gaijineroeroe425000098
私のお宝写真の話。

当時、私は中学校の教師をしていた。

学校での位置づけは“地味な冴えない教師”というところ。

誰から見ても目立たない普通のサラリーマン教師を演じていたが、私には秘密の性癖があった。

一言で言えば、私は“少女に興奮を覚える性癖”があった。


担当科目は古典で、受け持ちクラスを持つ担任教師、学年主任をしたこともある。

そんな私が顧問をしている部活は女子水泳部だった。


他の学校は男女合わせて一部というのが普通だが、うちの学校は生徒数が比較的多かったので一つの部活動を男女に分けてある部活も多かった。

部員数30人ほどの我が女子水泳部、可愛い子ばかりという訳にはいかなかったが、それなりに粒が揃ったバラエティに富んだ部員が多かった。

何よりも少女特有の無防備さ全開という雰囲気が特別な性癖を持つ私には堪らなかった。


当時、各中学校では自前のプールを持っているところはまだ少なかった。

うちの学校にも専用のプールなどは無かったので、部活動には近所の市営プールを使っていた。


放課後、車で先に学校を出た私が市営プールの前で待っていると、学校指定の運動服を着た部員たちが自転車に乗ってやってくる。

ほとんどの子がセミロングかショートカット、部活で日に焼けた肌は真っ黒だった。

真っ白い歯を見せながら私に挨拶をして更衣室に向かう、運動服越しに透けて見える背中のブラ線がいやらしい。


私がプールサイドでビート板やパドルといった水泳用具を用意していると部長のセキグチを先頭に部員がゾロゾロやってくる。

すでに全員が部活指定の紺色の競泳水着に着替えていた。


痩せ型やぽっちゃり型、身長の大小や髪型の違い、それぞれに違った魅力がある未成熟な体が薄い水着一枚で私の前に整列した。

参加部員の点呼をとりながら、何気ないフリでそれぞれの体を眺めた。


一年生部員はさすがに去年まで小学生だったという感じ。

ほとんどの子は乳房やお尻も小さな幼い体をしていた。

二、三年くらいになると体つきにもボリュームが出てくる。

胸元にもほんのりと谷間らしきものも出来ていた。


水着用胸パットを入れていない子も多かったので、水着越しでも乳首の位置が丸わかりだった。

真ん丸な子供乳房の中心にポッコリ浮かび上がった乳首丘を見るたびに、自分の股間が充血していくのがわかった。


点呼が終ると二人一組になって準備体操をさせた。

細っこい少女たちの体が手足を絡ませながら重なり合う光景はとてもエロチックだった。

普段は他人に見られる機会もない脇の下などには、薄っすらと未処理の腋毛が生えているのが見える。

体操が終ると各自が上級生の指示でプールに入る。

ここで一度私はプールサイドから離れた。


担当教科のテスト採点や担任業務を進めるために、更衣室の隅に置いてある作業机に向かう。

部活で遅れがちな学校業務を進めるというのは勿論建て前。

更衣室に脱ぎっぱなしにしてある少女たちの下着が目当てだった。


生理などで体調が悪い生徒がいるとき以外は、部活終了までずっと無人の更衣室。

防犯のためにかけてある鍵を外して中に入る。

ブロック剥き出しの古びた更衣室の棚には、少女たちが脱いだ体操服とスポーツバッグが雑然と置かれていた。


鍵を内側からかけ直し深呼吸する。

プール特有の塩素臭と、少女特有の酸っぱいような体臭が入り混じった匂いが私を興奮させた。

持っていたブリーフケースを作業机に置くと、私は素早く行動に移った。


部員同士の中では着替える場所が決まっているらしく、いつも同じ場所に同じ生徒の荷物が置いてあった。

私はいつも更衣室入り口側の棚から順に、少女たちの生下着を楽しんでいった。

脱衣棚の前に行き体操着の名札で持ち主を確認。

大抵の場合ブラジャーは二つ折りでシャツの中、パンツはブルマーと一緒に脱いだままになっていた。


未成熟な一年生はキャミソールやスポーツブラを着けていることも多かった。

パンツも大きめで子供らしいイラストが書いてある。

私は素早く自分の陰茎をズボンから出し、少女のパンツを巻きつけた。

汚れた股当て部と亀頭が合わさるように擦る。

スポブラやキャミも顔に押し当てて匂いを嗅いだ。


精子や先走り汁が下着につかないように注意しながら次々と棚を移動して行く。

下着を元に戻すときは、“最初の状態を忠実に再現する”ことに神経を使った。

人数が多いので、気に入った少女以外は短時間で済ませるようにした。


棚が進むと段々と上級生の着替えが増えてくる。

下着のサイズ表記も今までは適応身長が書いてあるだけの物が多かったのに、A65やB70などとシッカリとサイズが書かれている物が目立つようになる。

デザインも少し大人っぽくなり、レースやリボンがついたりピンクや水色などの色付きの物も増えた。

中にはフロントホックの物もあった。


パンツも小さめの物が増え、“パンツ”というよりも“パンティ”といった感じの大人っぽい雰囲気の物が多くなる。


ワイヤー付きになった上級生ブラの下乳部分は擦れて黄ばんでいることが多かった。

舌先でブラの中心部を舐める。

持ち主である女生徒の生乳首が少し前までココに触れていたのだと想像すると堪らなく興奮した。


パンティもしっかり陰茎に巻きつけた。

下級生の下着にはないレースやリボンの感触がいやらしい。

小さめのパンティはアソコにピッタリと張り付くらしく、割れ目のスジに沿ってクッキリとシワが出来て、白いカスのような汚れがついていた。


こうやって毎回、5~10人分の下着を漁っては楽しんでいた。

射精が我慢できなくなると、隠し持っていたプラスチックの小型ボトルの中に発射した。

普段はしっかりと栓をして持ち帰るのだが、時々は少女たちの下着に自分の精子を塗り込んだりもした。

指先ですくい上げた自分の精子はネバネバと糸を引いた。

それをブラやパンティに塗ることによって、間接的に彼女たちを犯しているような気分になっていた。


こんなことをしているとすぐに一時間くらい経ってしまう。

もう一度、更衣室の中をチェックして、隠れた淫行の痕跡がないことを確認してからプールサイドに戻る。


少女たちは何も知らずにプールの中で懸命に泳いでいた。

少しの間、少女たちが泳ぐのを見た後に、個人個人を呼んで細やかに泳ぎ方のアドバイスをした。

水で濡れてピッタリと貼りついた競泳水着を着た少女たちを楽しみながら、文字通り手取り足取りの指導。

特にお気に入りだった子たちを指導するときにはタップリと時間をかけた。


三年生で部長のセキグチは日焼けした体にショートカットが似合う大柄な体格をした生徒だった。

ムッチリと程よく脂がのった体型で胸も尻も大きく発育していた。

谷間が出来るくらいの大きさがあるBカップの乳房は形も良く、小粒な乳首が水着に押しつけられているのが透けて見えた。


飛び込みのポーズをとらせると、ムッチリと尻に食い込んだ水着からチョロチョロと陰毛がハミ出していることもあった。

いつもシンプルな白い下着を着けていたセキグチ、大きなブラは部内でも1、2番の大きいサイズ。

カップの内側には抜け落ちたらしい乳毛がついていることが多く、それを見つけるたびに私は手帳に挟んで大切に持ち帰った。

パンティにもよく陰毛が貼りついていて、しっかりと発育してきている彼女の秘部を想像させた。


セキグチと仲の良い同級生のコバシは小柄な女の子。

少しお腹がポッコリと出たような幼児体型の地味な感じの生徒だった。

そんなコバシはとにかく乳首が大きい。

けっして大きくはない乳房の上に、クッキリと影が出来るのがわかるくらいの大粒な乳首がついていた。

少し肌寒い日などは勃起した乳首が一層かたく尖っているのがわかる。


仰向けに寝かせて腕のストロークを練習させているときなどは、体の動きに合わせて水着の中で乳首がグニュグニュと動いているのがわかった。

英語で『ラブリーエンジェル』や『ピーチクラブ』などと書かれたイラスト入りの子供っぽいブラをしていることが多かった。


私はコバシの大粒サクランボのような勃起乳首を想像しながら、ブラの内側を何度も舐め回した。

汗の黄ばみが残るブラジャーは塩辛く、その味が乳首から染み出した汗だと想像すると一層興奮した。


同じく三年生のマルヤマはガリガリの痩せっぽち女子。

セミロングで小顔の長身美少女だったが、体格は一年生よりも貧相なものだった。

なぜか人一倍自意識過剰で、一年の時から毎回きちんと水着の下に胸パットを入れて透け乳首を隠していた。

よく水着の脇からベージュ色の胸パットがハミ出していた。

気がつくと何気ないフリをして素早くパットを直す仕草が可愛らしい。


そんなマルヤマも時々は忘れ物をするらしく、パットを着けずに泳ぐ日もあった。

ガリガリの胸板の上にはの乳輪らしいなだらかな膨らみが見えるだけ。

乳首らしいポコッとした膨らみは全く見えなかった。


貧乳で陥没乳首・・・。

私はマルヤマの体をそんな風に想像するようになっていた。

年上の姉妹がいるせいか、彼女はいつも大人っぽい下着を着けていることが多かった。

花柄の刺繍やレースがついているものが多く、パンティと上下お揃いになっていた。

生意気にもブラの内側にはレモン型の上底パットがついていたりもした。

私はソレにコッソリとと唾液と精子を塗りこんでやった。


一年生のミヤジマは本当にキレイなスタイルをした子だった。

中肉中背でほんのり小麦色をした肌の色、黒目がちの大きな目にショートカットが本当に良く似合う。

膨らみ始めた胸の先端についた乳首のポッチやヘソのくぼみ、縦スジがクッキリとわかる秘部の食い込みが水着越しでもよく見えた。

キック練習の時は一緒にプールの中に入って体を支えてやった。

下半身の練習なので必然と上半身を支えることになる。

私の手のひらに少女特有の青い果実のような小さな乳房がスッポリと収まった。

練習に一生懸命で気がつかないミヤジマ。

私の手は乳房や腹をそっと撫で、目は左右に揺れる柔らかそうな尻肉をじっと見ていた。


着てくる下着も可愛らしいものが多く、私はミヤジマの親のセンスの良さに感激した。

白地に薄いブルーやグリーンのレースが少しついた上下揃いの下着、ワイヤーなしの柔らかい素材のブラが、小振りな胸の彼女によく似合っていた。

時々、ブラのカップの中に剥がれてクシャクシャになった絆創膏を見つけた。

最初は何故こんなものが入っているのか判らなかったが、それは発育途中の胸がブラに擦れないように、ニップレス代わりに貼っている物のようだった。

何人もの女生徒を見てきたが、こんなことをしている子はミヤジマ以外にはいなかった。

敏感な幼い乳首に貼りついていた絆創膏・・・ほとんど粘着力もなくなったソレで自分の乳首や亀頭を擦った。

パンティの股当て部も口に含んで舐めた。

オシッコやウンコの痕がついている時もあったが全然気にはならなかった。


夏の大会が終ると受験のために部活に来る三年生が減ってしまう。

私は「中学生時代の記念写真」と言って、部活動中の彼女たちを趣味の一眼レフで撮りまくった。

最初は緊張していた部員たちも、毎日のようにプールサイドでカメラを向けられ段々と自然なポーズをするようになっていった。


現在のデジカメと違い、フィルムカメラは現像するまではどんな写真が撮られているか確認できない。

私は“自然な部活風景”を撮るフリをしながら、部員たちの胸や股間のアップ写真ばかりを望遠レンズを使って撮影した。

同時に更衣室の中にある彼女たちの下着も余さず撮影。


自宅で現像した写真はどれも、投稿雑誌で見るような荒い画質の粗悪品とは比べ物にならないくらいの鮮明さで写っていた。

濡れたうなじに光る産毛。

日焼けした胸元のホクロ。

ツンと水着を押し上げた乳首の膨らみ。

股間のタテスジから水滴が滴る様子。

はち切れそうに水着に食い込んだ尻肉・・・。


それらを彼女たちの顔写真や下着写真と合わせて見る。

同居している家族に隠れるようにして何度も自慰をした。


卒業式が近くなると、当たり障りのない写真ばかりを選んで卒業する子たちに渡してやった。

こうして、私が女子水泳部顧問をしている数年間で数多くの『お宝写真』が集まった。

数年後には女子水泳部顧問は女体育教師が勤めることになり、私は文化部の顧問へと移動になった。


その後も卒業した女子水泳部員たちは時々中学へ遊びに来た。

高校の制服を着た彼女たちを見るたびに、その下に隠された乳房や尻肉を思い出して密かに興奮した。


私の淫靡な秘密の思い出だ。

サンプル