹介された男にセクハラされたから帰る』

わざわざこんなトイレでしなくても、お家でいくらでもセックスできるのに、私たち姉弟は近親相姦を緊張する所でするのが好きらしい。


弟は「はあはあ」と私の耳元に息を吐きながら、激しく腰を打ちつけてきた。


奥の方まで突かれて、すっごく気持ちいい。


(ここ、トイレなのに・・・)

そう思いながらも、気持ちよさは止められずに、私は必死であえぎ声をこらえた。


やがて、こらえきれない私のあえぎ声とセックス特有のいやらしい音をトイレに響かせながら、私達は痺れるような絶頂を迎えた。


友達には呆れられたけど、しばらくは彼氏なんていらないかな。


弟の方がずっといいんだもん。


近親相姦じゃなければ、もっとよかったんだけど・・・。


それは言っても仕方ないよね。


しっかり避妊はしつつ、今日もセックスしよっと。


近親相姦なんて、若いうちしかできないもんね。
サンプル