kimamamh0510000506
加害者の奥さんとの話です。

先月、飲酒運転の車に後ろから追突され、右腕骨折、左中指骨折。

足を18針、頭も6針縫う怪我を負って入院する事になりました。


すぐに加害者の奥さんが見舞いと、お詫びを言いに来ました。

飲酒運転で事故を起こした旦那は逮捕されて拘留中だそうです。

私の妻が実家に帰省中で、誰も身の回りの世話をする人が居ない事を奥さんに言ったら、退院するまで身の回りの世話をしてくれる事になりました。


奥さん:麗子さん(仮名)、32歳、小柄でポッチャリ。


次の日から麗子さんが来てくれるようになりました。

身体を拭いてもらっている時に尿意をもよおし、看護士さんを呼ぼうとしたら・・・。


「どうしたの?」

麗子さんが聞いてきたので、正直に話したら・・・。


「私がやります」

恥ずかしい気持ちもありましたが、かなり限界だったのでやってもらう事に。

麗子さんがカーテンを閉めて私のズボンとパンツを下ろした時・・・、ビックリした感じで下半身を見ていました。


私は我慢出来なかったので、「尿瓶を早く」って言うと、麗子さんは慌てて尿瓶の口を私のチンポにあてがいました。

気持ち良くオシッコを済ませ、「終わりました」っと言ったら、麗子さんは顔を真っ赤にして、「はっ・・・はい」と言いながら、恥ずかしそうにしながら私のパンツとズボンを履かせてくれました。


その日の夜、私は昼間の麗子さんの態度を思い出して・・・悪巧みを考えてました。


次の日、いつものように麗子さんが身の回りの世話をしに来た時、私は「尿瓶をお願いします」と言いました。

麗子さんは顔を真っ赤にして恥ずかしそうに用意してくれました。

麗子さんがズボンを下ろしてパンツを下ろそうとした時、「キャッ」っと声を上げてビックリしてました。


そうです、わざとこのために勃起させていたのです。


ちなみに私のチンポは、長さ23cm、太さが500mlのペットボトル位あります。

私はその麗子さんのビックリした顔に満足し、平静を装いながら「早くお願いします」と言いました。

麗子さんは凄く恥ずかしそうにしながら尿瓶にチンポをハメようとしますがハマりませんでした。

麗子さんは、慌てた様子で、「入らないんですけど?どうしたらいいですか?」と聞いてきました。


私はチャンスと思い!

「最近抜いてないので、年甲斐もなくスグ元気になるんですよ~。

麗子さんなんとかなりませんかね」と言いました。


すると麗子さんが、「一回出せば・・・小さくなりますか?」と聞いてきたので、「ハイ」と私は答えました。


麗子さんが「口と手でいいならしてあげます」と言ってきたのでお願いしました。


麗子さんは「こんな大きいの見たことないわ」と言いながら、両手でチンポをシゴキながら亀頭を口に咥えたり舐めたりしながら、「オシッコは出さないで下さいね」と心配しつつも頑張ってくれました。


次の日からは、麗子さんの方から「オシッコは大丈夫?」と聞いてくるようになりました。


別に尿意がなくても「お願いします」と言って抜いてもらう日が1週間ほど続きました。


そんなある日、いつものように麗子さんにチンポをシャブってもらってる時に、突然カーテンが開いて、看護婦さん見られてしまいました。

麗子さんと私は慌ててましたが、看護士さんは私の下半身を見ながら冷静に「状態はどうですか」と聞いてきました。


「・・・調子いいです」と私が答えると、「そうですか、じゃあお大事に」と言って看護婦さんはカーテンを閉めて出ていきました。


麗子さんは顔を真赤にしてその日は帰りました。

私は、恥ずかしさよりも、明日から麗子さんがチンポの世話をしてくれないんじゃないかと?心配でした。


その日の夜、誰かが病室に入ってきて私に声を掛けてきました。


「◯◯さん起きてますか?」

私の名前を呼んだのは、エッチ行為を見られたあの看護婦さんでした。


「昼間ごめんなさいね。

私もまさか・・・あんな事してるなんて思わなかったら・・・。

でもビックリしたわ、◯◯さんのアソコ凄いんだもん!仕事中もあなたのアソコが頭から離れなくて・・・もう一度見たくて来ちゃったの」


そう言うと、看護婦さんは布団を剥いで、私のズボンとパンツを脱がしてきました。


「わぁ~やっぱり凄い!私のせいで途中だったよね!」

堪らないように私のチンポを咥えてきました。


「患者さんの下の世話も看護士の仕事だから気にしないで」

後から聞いたら、両手が使えない男性のチンポを手でやってあげたりするそうです。


看護婦さんのフェラは凄く上手くて、思わず「あぁ・・・」と声を出すと、「声出したらダメ、他の患者さんに聞こえるでしょ」と言われました。


しばらく看護士さんがフェラしてくれてたんですが、いきなり看護士さんがパンティを脱いできて私の上に乗ってきて69の状態になって・・・。


「私も興奮して来たから舐めて」

両手が使えない私は、舌と口と歯でクリを攻めました。

看護婦さんは声を出さないように我慢してましたが、「うぅ・・・あっ・・・うぅ・・・」と言いながら腰をくねらせてました。


しばらく69の状態を続けていると、看護士さんが向きを変えて私にキスをしてきて、小声で「入れさせて」と言ってきたので、私は「うん」と言いました。

看護婦さんが上になり、チンポをマンコに入れました。


最初、看護婦さんは「うぅ・・・」と苦しそうにしていましたが、私のモノが半分も入ると、耳元で「凄いわ~、なんか苦しいけど~こんなの初めて~」と腰を振り始めました。


看護士さんの中は締め付けが凄くて、私には痛いくらいでしたが、看護士さんは声を出すのを堪えながら私にキスしてきたり枕に顔を埋めたりしながら、小声で「あぁ・・・凄い~いぃ・・・イキそう~あぁ・・・イク~イク~」と凄く腰を振るので、私も負けずに腰を振っていたら、我慢出来なくなり看護婦さんの中に出してしまいました。


ヤバイと思いながら看護婦さんの顔を見たら、凄く疲れた様子で目を閉じてました。


しばらくして看護婦さんが「◯◯さんが腰を振ってくるから私の方が先にイッちゃった。

中出しされたの久しぶりだけど今日は安全日だから大丈夫、気にしないで」と言われました。


その後、看護婦さんにフェラでチンポを綺麗にしてもらい、パンツとズボンを穿かせてもらい、最後に「それじゃお大事に」ともう一度キスをされて、その日は就寝しました。


次の日、麗子さんは人目を気にしながら私の病室まで来てくれました。

看護婦さんには、「昨日の事は誰にも言ってませんから、気にしないで下さいね」と言われたそうですが、その日から麗子さんはフェラしてくれなくなりました。


看護婦さんとは、退院するまで3日に1回の割合で結ばれるようになりました。

最初のうちは歩けないのでベッドの上でばかりでしたが、歩けるようになってからは夜中のトイレとか屋上でセックスしました。

退院前日には夜の屋上でお互い声を思いっきり出しながら、何時間結ばれたか分からないくらいです。

退院してからは、何もなかったように患者と看護婦の関係に戻りましたが、・・・いい思い出になりました。


ちなみに麗子さんとはその後、不倫の関係になってます。

麗子さんとフェラ以上の関係になれたのは・・・、入院中のお礼に初めて麗子さんの自宅に行った時、半分レイプみたいな感じで襲ったら、麗子さんから「病院で◯◯さんのチンポの世話してる時から・・・こうなりたかった」と逆に求められたのがきかっけです。


嫁さんが帰ってきたら終わりになるかもしれませんが、エッチの相性がいいので、できれば続けていきたいと思ってます。
サンプル