gaijineroeroe425000014
ナンパした人妻の話、

昨日と今日あったおいしい出来事。


その前に俺のスペック。

22歳、内定なしの学生。

顔:それなり。

身長:180cmちょい。

趣味:ゲーム・漫画の典型的なオタク。


友達と飯の後、某ボーリング場のゲーセンでブラブラしていたら、ものすごい爆乳を発見。

栗色のショートボブで身長は160cm無いくらい、白のカーディガンに黒いシャツ。

胸がこれでもかというくらい盛り上がっていて、ゆっさゆっさ揺れてた。


男2人と楽しそうにリズムゲーをやっている爆乳に目が釘付けになり、友達をレースゲームゾーンに置いてそのグループを遠くから見てた。

てかムラムラのスイッチ入った。

タイミングよくその爆乳が一人トイレ方向へ。

後を追って近くの自販のベンチで待機。

トイレから戻った爆乳が都合よく近くの自販でジュースを買っていたので、思い切って声を掛けてみた。

今思うとナンパとかは初めてだったし、挙動もおかしくて、かなりの不審者だったと思う。


以下うちらの会話(※読み飛ばし可)。


俺「すみません、今お一人ですか?」

爆乳「あ、え?違います」

俺「そうでしたか、あの、すごく綺麗だなって思って声かけちゃったんですけど」

爆乳「え、え、ありがとうございます」

俺「ほんとに急ですごく失礼かと思うんですが、メル友からでいいんで友達になっていただけませんか?」

爆乳「え?え??私、結婚してますっ」(さっきのは旦那さんと親戚かな?)

俺「あ・・それでも全く構わないですっ」

爆乳「え~困りますよぉ、え~」

俺「メル友からなんでお願いしますっ」

爆乳「え~、どうしよう、本気ですかぁ?」

俺「はい、もうお願いしますっ。

しつこいことはしないんでっ」(もう会話になってない感じが痛い)


爆乳「え~」

俺「じゃあ、あのっ、自分のアドと番号だけ送るので、もし気が向いたら連絡くださいっ」(ここらへんでひよった)

爆乳「・・・え~、ほんとにぃ?」

俺「はい、絶対迷惑なこととかは一切しないんでっ」

てな感じで、なし崩し的にメアド送った。

それからお礼言ってすぐその場を離れたんだけど、今思えばかなり会話の内容はおかしかった。


解散後の帰り道、つっても深夜2時ぐらいにメール着信。

相手のアドは見たことない。

正直ここのドキドキが半端じゃなかった。

絶対ものにしようと思った。


メールの中身は『今日、急に声を掛けられてびっくりした』みたいな内容。

相手はもちろん爆乳。

速攻で謝りのメールと自己紹介的なやつ、あと『綺麗でつい・・・』みたいなメールを返す。


相手も名前を教えてくれた。

名前は『マイ』としとく。

パート勤務で歳は30歳、『おばさんだよ~』みたいなノリでわりと手応えあり。


メールはどんどん進んで、『旦那さんの帰りが遅い』とか『住んでる場所が駅2つしか離れてない』とか『鶏肉が好き』とか、まあ色々聞いた。


ほんでさらに話が進んで、翌日の夕方に、俺と友達がよく行く焼き鳥専門の飲屋に行くことになった。


翌日、つまり今日の夕方、最寄りの駅でマイと待ち合わせ。

遠くから改札を抜けるマイを見つけた時はびびった。

何がって、格好がやばい。

カットソーの黒シャツに白のハーフパンツだったんだけど、胸元ざっくり過ぎておっぱい好きなら視線が絶対集まる感じ。

駅に向かうおっさんとかめちゃくちゃマイの胸見てたし、ほんとエロすぎてやばかった。


なんとか挨拶して軽く話してから焼き鳥屋へ。

旦那のオカズ買うついでってことで、マイと飲み。

若鶏とねぎまとつくね食いまくり。

マイはレバーが気に入ったようで、酒はそこまでお互い手をつけずに焼き鳥にバクついてた。


正直いい感じに打ち解けてたから、つい胸のこと聞いちゃったんだよね。

そうしたら“Iカップ”だそうな・・・。


普通を装ってたけど股間はかなり硬くなってた。


「肩こる」とか「重い」とか言ってたから、ふざけて「肩揉みますよ~」だの「下から持ち上げてもいいですか?」とか、セクハラ発言したらなぜかOK。


たださすがに焼き鳥屋じゃできないってことで、店を出て近くの公園へ。

別に公園でやるつもりはなかったんだけど、時間空けて心変わりされるのが怖かったんで近くの公園にっていう。


公園のベンチでマイの肩揉みつつ谷間凝視。

ほんとやばい。

谷間深すぎ。


気持ちよくなってたみたいだし、少しの酒も入ってたから調子に乗って下から爆乳を持ち上げてみるとかなり重い。

けど柔らかすぎないっていうか、張りと弾力のあるムチムチなおっぱいなのがわかった。


持ち上げるだけじゃ満足できなくて揉んでみると、マイは「ちょっ・・え~」とか言うものの拒否はなし。


爆乳揉みながら、俺の頭はもうハメることしか考えてない。

ここで、飲み直す為に俺の家行こう、みたいなプランも考えたけど、あまりのやりたさに負けて素直に言ってみた。


俺「マイさんとヤりたいんだけど」

マイ「え~、やばいよぉ、それは」

でも嫌そうではない。


「いや、もう我慢できないんだけど」って言いつつ、股間押し当てながら爆乳を揉む強さ上げたら黙った。


そのあと「え~、うん」みたいな返事がきて、焼き鳥屋とは反対口にあるラブホに直行。


ラブホに入った後はもうやばかった。

部屋に入ってすぐ後ろから爆乳揉みまくりながら、立ったままハーフパンツ脱がした。

したら赤のTバック。

なんかこの人、優柔不断っぽいのに着てるものとか体はいちいちエロくてたまらなかった。

服も脱がせてブラも外して生爆乳を鷲掴み。

後ろから股間擦りつけながら揉みまくったらマイも感じてる模様。


向かい合ってからIカップ爆乳にむしゃぶりついてさらに興奮。

我慢できなくなってズボン脱いでパイズリさせた。

このパイズリがめちゃくちゃ上手いの。


「おっきぃね~」とか言われつつ、チンコしゃぶりながらすごいパイ圧で締め付けて、ものの3分ぐらいでイキそうになった。


正直挿れたくなって、マイの下着を確認したら結構濡れてる。

理由聞いたら、「おっぱい責められるとすぐ濡れちゃう」そうなw

人妻であることとか妊娠の心配もあったけど、この時は思考停止で生で挿入。

正常位の状態でガン突き。

ペース配分とか考えてなかった。


マイも「すごいっすごいっ」とか「おっきぃ、全然違うっ」みたいなこと叫んでた。


膣もぬるぬるで締めつけも良い。


マイが「あ~やばいかもっ、やばいっ」みたいなこと言い出して、何かと思って突きまくってたら、「出るっっ出るっっ」って挿入されたまんま潮吹き。


こんなんされて興奮しないやつはいないわけで、しかもおっぱいの揺れがエロすぎるもんだから我慢も限界。

潮吹きとは別にマイを1回イカせてからMAXスピードでガン突き。


俺が「出そう」って言ったらマイが「もうどこにでも出して~」なんて言うもんだから、思いっきり膣奥で中出ししてやった。


人生で1番精子が出た日が今日だと思う。


少ししてから風呂場へ。

パイズリで顔と胸にぶっかけて1発、風呂に浸かりながら回復したから立ちバックで中出しでもう1発。

風呂出てから騎乗位で下から揺れる爆乳堪能しながらさらに中出し。


帰る支度してる最中、またムラムラきて、上の服だけ着てるマイの穿きかけのTバックずらしてバックでもう1発中出ししたら「すごすぎ、またやろうね」とか言ってた。

その日は旦那が帰ってくる時間が近いってことでそれで終わった。


とにかくエロい女で、セックスの相性も抜群だったと思う。

なによりIカップの爆乳と優柔不断なのにエロい性格がたまらない。


こんな関係まずいとは思うが、当分やめられそうにない。
サンプル