gaijineroeroe425000061
トイレの上から紙が落ちてきて…。

私は中学三年生になったころ、放課後に先生に宿題を出しに行って教室に帰ると誰も居なくなっていました。


そこで私は前から思っていたことを実行しようと思いました。

私はトイレでパンツを脱ぎ、教室で男子の机に私のマンコを擦りつけました。

するとマンコからたくさんの愛液が出てきて、男子の机は私の愛液でびちょびちょになりました。

私は前からこのような事を、誰かに見られるかも知れないところでやってみたかったのです。


幸い誰も来ず、私はパンツをかばんに入れたままノーパンで帰りました。


帰り道はスカートをいつもより短くし、少ししゃがめば私のマンコが見えるくらいに短くしていました。

誰かに見られるかもって思っただけで大量の愛液が溢れ出して、歩くたびにクチョクチョという音が聞こえてきました。

私は我慢出来なくなり、近くにあるコンビニのトイレに駆け込みました。


私はそこで誰かが入ってくるかもしれないというのを忘れて、無我夢中でマンコを触り続けました。

そして私は、すぐにいってしまいました。

しばらくトイレでいて少し落ち着いてきたら、私はまた家に帰り始めました。

家についた頃には私のマンコは愛液でとろとろになっていました。


次の日から、私は毎日ノーパンで学校に行くことにしました。

最初の頃は誰かに見られるかもって思って、勉強も手につきませんでした。

しかし毎日ノーパンで行っているとだんだん慣れてきました。

そして私は部活は新体操部に入っているのですが、新体操部では練習の時、レオタードを毎日着ています。

その時もノーパンで、時にはレオタードから陰毛がはみ出ていたり染みを作ってしまったりしてました。


6月になると運動会があり、その時も私はノーパンに体操服でした。

しかもその時はブラジャーも外していました。

夏なので暑くて汗が出てくると、私の乳首は周りから見ても分かるくらい透けていました。

私はクラスの中では足が速いほうなので代表リレーに出ていました。

私が走っていると、リレーを見ている男子の目が私の胸を見ているのが分かり、とても感じてしまいました。


リレーが終わると私はすぐにトイレに行きました。

その時、トイレには人が来ておらず、私は男子トイレの便器に入りました。

そこで私はオナニーをしてしまいました。

私は感じて、少しですが声を出してしまいました。


その時、私が入っているトイレの外から少しですが音がしました。


するとトイレの上から紙が落ちてきました。


その紙には『もし今の事をみんなにばらされたくなかったら、帰りに放課後教室の近くの男子トイレに来い』って書いてありました。

私はそれを見た途端、血の気が引いていったのが分かりました。


運動会が終わり、みんなは教室に帰らずに、そのまますぐに帰りましたが、私はこっそり教室の近くにある男子トイレに行きました。


するとそこには紙があり、『今日、このアドレスにメールして来い』と書いてありました。


私が家に帰りメールをすると、明日の朝、私の帰り道にある神社のトイレに来いとの事でした。

さらにそのメールには、『ノーブラ、ノーパンで白のTシャツに白の股下10センチ以内のスカートで来い』ということでした。

その人は名前を教えてくれませんでした。


次の日の朝、私は言われた通りの格好で行きました。


トイレに着くとメールが来て、『便器のところにある目隠しをしろ』と言われました。


私が目隠しをすると、誰かが歩いてくる音が聞こえました。

その人はトイレに入り、鍵を閉めました。


「もし昨日の事を言われたくなかったら、今日から俺の奴隷になれ」と言われました。


私はなぜか、嫌なはずなのに、それを受け入れてしまいました。


その後、私はあそこの写真を撮られたりした後、目隠しを取られました。


その人は同じクラスの人でした。

しかし私はあまり驚きませんでした。

誰でもよかったからです。


それからは学校にノーパンノーブラで行くなどの命令をさせられました。

夏休みは毎日犯され、そして満員電車にこの前トイレに行ったような格好で乗らされ、知らない人に痴漢をさせられるなどしました。


もう少しで中学も終わりますが、私は一生この人の奴隷です。
サンプル