gaijineroeroe425000147
仕事仲間と…。

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。

毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。

今年は、私の番だったんです。

私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳。

仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に、34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)、私の計5人です。

みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。


恒例の新年会もちょっと変わっていました。

それぞれ、持ち回りも意味があったんです。

それは場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ・・・まぁコンパニオン代わりみたいな感じです。

だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。


元々は7年前に徹が入社して仲良し組の歓迎会という事で始まったんですが、5年くらい前にみんな結婚すると、先輩の伸二さんが「俺の家でやろう」と言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まりでした。


もちろん全員エッチ大好き!
妻が他人に・・・なんてシチュエーションも好きでした。

そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。


私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。

普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には時間はかかりませんでした。


妻「変な飲み会ね?」

私「すまないな!まぁ男だけだから、花も必要なんだよ!」

妻「私でいいの?もっと若い子の方が良いんじゃない?」

私「何言ってるんだい!お前まだまだイケるぞ!!!」

妻「あら!嬉しい事言ってくれますね!じゃサービスしちゃおーかな?」

私「頼むよ!その日は無礼講で・・・」

妻「見られても知らないわよ?後悔しないでよ」

満更でも無い感じだった。


私「服装どうする?」

妻「ん~ビックリする格好ならいいんでしょ!」

私「ミニスカートがいいんだけどなぁ」

妻「まぁ任せて、面白いのあるから・・・」

結局、妻に任せる事にした。


新年会当日の金曜日、我々は仕事場から銭湯に向かい風呂で体を洗ってから自宅へ向かった。

私は、妻の格好も分からない為、ちょっと心配でもあった。


(普通にパンツ姿だったらみんな怒るかな?)

自宅近くの駐車場に車を止め、みんなで歩いて家に向かった。

(車を止めるスペースが1台分しかない為)

ピーンポーン♪♪♪

「は~い」

妻の声が聞こえた。

ドアを開けると、妻は玄関口に跪いていた。

みんな唖然とした。

妻は赤のチャイナドレス姿だった。

しかも丈が短い。

サイドにはスリットがガッチリ入っているので、際どい所まで見えていた。


妻「お帰りなさい!どうぞ中へ」

私「あ、さぁ中へどうぞ!!!」

伸二「お邪魔しますね。

奥さん」


みんなジロジロ見ていた。


妻「どう!ビックリした?」

耳元で囁いた。


私「その服どうしたんだ?」

妻「前に友人が旅行のお土産で買って来たのよ!忘れた?」

私「そうだっけ?でも凄いな!驚いたよ。

子供大丈夫?」


妻「今日、実家に預けたから大丈夫!」

私達は、リビングへ向かった。


私「妻の志穂です。

みんな初めてだったよね」


妻「志穂です。

今日は大した料理ではありませんが、ゆっくりして行って下さい」


伸二「こちらこそ、お邪魔してすいません。

いつも旦那さんにはお世話になってるんですよ」


まぁお世辞だけど少し話をして場が和んだ頃、妻が食事を運び始めた。

私も手伝い準備完了!

伸二「じゃ!始めますか!今日の幹事よろしく」

私「では、新年会始めましょう!お疲れ様です。

乾杯~」


妻「さぁドンドン飲んで食べてくださいね」

私「お前も、食べたら」

武「さぁ奥さんも飲みましょう!」

妻「あっ、すいません」

妻もグイグイ飲み始めた。

新年会が始まって1時間位経った頃には、だいぶみんな酔っていた。

もちろん会話も下ネタに進み、盛り上がりも絶好調!

伸二「今日の奥さんの格好は最高ですね」

妻「もっと若い子が良いんでしょ」

武「いや~、うちのカミさんより数倍綺麗ですよ」

徹「いくつなんですか?」

妻「30になります」

徹「同い年ですね」

会話は妻中心だった。


ふと妻を見ると、足元が開きパンティが見えていた。


(勝負下着!)

白のTバックで透け透けだった。

後輩の人也も気づいていたらしく、目線はずっと妻のパンチラだった。

サイドのスリットもイヤらしく、生足全てが曝け出されていた。

チャイナドレスは体に密着するため、胸のサイズも分かる位だった。

胸元も開き、谷間が見えていた。

妻もすっかり酔っていて、自分の乱れ姿を気にする事はなかった。

それどころか、みんなにチヤホヤされ上機嫌だった。

こんな妻を見るのも初めてだった。


先輩は、容赦なく「本当綺麗ですね」って足を撫でたり、肩を組んだりと欲求モロ出し状態だった。

私は若干の怒りはあったが、それ以上に今まで味わった事のない興奮を覚えた。

まぁ毎年先輩・後輩の妻の乱れ姿を見て来たので、何も言えないが・・・。


2時間位経ったでしょうか、みんな完全に酔っ払っていた。


伸二「恒例の野球拳!!!」

大声で言いだした。


人也「そんな恒例ありましたっけ?」

武「あったよ!!!」

人也の頭を叩いた。


妻「え~」

伸二「奥さんと戦いた~い。

恒例ですよ」


妻「私、不利!!!」

武「じゃ、奥さん勝ったら好きな物みんなで買いますわ」

妻「何でもいいの?」

武「まぁ1万位なら」

妻「1万!!!あなたどう?」

私「いいんじゃない?もうここまで盛り上がったら仕方ないでしょ!」

結局、『妻vs伸二』が始まった。


「じゃんけんポ~ン」

妻が勝った。


2回目、3回目と妻が勝ち、伸二は、パンツとTシャツ姿となっていた。


「じゃんけんポ~ン」

今度は妻が負けた。

よく考えれば、妻はチャイナドレス一度負ければ下着姿なのだ!

徹「お~、凄ぇ~」

武「奥さん厭らしい下着だね!下毛が透けてるよ」

妻は下を隠した。


伸二「さぁさぁ次、次」

「じゃんけんポ~ン」

また妻が負けた。

ブラを外すとCカップの胸が飛び出した。


伸二「さぁさぁ次、次」

もう先輩は歯止めが利かなくなっていた。


「じゃんけんポ~ン」

妻が勝った。

両者パンツ1枚の勝負だった。


伸二「さぁさぁ次、次」

「じゃんけんポ~ン」

妻が負けた。


伸二「やった~!!!」

武「さぁ奥さん脱いで・・・」

徹「脱げ!脱げ!脱げ!」

妻が諦め、パンティを下げた。

毛を隠しながら私を見ていた。

伸二が妻の手を一気に引っ張った。


伸二「さぁお酌ですよ。

奥さん」


全裸のまま妻はお酌をさせられ、武さんも妻の体に頬を擦り付けた。


武「今年は最高です!」

私は股間ギンギン、胸ドキドキとなって見ていた。


伸二「今日は無礼講」

そう言って妻の胸を揉み始めた。


妻「ちょっと、ダメですよ!旦那いるんですけど・・・」

必死に抵抗していたが、酔いと気持ち良さに力は直ぐに抜けていた。

先輩方は、妻のマンコにてを伸ばし、指を入れていた。

後輩も負けずと胸を揉み、舐めていた。


妻は気持ち良さのあまり「あ~ん」と声を出していた。


特に武さんは、指使いも上手く妻は逝ってしまった。

その事に気づくと、武さんが一気に妻を逆さまにしてマンコに更に指攻撃をした。

妻が「ダメ、ダメ・・」と口をつぐんだ瞬間、大量の潮を噴き上げた。


私「もう、この辺でいいでしょ」

武さんの手を抑えた。


伸二「あ~、すまんすまん」

頭を下げてきた。

妻はぐったりその場に横になった。

武さんも、「すまん!!!」と言い、その場の掃除を始めた。


全裸の妻をソファに寝せ、みんなで片付けをした。

私が布団の用意をしに後輩の徹と人也を連れ、客間に向かった。

布団の用意を済ませリビングへ戻ると、伸二さんはチンポを妻の口に入れ、武さんがマンコに挿入していた。


私「ちょっと!それはないでしょう!」

伸二「もう我慢出来なかった!」

武「俺の奥さんともヤラせるから・・・いいだろ!頼む」

私は渋々了承した。


結局、後輩にも妻のマンコを借用し、我々5人は穴兄弟となった。

妻のマンコからは大量の精液が垂れていた。


翌朝、妻は早朝に起き朝食の準備をしていた。

私も、目が覚めリビングへ行くとみんなはまだ寝ていた。

妻を見ると、短めのワンピース(前チャック式)だった。

私は、「おはよう」と言い、妻のお尻にタッチした。


(んっ?)

私はスカートを捲り上げるとノーパン姿だった。


私「どうした?」

妻「好きなんでしょ、こう言うの?だから、今日はサービス」

私「昨日の事覚えてる?」

妻「途中まで、野球拳して負けたまでは・・・何となく?ごめんね、みんなに見られちゃって」

私「俺が悪いんだよ」

妻「まぁ、今日だけ特別!みんな起こしてくるね」

(妻はM好きなんだろうか?)

妻は客間に向かった。

俺も後を追いかけた。


妻「おはようございます。

朝食出来ました。

起きてください」


そう言ってカーテンを開けた。


先輩2人が目を覚ました。

上を見上げ、目が固まった。

もちろん先輩の位置からは妻のスカートの中が丸見えだったでしょう。

ノーパンですからマンコ丸見えです。


後輩達も起きると、同じ表情だった。

朝食をみんなで食べていたが、みんな妻をジロジロ見るだけで、話は無かった。

会社では、みんなに色々言われた。


「今年は最高だった!!!」と。


そして、来年は後輩の人也宅に決まっている。


エスカレートした新年会!
今度は私が楽しむ番です。


妻は、その後、特に変わった様子も無く夫婦生活を送っている。

妻は本当に記憶がなくなったのか?

不安だが、聞く事も出来ない。

サンプル