045_20140309131401d46

姉が射精訓練をしてくれた時の話をします。

姉とは俺が高校3年以来、8年間近親相姦が続いてます。


姉貴は俺の3歳上。


今は29歳。


お互いに独身。


姉は女優の杏さんみたいな顔です。

まあ美人って言えば美人。


で、看護師やってる。


俺が高校3年の6月でした。


オナニーしてる現場を姉貴に見つけられてしまったのです。


「ふーん、直之もオナニーするんだね」

姉貴に見られたのが何より恥ずかしかった。


「ねえ、ただ出すだけじゃダメでしょ。

どんだけ勢いよく出るかが問題よ。

いい?精子が子宮に届かなければ赤ちゃんできないんだからね?直之はどれだけ飛ぶのか見てみたいわ」

「姉さん。

そんなことできないって」

「いいから。

ちょっと私の前でオナニーして発射してよ。

あなたの将来に関わるんだから」

やむなく姉貴の前でチンチンを扱いてせっせとオナニーしました。


姉がミニスカート捲ってパンティ見せてきて、それ見ながらオナニー。


「姉さん・・・出そう・・」

姉貴が、少し前に新聞紙を床に敷いてました。


「じゃあ、新聞の端っこに立ってごらん。

発射の時も扱くんだよ?じゃないと飛ばないから」

その時、姉は21歳。


姉は15歳でロストバージンでしていて、18人の男を経験済。


なんせ姉はモテまくってました。


俺は・・・その時はまだ童貞でした。


だから男の射精を見るのなんか慣れっこ。


「出すよ・・・姉さん!」

新聞の上に精液が飛び散った。


終わった後、姉が定規で測ってました。


「あんまり勢い無いね?1m10cmかぁ・・・こりゃあ、訓練しないとだめね?」

「ひどい!あんまりだ!」

「違うわよ!直之、出すとき肛門締めなさいね。

括約筋が大事なんだから」

それから週に1回は姉が測りに来ました。


一人でオナニーする時も、訓練の意味で必死に鍛えました。


そのおかげなのか4ヶ月過ぎてからのこと。


「飛んだわね!最長記録よ。

1m67cm飛んだわ!!うん、これなら結婚してすぐに妊娠させられるわね」

「姉さん、ありがとう。

もっと鍛えるよ」

「うん、そうしなさい。

2m飛んだら・・いいこと教えてあげるからね」

姉が意味ありげな目をしてました。


それから2ヶ月弱。


2mを超えました!!

もちろん飛ぶときはビュッ!って凄い感じで、自分でも射精の醍醐味みたいなもんを感じました。


尿道の中を凄い圧力で飛び出していく感触がわかります。


液体が塊で拭きだす感触って言えばいいのか。


やっぱり勢いがないと快感も少ないんだなとわかりましたよ。


「やったじゃないーい!!凄いわ!2m11cmよ!」

「へへへ、飛んだよ!すげえもんだろ!」

「直之、ご褒美あげないとね」

「え?何くれるの?」

「今週末までオナニー禁止にしなさいよ。

そしたらわかるから」

(5日間我慢するんか?なんでだろ?)

その時はまったく意味が分かりませんでした。


もしかして風俗に連れて行ってくれるんか?と違った意味でワクワクした。


その週の土曜日でした。


「ねえ、直之、一緒に渋谷に買い物に付き合って~」と姉が言ってきた。


で、一緒に渋谷へ。


道玄坂の109で買い物。


なんとまあ、ブラ、ショーツを買ってました。


俺は店の外で待ってた。


「お待たせ。

さて行こうか?姉さんと遊ぼうね?」

「ゲーセン?」

「まあ、そんなもんよ」

歩いて・・・。


「げえ!これってラブホじゃんか!!」

「そ!ゲーセン。

ここで一緒にゲームしようよ」

「姉さん・・・何言ってるんだ?」

「いいから。

さっ、行くよ」

姉はさっさと中へ。


俺も慌てて中に入った。


部屋に入って。


「今日はご褒美あげるからね。

あれだけ飛べば自信持っていいわよ。

後は童貞とさよならしないとね」

「・・・?誰と?もしかして今から女呼ぶの?」

「直之、あんたバカ?なんで私がいるのに他に呼ぶのよ。

私がテストしてあげる」

「!」

言葉が出なかった。


姉はさっさと服脱いでブラ、ショーツも脱いで風呂場に行きました。


「姉さん!俺帰る!やだよこんなのぉ!」

言った途端、姉が風呂から出てきて、いきなり俺の服を脱がした。


目つきが怖くて抵抗できなくなってしまった。


スッポンポンにされて、俺の手を掴むと風呂場に引きずり込んだ。


「直之さ、いつまでも童貞はだめよ。

だから今日から大人の男になりなさい!!そうすれば彼女ができたときに慌てずにエッチできるようになるから」

「姉さんやばいって!!いくらなんでも姉弟は・・・」

「いいから。

姉さんが全部教えてあげる。

将来結婚した時に、直之にすぐ子供ができるようにね。

女性の中に精液を発射する快感を教えてあげるから」

「そんな・・・バカなこと。

絶対警察に捕まるって!!」

「ばーか。

民事に介入しないわよ、警察は。

それよりこれ洗うよ?」

姉が俺のチンポを洗い出した。


上手いし手の動かし方が絶妙。


なんとすぐに勃起!

「立ったねぇ~。

硬いねぇ~。

それに亀頭のカリもしっかりしてるしいいオチンチンだね。

あれだけ勢いよく発射できれば合格よ。

女はね、子宮に精液を勢いよくかけられた時が一番快感なんだからね。

それに・・・やられちゃった感が強くなるのよ。

この人に出されちゃったって。

あれだけ勢いよく出されたら・・・姉ちゃんでもイッちゃうかもね」

姉は言いながらせっせとゴシゴシ洗った。


シャワーで泡を洗い流した。


「よし!ピカピカに磨いたわよ。

私も綺麗にしよっと」

姉は自分のボディを洗い始めた。


眺めてしまった。


「何見てるの?洗いたい?触る?」

姉は俺の右手を掴むと股間に持って行った。


そして、手のひらにオマンコの感触が・・。


柔らけぇ・・・。


無意識にビラビラを開いたり、立て筋に沿って指を動かしたりしてた。


「直之ったら・・・感じちゃうじゃないのよ。

ん!・・・もう、後でね」

オマンコがヌルヌルしてきた。


石鹸じゃない別のもので。


そして、風呂から上がって姉に引っ張られるようにベッドイン。


もう何が何だかわからないまま、姉の体に興奮してた。


「さあ、直之。

頑張って童貞とさよならよ。

姉さんの中に入れるのよ。

わかった?」

「ああ・・・」

ゴクリと唾を飲み込んだ。


姉の上に被さっておっぱい揉んで夢中でしゃぶりついてた。


「直之のオチンチン硬くなってるじゃない。

でも入れるのはまだよ。

姉さんのアソコをしっかり濡らしてからだからね?」

俺は早くチンポ入れたかったけど我慢して、姉の股に顔を突っ込んだ。


「はあ・・はあ、あん!そう・・・そうよ。

そうやって・・・舐めるの」

姉のオマンコを見ながら舌で舐めまくった。


姉のオマンコはしっかり濡れて穴がヒクヒク動いてた。


「直之・・・ああぁ。

入れよう?オチンチン入れてみて」

俺は姉に催促されて、待ってましたって感じで姉の両足を開いた。


姉は俺のオチンチン見ながら薄っすら笑ってた。


「ここに入れるんだよ?ここが膣口だからね?」

姉はオマンコを開いて、膣口に人差し指を軽く挿入して場所を教えた。


俺はそのままチンポ握って入口に持って行って姉を見た。


「うん。

準備いい?」

「姉さんマジでいいのかよ?」

「ご褒美だって!いいの」

「ゴムつけないとやばくないか?」

「大丈夫。

ピル飲んだから。

生でやっちゃおう。

それに直之の射精力を姉さんも感じたいわ」

「姉さん変わってるよ・・・」

「いいから。

早く入れてみな?」

そのまま姉が指を抜いた膣口に先端を当てた。


ヌルッと亀頭が姉の愛液で滑った。


もう一度膣口に当てて腰を前に突き出す感じで挿入した。


「うっ!く!」

姉が小さくうめき声を出した。


そのまま奥へ奥へとチンポを突き刺して・・・ぴったり結合した。


「姉さん・・・」

「うん、入ったね?どう?どんな感じ?」

「・・・はあはあ、狭い・・・動いてる・・はあ、はあ」

俺は姉の上に乗ると、腰を動かしてピストンした。


オマンコってこんな感触なのか!

ヌルヌルで熱くて・・・ざらざらしてて、それに動いて締めてくる・・・。


姉は喘ぎながらも俺の顔を薄目で見てた。


姉の両足が俺の腰に絡みついてた。


「出すのよ!あん!・・・たくさん!噴射して・・・姉さんをイカせて」

結合して1分ぐらいか?

出したくなってきた。


「出すよ!姉さん!」

「まだ・・・待って・・・あん!あ!あ!そんな速くしたら・・・あ!あ!あ!あ!」

俺は発射したくてピストンを速くしてしまった。


出したい!出したい!

そのまま一気に絶頂になった。


ドッピュゥゥーーー!ドッピュ!ドッピュ!

「あああ~!・・・凄い!」

ものすごい圧力で精液が子宮口に吹き飛んだと思う。


姉の足がギュッと俺の腰にきつく絡んだ。


まだ射精が終わらなかった。


しっかし・・・オマンコに発射するってこんなに快感が増すもんだって初めて知った。


15秒は射精し続けてたと思う。


終わって姉の上でぐったりした。


姉が俺の頭を撫でながら言った言葉が忘れられない。


「直之、おめでとう!男になったね。

すごい射精力だったわよ!子宮に叩きつけられるような感じだったわ。

うーん・・・凄かった。

これなら安心していいわ。

男として自信持ってね」

「ああ・・・サンキュー。

中出してごめん」

「いいんだって。

今までの男の中で一番の射精力だったわよ。

ねえ、まだできそう?」

「え?・・できるけどぉ、いいのかよ?」

「あと3回やろっか?出せる?ってか強く発射できそうかな?」

「やってみなきゃわからねぇよぉ」

「じゃあ・・・頑張ってみよっか?ふふふ・・・大きくなってきたじゃない。

直之のオチンチン」

「なはは・・・我慢してたからね」

そして、そのまま3回姉の中に大量に噴射しました。


2回目の噴射の時は姉もイクことが出来ました。


姉のイキ顔見ながら子宮に精液を叩きつけるように噴射しました。


その後も姉に射精テストを受けさせられた。


そうこうしているうちにチンポも成長して、長さが15.3cmまで大きくなった。


姉の子宮口まで楽に届きます。


ぴったり子宮口に亀頭を押し付けて大量噴射をしたりしてました。


姉が言うには・・・。


「直之の精液が子宮の中に入っちゃってるわ。

噴射するとお腹が熱くなるんだもん。

凄いわね!毎回姉さんもイカされちゃうんだから体がもたないわよ」

姉と俺は実家を出て同居してます。


だって、それならほぼ毎日射精訓練できるから。


そして大事件を起こしてしまった。


今年の10月に姉が妊娠してしまったのです。


ピル飲んでたのに・・・。


間違いなく俺の子供。


なぜなら姉は俺としかセックスしてませんでしたから。


カレシも作ってませんでした。


姉は黙ってた。


夜、姉を抱こうとした時に断られた。


生理?と思いましたが。


その時、初めて告白されました。


「直之・・・ごめんね。

直之の子供・・できちゃったの。

今、妊娠2ヶ月だって。

直之には責任ないからね。

でもこの子・・殺すわけにはいかないわね」

俺は姉に土下座して謝った。


さすがにこの時はショックだった。


「いいんだって。

これであなたが妊娠させることができるって証明になったわね。

私、生児として産むわ」

俺は・・・別の女と付き合う気になりません。


姉とこのままでもいいかな?とも思ってます。


子供ができて姉のことを姉ではなく妻のような目で見ています。


元々は近親相姦なんてあるわけないと思ってましたが、現実的に自分が当事者になって思うことは、たまたま相手が姉だったということ。


女であることには違いがないわけで、まして美人であれば恋愛に発展する場合もある。


誰にでも起こり得るかもしれないと思います。


お腹の子供が無事生まれたら、3人で仲良く暮らそうかと考えてます。
サンプル