gaijineroeroe425000431
憧れる…。

「夏は新宿御苑、晩秋は外苑前の銀杏並木だったから、今度は冬枯れの公園かな」

Yさんが、辻仁成と江國香織の『冷静と情熱の間』に出てくる、梅ヶ丘の羽根木公園に行こうと言い出しました。

この時期ですからまだ人も居ないでしょうし、もしかしたら、早咲きの梅が見られるかもしれません。

竹之内豊は好きなのですが、時間がなくて映画版は観ていません。

でも小説版は、私が読んでみたいと言ったらYさんが買ってくれ、2人で交換して読みました。

推理小説ファンのYさんには、甘ったるくまどろっこしかったらしいのですが、私は気に入って、読み返してしまいました。


私もどちらかといえば、法廷物や推理小説が好きです。

2人の好みが一致したのはジェフリー・アーチャー。

久々に読む恋愛小説が、私には新鮮に映ったのでした。


冬枯れの朝の公園は、予想通りお散歩している老夫妻が二組、早咲きの梅の写真を撮っている男性が一人だけ。

ぐるりと一周りしてから、ベンチに座り、途中で買ったお茶を飲みました。


「たまにはこういうデートもいいよね。

でも、この後はやっぱり・・・」


久しぶりの、公園でのキスでした。

この人との始まりはいつだったのかしら。

夫としかセックスをしたことはなかったのに・・・。


1年半、同じ部署で仕事をして、Yさんが私に好意を抱いていることはなんとなく分かっていました。

顔を上げれば目が合う位置に座っているのに、わざわざメールで会話しました。


『ランチ、一緒に行きませんか?』

『OKです』

『じゃあ、1階のエレベーターを下りたところで、12時半に』

2人とも観劇が趣味ということが分かり、Yさんに「今度一緒に行きましょう」と誘われて「是非!」と答えたものの、同時に戸惑いもありました。

お互い結婚しているのに、2人だけで出かけたりしていいのかしら?
これも不倫になるのかしら?
でも、忘れかけていた“ドキドキする感じ”が、そんな戸惑いをすぐにどこかに追いやってしまい、いつか来るとなぜか確信していたお誘いを待つようになりました。


Yさんからメールが届いたのは、私が別の部署に異動になって1ヶ月が過ぎた頃でした。


『来日ミュージカルを一緒に観にいきましょう』

待ち望んでいたお誘いを受け、心が弾みました。

前日は美容院とネイルサロンに行き、何を着て行こうかクローゼットの前であれこれ悩んで・・・デートの前日ってこんな感じだった、と思い出しました。

ミュージカルそのものも面白かったし、始まる前の食事、幕間のおしゃべり、観劇後のお茶。

楽しい時間はあっという間に過ぎました。

そして、「また行きましょうね」と言って別れました。


その後は、毎日のようにメールが行き交いました。

そして、今度は思い切って、私がYさんを誘いました。

大阪での上演だったのですが、彼からは直ぐにOKの返事が届きました。

平日休みを取って、飛行機で大阪に行くことになりました。

部署が違うので、同じ日に休んでも怪しまれないでしょう。


大阪行きを2週間後に控えたある日、私がずっと聞きたかった言葉をYさんはメールに書いて送ってきました。


『貴女が好き』だと。


私も直ぐに返しました。


『あなたが好き』と。


胸が締めつけられるような切なさと、体が内から熱くなる昂揚感に自分が恋してることを実感したのです。


Yさんは、ロマンチストです。

見かけは柳葉敏朗にちょっと似た感じで(本人は和製キアヌ・リーブスといってますが)、生粋の大阪人なのですが、メールの中には女心をくすぐる言葉がそこここに散りばめられていました。


『君は手の届かないきれいな真珠のようだった』

目の前で言われたら笑ってしまうようなことも、メールだと、なんだかその気になってしまう。

やっぱり恋していたのでしょうね。


大阪に行く前に、1度デートすることになりました。

Yさんの奥様とお子さんは、奥様のご実家に帰省中。

私の子供はちょうど遊びに来ていた父に預けて、日曜日の10時に新宿3丁目で待ち合わせ、新宿御苑に行きました。

ちょっと遅れた私を、Yさんはにこやかに迎えてくれました。

小走りでYさんのところに駆け寄った私は、ごく自然にYさんの腕に自分の腕を絡めました。

この日Yさんは、どうやって私の手を握ろうか、考えあぐねていたそうです。


『天使が自ら僕の胸に飛び込んできてくれた。

僕はあの時至上の幸せを感じていた』と、その夜のメールに書いてくれました。


恋人としての初めてのデート。

胸が弾むってこんな感じだった、と、また思い出しました。

雨上がりで、都会の汚れた空気が一瞬洗われたような、清々しい夏の朝。

日曜日とはいえ、まだ午前中なので、人もまばらです。


しばらく歩いたとき、「あっちには何があるの?」と訊いた私の手をぐいっと引っ張ったYさんが、木立の影で、ふいに私を抱き寄せ、唇を塞ぎました。

夫以外の男性との初めてのキス。

目が回りそうでした。


キスの後、Yさんは私をぎゅっと抱き締めて、「信じられないよ。

◯◯さんとこんなことができるなんて」と私の耳元で囁きました。


そしてまた、長い長いキスをしました。


その後は、木陰にYさんが持ってきたレジャーシートを敷いて座りました。

木漏れ日の中、Yさんは、私の後ろから抱っこする体勢で。

会話が途切れると、キス。


Yさんは次第に大胆になってきて、私の胸に手を触れました。

私は水色に小花模様のキャミソールワンピースに、紺色のカーディガンを羽織っていました。

私は、カーディガンの上のボタンを外し、ワンピースの胸元のリボンを解きました。

Yさんは、指をワンピースの中に滑らせ、ブラをずらして、私の乳首を、夏の外気に晒しました。


「なんて可愛いんだろう」と、Yさんは乳首を吸いました。


思わず、小さな声をあげてしまいました。


「ほら、もうこんなになってるよ」

Yさんはジーンズの股間を指差しましたので、私はジーンズの上からそっと撫でてあげました。


ふと周りを見回すと、先ほどまでとは打って変わって人も増えていました。

急に恥ずかしくなってしまいました。

もうお昼を回っていたのです。

楽しかった公園の戯れはお終いです。


公園の出口のところで、もう一度キス。

ランチの後、表参道を歩いて、そのまま今度は代々木公園へ。

公園のベンチでおしゃべりしながら、やっぱりキス。

別れがたく、喫茶店でお茶を飲んだ後、代々木公園駅の中でも人がいないのを見計ってキス。

その日1日で、いったい何回キスしたのでしょう。


三十路の経産婦が、夫以外の男性の前に初めて裸体を晒すというのは、そんなことになるとは考えもしなかった頃に漠然と想像していたよりも、遙かに不安になるものです。

せめてあと5歳若ければ、いえ、妊娠前だったらよかったのに、などと考えても仕方のないことをあれこれ思いながら、お風呂上りの自分の身体を、いつも以上に真剣に見つめます。

妊娠前はエアロビクスに熱中し、それなりに自信があったはずなのに、今はどうでしょう。

完全母乳の代償が、子供の健康と引き換えに、無残にも両の乳房の張りを奪い去ってしまっています。

なんとなくメリハリのない体になってしまったのが、自分でよくわかります。


Yさんを失望させてしまったら、どうしよう。


何よりも、自分に自信が持てなければ、前に進めません。

そんな不安を包み隠すように、新しい下着を買いました。

真っ白なブラとショーツ。

レースが綺麗で清楚な感じ。

Yさんが、下着に目もくれず、すぐに脱がせるような野暮な方ではないことを信じて。


新宿駅西口で待ち合わせ、開店と同時にデパートに入ります。

今日の記念に、Yさんにおねだりしたのです。

プラチナのピンキーリング。

ベッドで、Yさんにつけてもらいましょう。


軽い食事をしてから、デイユースで予約してくれたホテルに向かいました。

部屋に入ると、Yさんは私を抱き締めて「何も心配いらないよ。

何にも」と言いながら、何度もキスをしました。

全てYさんに委ねる覚悟が出来ていました。

ベッドにそっと腰を下ろし、長いキスをしました。

徐々に服を脱がされ、下着姿になった私を見て、Yさんは「きれいだね。

素敵だよ」と言って、また抱き締めました。


下着のままで愛撫されるうちに、徐々に緊張もほぐれ、体の奥が潤ってきているのを自分で感じ始めた頃、ショーツを脱がされ、秘所が露わになりました。


「想像していた通りだ。

きっと薄めだと思ったんだ」


確かに私の陰毛は茶色っぽくて、薄めです。


「すごくきれいだよ。

・・・もう、濡れてる」


恥ずかしくて、思わず、顔を手で覆ってしまいました。

その手をそっと振り払われ、Yさんがキスしてきました。

キスしながら、アソコを優しく撫でまわされ、更に濡れてきました。


「一つになろうね」と言うYさん。


頷くワタシ。


夫以外のペニスを、ついに受入れてしまいました。

こんな時、夫を愛している妻ならば、罪悪感を感じるのでしょうか?
私は、ただただ嬉しかったのです。

大好きなYさんのペニス。

Yさんが好きと自覚してからずっとそうしたかったから、とても幸せでした。

女として愛されていることを実感できました。


でも、やはりどこか緊張していたのでしょう。

イク寸前で、左足が攣ってしまって、ちょっと休憩です。

髪の毛を撫でてもらいながら、ベッドでベタベタしました。

ベタベタするって、こんなに心地いいものだったかしら?と思いながら。


Yさんが、「こっちに来て」と鏡の前に連れて行きました。


「ほら、すごくきれいだよ」

後ろから胸を愛撫しながら、耳元で囁きます。


「鏡を見てごらん。

ね?」


恥ずかしいと思いながらも、ちらっと鏡を見ると、いつも家の鏡で見ている自分よりも、なんだか綺麗に見えました。

母でも妻でもない、1人の女がそこにいました。


もう一度挿入しようとした時です。

Yさんのペニスに硬さが足りないと思った私は、「口でしてあげましょうか?」と、訊きました。

Yさんはとても嬉しそうに「して!」と言いました。


私の初めてのフェラチオは夫のペニスでした。

そういう行為があるというのはもちろん知ってはいましたが、数少ない性体験の中ではしたことがなく、非常に抵抗がありました。

でも夫が望んでいることだからと、思い切って口に含みましたが、夫のペニスは臭いがきつく、陰毛もとても多いため、苦痛でしかありませんでした。

「して」と言われてしぶしぶすることはあっても、自分からしたいと思ったことは一度もありませんでした。

クリニングスは夫が好んでしましたし、嫌いではありませんでしたが、そうするとお返しにフェラチオしなければならない雰囲気になるので、して欲しいとは思わなくなりました。


なのに、Yさんには“してあげたい、したい!”と思ったのです。


自分でも驚きました。

なんだか愛しくて、いつまでもそうしていたいのです。

Yさんのペニスは夫に比べて長さがあると思いました。

だから、夫とのセックスよりも、更に奥を突かれる感じがしたのかもしれません。


「ごめん、これ以上されると、口に出してしまいそうだよ」

Yさんは、私の口からペニスを出すと、私をそっと押し倒し、正常位でアソコに挿入してきました。

この感じです。

私は正常位でペニスが入ってくる瞬間が好きです。

そして、強く突かれると、奥に当たる感じがたまりません。


「ああ、イキそう」

「イッていいよ。

イッて」


休憩は挟みましたが、結局4時間ぐらいセックスしていました。

こんなに長くしていたのは、同棲時代でも無かったかもしれません。

大好きな人とのセックス。

なんて気持ちがよく、幸せなのでしょう。


帰りの電車では、気怠く、ふわふわした感じがして、少し眠ってしまいました。

ウトウトしながら、『今夜は夫が誘ってきませんように』と祈りました。


Yさんと3回目のセックス。

今度は渋谷のラブホテルに行きました。

私はラブホテルが初めてでした。

なんとなくイメージしていたものと違って、きれいで明るい感じがしました。


その日の下着は、黒のレースのTバックとブラ。

黒のワンピースに合わせたのでした。


Yさんは、「よく見せて。

すごくエッチだよ」と、舐めるように私を見つめてから、また鏡の前に連れて行きました。


その数日前、『貴女は、自分のそこ、よく見たことあるの?』とメールで訊かれ、『鏡を使ってまじまじと、というのはありません』と答えていました。

そこで今日は、『よく見るように』というのです。


広めの洗面台に、鏡の方を向いて座らされ、足を開かされました。


「ほら、レースのTバックからはみ出しているよ」

直視出来ませんでした。

ものすごく恥ずかしくて、顔が真っ赤になっているのが自分でもわかりました。

でも、ちらっとそこを見てみると、充血して赤くなっていて、濡れて光っていました。


「すごく、恥ずかしい・・・」

消え入りそうな声で、Yさんに訴えると、Yさんが、「恥ずかしくないよ。

こんなにきれいなんだから」と言いました。


このときです。

それまではYさんに『きれいだよ』と言われると、とても嬉しく幸せな気持ちになっていたのに、なんとなく違和感を覚えたのは。


その後、ベッドに戻ってセックスしました。

それまでのYさんのセックスはとても優しかったのに、鏡の中の私に興奮したのか、いつもよりも激しく、ちょっと意地悪でした。


「入れて欲しいの?」と訊かれ、なかなか「はい」と言えない私に、更に「何をどこに入れて欲しいの?」と訊きます。


私はいつもより興奮している自分に気づきました。

そして、我慢できなくなって、小さな声で言いました。


「Yさんのペニスを、私のおまんこに入れてください」

「聞こえないよ。

もっと大きな声で」


もう一度言わされました。

ようやく入れてもらった瞬間、そのあまりの快感に、体中が痺れました。

ちょっと出し入れされただけで、すぐにイッてしまいました。


やっぱり私はMなのだと確信しました。

オナニーするときは、大抵、恥ずかしい言葉を言われたり、言わされたりしていることを想像していましたから、そうなのかなと思ってはいたのですが。

さっき感じた違和感も、そうであれば、納得がいきました。


私は『きれいだよ、素敵だよ』と言われるよりも、『いやらしい女だ』と言われた方が何倍も感じるMだから。


Yさんとは、月に1、2回逢って、ホテルでセックスしました。

その後、食事をしてお散歩して別れる、というのがパターン化してきました。

本当は毎週でも逢いたいのですが、なかなかそうもいきません。

そこで、時々、私の車の中で逢いました。

私は車通勤で、会社の近くの駐車場に車を停めていたので、人があまり来なくて、死角になっている場所を見つけ、そこに車を移動して、セックスしました。

狭くて、落ち着かないのですが、逢いたい気持ちが勝っていたのです。


でも、逢えばセックスするデートに、なんだかちょっと違うという気持ちもありました。

初めてのデートのように、観劇したりしたいなと。

Yさんもそう思っていたらしく、「今度はそうしようね」と言うのですが、時間は限られていますから、逢えばやっぱりセックスしたくなってしまうのでした。


ホテルでのセックスは、ちょっとマンネリ気味になってきました。

私がとても興奮した“言葉責め”も、あれっきりYさんはしてくれません。

自分からお願いすることはとても出来ませんでしたので、私の中で次第にYさんとのセックスに対する不満が芽生え、強くなってきました。


Yさんのことはとても好き、大好き。

でも、もっと違ったセックスがしたい。

私の中のMを満足させてくれる人と。


そう思うようになってきました。


Yさんといつものようにホテルに入って、お風呂でお互いに洗ってあげていたときのことです。

Yさんの指が私のあそこから後ろに移動したとき、スルッと、アヌスに入ってしまいました。

びっくりした私は、思わず座り込んでしまいました。

Yさんはわざとではなかったらしく、「ごめんね」と謝ってくれましたが、Mを自覚し始めていた私は、それがきっかけでアナルセックスにも興味を持つようになりました。


実は、夫が以前からアナルセックスに興味があったらしく、セックスの度に、指でアヌスを責められていました。

最初は、そこは排泄するところだからセックスなんてとんでもないと思い、嫌悪感さえもあっていて、「ペニスの挿入は絶対に嫌」と拒否していましたが、指での愛撫には次第に感じるようになっていました。

夫の執拗な責めに慣らされていたから、Yさんの指は私のアヌスに簡単に入ってしまったのでしょう。

それからYさんは、クリニングスのとき、アヌスも舐めてくれるようになりました。

指以上の繊細な舌の動きに、とても感じ、乱れました。


Yさんとのメールのやり取りは、相変わらずほぼ毎日続いていました。

あるときYさんに、『私がセックスの最中どう感じたかを書いてみて』と言われました。


『とても恥ずかしくて書けない』

そう送ったところ、Yさんが私になりきって書いた文章を書いて送ってくれました。

鏡の前でのプレーのことでした。

読みながら私はとても興奮しました。

自分専属の官能小説家がいて、私を主人公に官能小説を書いてくれているようでした。

でも、ちょっとここは違う、と思うところがありましたので、添削して返したところ(笑)、『そういう風に感じていたんだね』と、とても興味深げでした。


その後、何度か、この告白のような文章を書いて送りました。

マンネリ気味だったYさんとのセックスが、ちょっぴり刺激的になりました。

サンプル