gaijineroeroe425000397
好きだった教育実習の先生との話です。

まだ私が中学3年の時、教育実習で野村という先生がやってきました。

正確にはまだ先生じゃありませんが、普通に『先生』って呼んでいました。

今で言う草食系男子っぽくて、あまり人気はありませんでしたが、私には十分過ぎるほど魅力的な年上の男性でした。

音楽の先生でピアノが上手く、私もピアノをやっていたからかもしれません。

私達は先生のことを『ユウ君』と親しげに呼び、ユウ君はいつも照れ臭そうに対応していました。


いつからだったか覚えていませんが、放課後ピアノを教えてもらっていたんです。

田舎の小さな中学校だったので、音楽室を使う人ってほとんど居ませんでした。

だからマンツーマンで教えてもらえて、私はドキドキしながらも習っていたんです。

でも一緒にいる時間はとにかく恥ずかしくて、かなり強がった態度をとっていたと思います。

そんな私にも優しく教えてくれ、内心ではもっと一緒に居たいと思っていました。


習い始めて数日後、初めて先生が後ろから抱き締めてきました。

ピアノを弾いていたので思わずビクンとしちゃいましたが、耳元で「そのまま弾いて」と言われ、心臓をバクバクさせながら弾いたのを覚えています。

その日はそれだけで終わりましたが、次の日には「良いニオイがするね」と首元や耳にキスをされ、それでも私はピアノを弾いていました。

3日目か4日目に初めてキスをされ、体が痺れるような舌の感触を知りました。

実はもう、その頃の私は処女ではなく、子供っぽい経験だけは済んでいます。

同級生とのエッチだったので、キスだってこんなに感じた事がありませんでした。


「もっと舌を出して」とか「俺の舌も舐めて」とか言われ、必死に言われるがまま舐めていると、先生は制服の上から胸を触ってきました。


「それじゃもう一回弾いてごらん」

何事も無かったかのようにそう言われ、ピアノを弾き出すと、また首や耳にキスをしながら胸を揉んできました。

揉み方がとてもやらしく、ピアノなんて弾けません。

手が止まると・・・。


「どうしたの?ちゃんと弾かなきゃダメだよ」と優しく言われるんです。


「ゴメンなさい」

そう言いながら弾き始めるんですが、何度も何度も手を止めていました。


「おっぱい感じるんだね?」

「分かんないです」

そう答えると先生はベストとYシャツのボタン外し始め、ブラの上から触ってきました。

ピアノを弾きつつも頭の中は胸に集中し、何度も間違えては、やり直しました。

思わず声が出てしまいましたが、乳首を摘ままれて転がされた時には、同級生では感じた事も無い快楽が胸を突き抜けたんです。

何度も何度もコリコリとされ、座っているのさえやっと。


「こっち向いてごらん」

先生の方を向くと、先生は胸に顔を埋めてきました。

そして乳首を舐め始め、気が付くと私は先生の頭を抱き締めていました。

体全体がゾクゾクと震えるほど感じてしまい、エッチがこんなにも気持ち良いのかと驚きました。

出しちゃダメだと分かっていても、自然と声まで出てしまうんです。

いつものような優しい笑顔でまたキスをされ、今度はスカートの中に手が入ってきました。

あの頃の私でも分かるぐらい濡れていて、とても恥ずかしかったです。


「凄いビチョビチョになってるよ?やらしい子だね」

ニッコリとしながらそんなやらしい事を言われ、恥ずかしくて下を向くしかできません。

パンツの横から指を入れられて直接触られ、クリトリスを触られただけで体が変な感じになり、先生に抱き付いてしまいました。


「初めてじゃないんだ?」
「はい」

「じゃ、指挿れるよ?」
「はい」

ゆっくり少しずつ出し入れをしながら先生の指が入ってきました。

外では部活をしている子達の声が時々聞こえ、そんな状況も手伝ったのか、まさにガクブル。

今にして思えば、そんなに上手い指の動かし方では無かったと思う。

でもあの時は腰が動いちゃうほど気持ち良くて、とにかく先生に抱き付いてました。


抜かれた指を見せられ「こんなに濡れちゃってるよ?ホントにやらしい子だね」と言われ、頭の中が真っ白になるぐらい恥ずかしかった。


「舐めた事ある?」

「はい」

先生は目の前に立つと、自らジッパーを下げて、カチンコチンにそそり立ったオチンチンを顔の前に出してきました。

手を掴まれて握るよう促され、されるがままシコシコと動かしました。


「ほら、舐めて?」

私は同級生にやった事を思い出しながら、必死にオチンチンを咥えました。

ただジュポジュポとしゃぶるだけのフェラチオです。

それでも先生は私の頭を撫でながら「気持ちイイよ」と何度も言ってました。

それが嬉しくて一生懸命しゃぶってました。

誰かが教室にきた事なんて無かったけど、もしかしたらと思うと気が気じゃありません。

でもそう思えば思うほど興奮していたのも事実です。

その頃はまだ自分がMで、そういう状況に萌えるとは知りませんでした。

もしかしたら先生もそういう刺激が好きだったのかもしれませんね。


アゴが疲れるほどしゃぶらされ、手を引かれて教室の隅へ連れて行かれました。

(そこなら誰かが来てもピアノやスピーカーがあって時間が稼げる)

私は窓のサッシに手を付くよう言われ、スカートを捲られて立ったまま挿入されました。

私の方も凄く濡れていたようで、案外すんなりと入っていきました。

奥まで到達すると先生が「凄く暖かくて気持ち良いよ」って耳元で囁いてくれたんです。

嬉しくて私は「うん、うん」と頭を振っていました。

先生が動き出すと、ビックリするぐらいの快楽が襲ってきました。

同級生では味わえなかった快楽。

窓から顔を出すと、校庭にいる生徒に見られちゃう。

頭を低くしながらも出ちゃう声を押し殺していました。

先生は激しく動いたり、ゆっくり出し入れしたり、根元まで入れてクリトリスを触ってきたりし、私はただ声を我慢するだけ。


「凄い締まってるよ、こんなに気持ちが良いオマンコ初めてだよ」

先生は『オマンコ』とか卑猥な言葉を立て続けに発してました。

それを聞くとまた頭が変になるほど興奮もしていました。


激しく出し入れが何度か続いた後、先生が「口に出すよ」って言ってきたんです。

フェラチオで口に出された事はあったので、特に嫌悪感も無く頷きました。

すると先生の動きが激しさを増し、いきなり抜かれたかと思った瞬間、肩を掴まれてしゃがむ様に押さえこまれました。

そして目の前に来たオチンチンを口の中に突っ込まれた形になり、先生はそのまま腰をまた振り始めたんです。

喉の奥に当たって吐きそうになりましたが、察してくれたらしくストロークが小刻みに。


「出すよ!出すよ!」

先生は小声ながらもしっかりした声でそう呟き、口の中に大量の精液を放出してきました。

私はその精液を口からこぼさないよう、必死に口元を押さえていました。

オチンチンがドックンドックンと動き、次第に動かなくなった頃、やっと解放されました。


「んんー!」

先生に口を押さえてアピールすると、すぐにポケットティッシュを手渡してきたので、口からドバーッと出したのを覚えています。


「こんなに気持ち良かったの初めてだよ」

先生は恥ずかしくなるほど褒めちぎり、ずっと抱き締めてくれていました。


誰かに言うとかなんて絶対に有り得ないので、私は何も言わずにまた次の日音楽室へ。

先生も分かっていたようで、座るとすぐに抱き締めてきました。

そしてまたキスをされ、「また舐めてくれる?」と言いながら目の前に・・・。

私は先生が喜んでくれると嬉しいので、言われるがまま出されたオチンチンを舐めました。

その日は椅子に座ったまま脚を広げ、先生にアソコを舐められました。

指を入れられたまま舐められたのは初めてだったので、座ってられないほど感じました。

そしてまた立ちバックで挿入し、最後は口に出しました。


その次の日だったと思います。

初めて先生と正常位でエッチしました。

椅子を並べてそこに寝かされ、クンニをされた後挿入されたんです。

キスをしながらのエッチに声を我慢できないほど感じてしまい、あの頃は気付きませんでしたが、軽くイッちゃったと思います。

体がウワァーッとどこかに引っ張られそうな感覚になったから。

正常位だと最後の口内射精は難しく、少し顔や床に出してしまいましたね。


「ヤバいヤバい」

笑いながら先生が足の裏で伸ばしていましたw

次の日が確か最後の日だったと思います。

ウル覚えなんですが、先生とは4回エッチしたと思います。


「もう明日は会えないと思う」

そう言われ、“という事はこれで実習も終わるんだ”と分かり、これが最後になるのかな~って漠然と思いました。


その日の先生は、執拗にクンニをしてきました。

フェラチオをさせて、またクンニに戻り、またフェラチオへ、そしてクンニ。

正常位の後は、初めの日と同じ場所で立ちバックもしました。


(もっとしたい、先生の彼女になりたい)

そんな事を思いながら思いっ切り喘いでました。

だから先生に口を押さえられ、「声出過ぎだよ」と笑われました。


前回までと同じように、最後はまた口内射精でした。

でも私はアピールしたくて、出された精液を全部飲み干しました。

今まで飲んだ事の無い精液を、えぇーいっ!と思って飲んだんです。

喉にへばり付く様な変な感触で、すごく苦かったです。

でも先生は飲んだ私を強く抱き締めてくれて、なぜかクンニまでしてくれました。

本当は先生の連絡先を貰えると思っていましたが、結局最後まで貰えませんでした。

だからあの日したエッチが本当に最後のエッチ。


もう昔の事だから書いちゃいましたが、完璧に犯罪ですよねw
特に大人びた感じではなかったので、先生はロリータだったんだと思う。

先生とのセックスで気持ち良さを知りましたが、その後付き合った彼氏達ではあれほど感じた事はありません。

もしかしたら学校で・・・という点が関係しているのかもしれませんが。


今の彼氏とでもあんな興奮は未だに無く、彼氏とは至ってノーマルなエッチばかり。

思い切って「外でしたい」って言ってみようかなw
でも引かれるのが怖くて勇気が出ません。


思い出しながらの駄文にお付き合い下さり、ありがとうございました。
サンプル