gaijineroeroe425000513
お姉ちゃんとの話。

あれは中学2年生の時の、ある小春日和と言うには暑すぎるくらいの日だった。


その日は、学校の創立記念日で友達と朝から野球をしていた。

中3の姉も同じく友達とテニスに行くと言っていた。

夕方近くに帰ってきた俺が、すぐに風呂に入ろうと服を脱いでいると、「ただいまー」と聞こえたので姉も帰ってきたらしい。

とりあえず「おかえりー」と返して風呂に入った。


すると姉が一階に降りてきて、「げ、風呂使ってんの?」なんて言っている。


しばらくして「一緒に入っていー?」なんて聞いてきた。


「は?なんで?」

「汗だくで気持ち悪いー。

いいじゃん、お母さんいないんだから」


「・・・」

「いいでしょー?入るよー?」

すると姉は本当に入ってきた。

シャワーをするだけのつもりだったので、浴槽の水は冷たいままだった。


うちの風呂は広くはない。

2人密着している状態だ2人入るのがやっとってところだろう。


姉が「お湯つけてよ」と言ってのでとりあえずガスをつけたが、そんなにすぐに温かくはならない。


このままだとやばいと思ったので、仕方なく・・・。


「とりあえずシャワー使っていいで。

俺、浴槽入ってるから」


そう言って水の中に入った。

勿論壁に向いている。


少しシャワーの音がして、それからなぜか姉までが浴槽に入ってきた。


「うわっ、冷たっ」なんて言っているが、それどころじゃない。


うちの風呂は大きくない。

それは浴槽だってそうだ。

既に姉の体の一部が当たっている。


「だっ、だったらシャワー使ってろよ」

「いいじゃんそれじゃ冷たいでしょ?こうしたら暖かいよ」

そう言って姉は、がばっと抱きついてきた。

後ろからじゃなく横ぎりぎりから。

結果、ほぼ正面から抱き合う事になる。


「うわっ」

「は~、暖かいね~」

確かに冷たい水の中ではかなり温かく感じるが、それよりも胸の感触が気になって仕方ない。

中2と言えど、もう十分に性欲はある。


「あ・・・」

抱き合っている訳だからその感触は当然姉にも伝わる。


「仕方ないじゃん。

その・・・」


「立派になっちゃって~」

「当たり前じゃん。

最後に一緒に入ったの小学校の低学年の時だろ?」


「ふーん。

じゃあ私は?胸大きくなった?」


「・・・まあ結構」

「うふふ、ねえ・・触りっこしようか?昔みたいに」

そう言って姉は俺の手を取って胸に触らせた。

大きさは中3としては少し大きい方か、とても柔らかかった。

少し力を加えるとその通りに形が変わる。


すると股間に何かが当たる感触があった。

言うまでもなくそれは姉の手。

その手つきはしごくと言うには程遠く、触ったり少し上下に動かすといったものだったが、他人に、ましてや少なからず好意を抱いていた姉に性器を触られるという行為は、興奮を誘う物としては十分すぎた。


ならばこちらもと片方の手を下へと持っていく。

まずは表面の方を触りながら、少しだけ中へ指を入れて擦るようにする。


「はぁ・・・はぁ・・・」

「ふぅ・・・ふぅ・・・」

二人の少しだけ荒くなった吐息とガスの音以外に音はなかった。


しばらく『さわりっこ』を続けていたが、風呂の水がもうお湯に変わっていた。


「はぁ・・・はぁ・・・ふぅ、のぼせちゃいそ」

その言葉の後に二人とも浴槽を出た。


2人とも風呂から上がる気はなかったが、風呂に椅子は一つである。

結果、椅子に俺が座り、その上に姉が座った。


少しの間休んでいたが、姉が「ここから見ると私から生えてるみたいだね」と言うので見てみると、確かに姉の股から生えているものが一本。


「私のだから自由にしてもいいよね?」と言って、いきなりそれをしごきだす。


それは今までの触りっことは違って明らかに射精に導こうとする行為である。

そのため一気に射精感が強まる。


「ちょっ・・ちょっとタンマ」

そう言って無理やり姉の手を止める。

姉は何か言いたそうだったが、「次は俺の番な」と言ってボディーソープを手にとって姉の胸を触る。

そして、胸を揉んだリ、先をこねたりしていると姉の息が少し荒くなる。


そのまま、手を下に持っていこうとするが少し躊躇。


「ボディーソープ中に入っても大丈夫かな?」

「ふぅ・・え?はぁ・・・うーんと流せば大丈夫なんじゃないかな?」

少し不安ながらも少しだけ触れてみると、もう既にそこは濡れていた。

これなら大丈夫だろうと思って、洗面器に水をくみ、左手だけ洗った。

そして改めて姉の秘所に手を伸ばす。


少しだけ表面を触ったがもうすぐに指が入っていった。


「ぁ・・・」っと、少しだけ声が聞こえた。


そして指を少しだけ動かす。


「ぅ・・・ぁ・・・」

姉の反応は良好だった。

指で内側の壁を擦るように動かす。


「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

どんどん息が荒くなってくる。

もう絶頂はすぐそこなのではないだろか?と思った。


「はぁ・・はぁ・・ずるい、私もやるもん」

そう言って、自分の手にボディソープをつけまた自分の股下から生えているものを握る。

そして上下にしごきだす。


「う・・・」

かなり気持ちいい。

さっきの興奮と加えてすぐにでも射精しそうだった。


「ふぅ・・ふぅ・・くぅぅ・・はぁ・・」

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

「ふぅ・・ふぅ・・ぁぁもういきそう・・・ねえ・・一緒に・・」

「・・うん」

そう言って指の速度を上げる。


「ぅんん!ダメ・・・もういきそう!」

「はぁ・うん・・はぁ・・あ、でる!」

「はぁ・・はぁ・・ぁ・・っんんん・・・」

いつの間にか、仰向けに近い座り方だったので、出された精子は姉のお腹から胸にほとんどが飛び散った。


「ふう・・ふう・・ふう・・」

「はあ・・はあ・・はあ・・」

「ふぅ・・こんなに・・・いっぱい・・・」

姉は自分の体についている精液を手にとって眺めている。

それは、なぜかとても興奮する光景だった。


それから数分は2人ともそのままの体勢で放心していたが、何とか気が回復したのでまた姉の胸に手をやった。


「ぁ・・・もぅ・・・」

そう言った姉の声はとても優しくまた色っぽかった。


しばらく、姉の胸で遊んでいた。

すると一回出したはずなのに物は半立ちの状態くらいまで回復した。


「元気ね~、じゃあ今度は私が気持ちいい事やってあげる。

不安定だから下に座らない?」


そう言われたので、椅子を抜き取ってタイルに座る。


姉が物をしごきだすと、それはさっきとさほど変わらないのではないか?というくらいまで大きくなった。


「ほんとに元気ね~、じゃあやるよ?」

姉は器用にくるりと180度回転してこちらを向いた。

そして、お互いの性器と性器を擦るように動き出した。

いわゆる素股というやつだろう。

知識だけはあった。


それは、さっきまでのとは全く違っていて別の気持ちよさがある気がした。


「どう?気持ちいい?」

「うん、すっごい気持ちいい」

「そ、じゃあもっと速くしてみようか」

そう言って姉はスピードを上げた。


「うゎ・・すっごい気持ちいい」

おそらく、一度出していなかったら既に果てていただろうという位気持ち良かった。


「はぁ・・・はぁ・・・」

次第に姉を呼吸音も荒くなってきたようだ。

そこで、少しだけ腰を浮かせてみた。


「はぁん・・・はぁ・・もーなにすんのよ・・」

どうやらより深く当たったようだ。

そして、いたずら心もあって少しだけ腰を動かすようにした。


「はぁ・・ぅん・・ぅん・・ぅんん・・・はぁ・はぁ・はぁ」

姉はもう何も言わなくなった。

いや言えなくなった。


二人は行為にのみ集中していた。


「はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

“くちゃ、くちゃ、くちゃ”という音と二人の呼吸音のみが響いた。


「ねえ・・もういきそう・・・一緒に・・ね?」

姉はそう言ってから、スピードを上げた。


「はぁ・・はぁ・・はあ」

「ふぅ・・ふぅ・・ふぅ」

二人とも限界は近かった。

最後にと腰を限界まで押し上げた。


「っぅぁ、あ!!はあああ~~」

「出・・出る」

どぴゅどぴゅ・・・。


「はっぁ・・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・」

「ふぅ・・ふぅ・・ふぅ・・」

二人とも一度目より大きな絶頂を迎えたようだった。


「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・ねえ?気持ちよかった?」

「ふぅ・・うん・かなり気持ちよかった」

「そう、よかった~。

私もすっごい気持ちよかった」


しばらくしてから二人でシャワーを浴びた。

そして体を流したあと、また姉に抱きついた。


「どしたの?も一回やりたい?」

「いや・・・ちょっとキツい」

「じゃあどしたの?」

「いや・・・何となく」

すると姉はくすっと笑った。


「も~、甘えんぼちゃんでちゅね~」

「いや・・・なんか姉さん高校行っちゃうんだな~と思って」

「なにそれ、別に家出るわけじゃないんだから・・・」

「まーね。

だから何となくだって」


すると姉は頬にキスをして、「そろそろあがろ?お母さん帰ってきちゃう」と言った。


こんな関係、いつまでも続くといいなと思った。
サンプル