kimamamh0412000243
ビッチ2人組の話。

この前、男2人で旅行に行ったんだ。

とりあえず可愛い子でも居たらいいなというノリで、混浴がある山奥に行く事にした。

何個かの山を越えて温泉地の近くにある川沿いにある混浴露天風呂に着いた。

俺たちの期待はそれはそれはアゲポヨになっていった。


その露天風呂は無料で脱衣所だけがあった。

俺たちが車を駐車場に停めた時、その風呂から若い女の子が3人上がってきた。

俺たちはほくそ笑みながら温泉に向けて歩き始めた。


とにかく汚い脱衣所で服を脱いだ。

その脱衣所には、『混浴風呂の心得』なるものが貼ってあった。

記憶を辿ると・・・。


1.原則タオルを湯船に入れないようにしてください。

2.水着での入浴はご遠慮ください。

先に裸で入られている方に対して大変失礼な行為です。

3.異性の方が入ってきたら、目は背けましょう。

これは混浴の最低限のルールです。

またお互いに積極的に近づくことはやめましょう。

4.混浴は長湯禁止です。

長湯しているとワニになってしまいますよ。


4以外は俺得すぎる説明に、既に期待は臨界点を突破しそうだった。


入ってみると案外暖かく、長湯するに適した暖かさだった。

とりあえずは俺達の貸切だったので、泳いだり、全裸で道路に向けて叫んだりしていた。


その後、地元の人らしいハゲ散らかしたおっさんが入ってきた。

禿げたおっさんとは色々な話をした。

案外この露天風呂には若いねぇちゃんが来ること。

たまに猿が入ってること。

夜中にカップルがあんなことしてること。


そんな話をしていると。

また一組、誰かがやってきた。

その一組は俺達には気付いてはいなかったのだが、間違えない、雌の声だ。

おじさんが俺達と話すのをやめて、静かになった。


女の子2人組の姿が見えた。

正直なところ、気まずいと思っていたいたのだが、「こんにちは」と言ってくれた。

ちなみに女の子は20代前半くらいで、顔は、香里奈似の子とピザ子だった。


女の子が脱衣所で着替え中、おっさんと友人は脱衣所の近くに陣取った。

童貞チキンの俺は恥ずかしくてかなり遠くに陣取った。

俺の頭の中はかなり動揺していた。

お母様しか裸の女性なんて見たことないのに。

もちろん俺の息子は爆発寸前だった。


ついに女の子が現れた。

俺は教えに従い川のほうを見ていた。

とりあえず川を見ているしか出来なかったから、その時は彼女達がどのような乳房であったとかは判らなかった。

おっさんは慣れた口調で「足元きーつけや」とか言っていた。


ポチャンという音がした。


(入ってきたーーー!)

俺の心は高揚した。

話し声はしなかったから、どちらかが先に入ったのだと思う。

おっさんと女の子の話し声が聞こえた。

とりあえず俺も伸びをする感じで振り返る事にした。

水着を来たピザ子と目が合った。

ビキニのピザ子は、はち切れんばかりの花柄の水着をアピールするかの如く立ち上がり、「香里奈ちゃん遅いよ」と言いながら脱衣所に戻っていった。


俺たち3人は目を合わせながら苦笑した。


そしてついに香里奈ちゃんが来ました。

香里奈ちゃんとピザ子が風呂に入ると同時に、いい香りがしたのを覚えています。

おっさんと友達はとりあえず他愛もない話をしていました。

香里奈はタオルを外して入りました。


俺は相変わらず川を見ていた。

時おりピザ子の「いいとこねぇホントに」とか「ぷひょょょ」とかいう謎の笑い声に腹立たしさを覚えていた。

もっと香里奈の姿を見たかったんだが、やはり紳士として、タオルを取る瞬間から川を見ていた。

おっさんと友達は、「どっから来たの?」とかので盛り上がっていた。


突然、水面を切る音がしたから後ろを振り返った。


「ふーんこうなってるんだ、川じゃん」

香里奈の裸の後ろ姿が目の前にあった。

俺の目は香里奈の後ろ姿に釘付けになった。

色は白かった。

こっち見んなと思いつつも、当然のように目が合った。


「どうも」と言いながら、俺の隣に座ってきた。


「どみょ」と一応冷静を保ちながら挨拶を返した。


俺「どみょ」

香里奈「いいとこですね、ここ」

俺「ソッスネ」

香里奈「なんか日頃のストレスとか馬鹿らしくなっちゃう」

俺「ソッスネ」

香里奈「どうやって来たんですか?」

俺「ソッスネ、くるゅまッス」

香里奈「そうなんだ、同じですね。

ご旅行ですよね。

本当は私も一人で来たかったんですよ、こういう場所」


俺「ソッスネ」

どうやら香里奈は俺を一人で来た奴と思っていた。


香里奈「どちらからいらしたんですか?」

俺「トキョッス」

香里奈「じゃ一緒だね、大学生かな?」

俺「あい」

香里奈「ふーん、そうなんだ、私たちも去年まで大学生だったんだよ。

今社会人なんだー。

君は2年生くらいかな」


俺「イヤっ4ッス、4ッス」

香里奈「なんだーじゃー同じくらいなんだー。

一人でよく旅するの?」


俺「ソッスネ」

考えてもみてくれ。

裸の香里奈に質問攻めされて、平静を保つやつがどれほどいるか?

香里奈「ふーん、そうなんだ。

もう少し川の方に行ってみない?」


俺「んソッスネ、ん、ん、裸で行くすか?」

正直どうしていいか判らなかった。

今までの会話でたぶん2、3分くらいだと思う。

おっさんと友達はピザ子と話してはいたが、目はこっちに釘付けだった。


香里奈「大丈夫よ。

こんな所誰も見てないから、しかも裸とか興奮しない?」


岩場に立った香里奈はすかさずタオルを巻いた。

俺もそれに習った。


香里奈「ピザ子ー、少し川のほう行くね」

友達「俺くんも行くの?」

俺「おう」

友達も行きたそうだったが、空気を読んでくれた。

おっさんは脱衣所に行ったみたいだった。


香里奈「俺くんっていうんだ。

というか一人じゃなかったんだね」


俺「ソッスネ、サーセン」

香里奈「ピザ子はね、仕事の同僚なんだ。

あの2人楽しそうだね」


俺「ソッスネ」

香里奈「早く下りようよ」

俺「足滑るっから、き、き、気をつけてッス」

川に下りた。

とりあえずかなり冷たかったと思う。

温泉と川は1.5メートルくらい高低差があった。


香里奈「うわ、冷たい」

俺「ソッスネ」

香里奈「本当に川なんだね、なんか温かいんじゃないかって錯覚しそうだね」

俺「ソッス、ああ、ぁああああ」

川遊びをした奴は分かると思うが、川の中はかなり滑る、藻かなんかでかなり滑るんだ。

つまり転んだ。

その拍子にタオル流れた。

落ちたと言っても俺が流されるような川の流れではなく、尻餅をついた程度だった。

だがタオルが無い俺は立ち上がることも出来なかった。


俺「ダオル、ダオル、あでぃばずが?ダオルが流されまじだ」

香里奈「あー、タオル流れちゃったね。

私もこれしかないよ。

寒くない?」


俺「寒いッス、連れを呼んでぎでぐればすか?」

俺は必死に息子を手で隠していた。

少し膨張していたが、一気に萎れた。


香里奈「とりあえずさ、風邪引くから上がりなよ。

というかこの壁上がれないから脱衣所の方から回らないと行けないよ」


俺「ダオルがないど、行けばせん」

思い出すのも恥ずかいのだが、俺は子供みたいに駄々をこねていたと思う。

というよりむしろ恥ずかしすぎてそれどころではなかった。

香里奈は転んだ俺を起こしてくれた。

そしてタオルをくれた。

巻いていたタオルを巻いた俺の先には裸の天使、いや、香里奈がいた。


俺「いや、まじさ、さ、サーセン」

香里奈「別にいいよ」

少し顔が赤らんでいた。


俺「早く上にあがりましょう。

温泉に浸かりましょう、風邪ひいちゃあ、ええええ」


突然、香里奈が抱きついてきた。

今思い出しただけで息子が反応してきた。

最近寝る前に思い出すのは香里奈だけ。


香里奈「もう少しこうしていたいんだけど」

俺「はい、はい、はい、え、え、え、は、は、いや、かまいませんけど、いや、え」

香里奈「興奮しないこの状況?だってさww」

香里奈笑い出す。


香里奈「俺くんと会ったのさっきなのに、裸で出会って抱き合ってんだよ」

俺「そ、そ、ソッスネ、へんすよねハハハ」

香里奈「俺くんの大きくなってるよ」

俺「・・・」

香里奈「どうせ混浴にくる子目当てできたんでしょ。

見え見えだよそんなの。

俺君クールぶって川の方見てたでしょ」


俺「・・・」

香里奈「今なら何やってもばれないよ」

俺「・・・」

香里奈「俺君って男の子だよね、こんなチャンスもうないんだよ」

俺「・・・」

俺はまじでぶっ倒れたらしい。

ぶっ倒れというか、記憶を無くしたのかはわからないが、気がついたら俺は脱衣所にいた。

友達が運んでくれたらしい。


俺達は混浴を後にして、すぐに温泉宿に行った。

そこは、その地域では一番立派だった。

客も多いらしく平日にしては結構な人数がいた。

正直運転の疲れもあり、友達と共に温泉に入るとかはせずに、すぐお昼寝をした。

チェックインしたのは、16時頃だったと思う。

夕飯は18時からという事で、俺達は寝たのだと思う。

疲れていた俺達は、飯の時まで昼寝をしていた。


起きたのは飯時18時であった。

ここの宿はみんなで一つの食堂で食べるタイプの宿だった。

ご飯の席は指定されていたので、中居の支持のもとに席に案内された。

隣には目は合わせなかったが、女2人組だった。


(さぁ早速飯を、ん・・・)

香里奈「この宿ホントにいいとこねぇ」

ピザ子「ぷひょょょょ」

ぴ、ぴ、ピザ子ーーだとぉぉぉぉぉ。


友達は興奮したように俺に目線を送ってきたが、チキン、いや紳士な俺達は話し掛けることはしなかった。

あっちは、気付いてないようだった。

俺は香里奈をチラ見しつつも、食事を続けた。


香里奈達は結構大きめな声で・・・。


香里奈「もう酔っぱらっちゃったー」

ピザ子「香里奈がこんなに酔うなんて珍しいね」

・・・とかなんとか、言っていた。


俺達も地酒の日本酒を結構飲んだため、いい具合になっていた。

友達とは、「香里奈達に話し掛けるか?」「いや、やめとこう」という会話ばっかりしていた。


そんなこんなで、俺達にデサートが出た時に香里奈達は席を立っていた。

俺達には気付いている様子はなかった。


友達と「やっぱり話しかければよかったな」と後悔していた。


そんな中で隣にのテーブルを片付け始めた中居が、何かを見つけた。

部屋の鍵だった。


友「すいません、それ連れの鍵ッス。

渡しておきます。

お前、渡しに行けよ」


俺「なんでだよ、やだよ」

友「なんかあったら、部屋にいるから報告しろな」

俺は香里奈達の部屋の前に立った。


“ドンドン”

香里奈が出た。

一回温泉入ったのか、いい匂いがした。


香里奈「遅いよ」

俺「え、え、遅いって、え?」

香里奈「隣にいるって知ってたんだからね。

わざと鍵置いてきたんよ」


俺「は、は、はい?え、え、ソッスネ」

俺は何が起こっているのか、理解に苦しんだらのだが。

要するに俺達のどちらかが部屋に来ると、香里奈達は見越していたようだ。


香里奈「けど俺君が来てくれて、よかった。

私、俺君の友達の顔、無理」


俺「ソッスネ、ムリすか、いいやつす、あれ。

もう一人のオダチ、お友達は、ドコス?」


香里奈「ピザ子はまた温泉に行ったよ、あの子本当に温泉好きなんだ。

それより、少し中に入って。

鍵のお礼もしたいしね」


俺「しつーしむふーー」

既に、ご飯の後だからか、布団が敷いてあった。

そして間接照明がより一層雰囲気を引き立ててくれたのは間違いない。


香里奈「昼間の事、覚えてる?」

俺「あい」

香里奈「俺くんさ、あれはないよ本当に。

私が俺くんの彼女だったら、別れてるよ」


俺「ソッスネ、サーセン。

でも、ホント、き、き、きんちょして、はだ、裸で、その、ソッスネ」


香里奈「今ピザ子は居ないよ、何が言いたいかわかる?」

俺「ソッスネ、わか、わか、わかランス」

香里奈「私に恥欠かすの、既にプライドズタズタだよ」

俺「・・・」

香里奈「ねぇ、私じゃ不満なの?そういう事に興味ないの?」

俺「・・・」

香里奈「なんで黙ってるの?また倒れるの?」

香里奈ビッチすぎワロリンw

俺「そ、そ、いや、いやじゃないすが、よく、わからな、ん、んえ、えはい、ソッスネ」

このとき心臓バグバク。


俺「香里奈さんは可愛いひ、もう、なにより、いやまじかわひぁああああ、ええええええええ」

香里奈に倒されて、キスされた。


香里奈「もう、ここまできたらやるとこまでやるしかないよね、どうせ会うのなんて、今回だけだよ。

正直俺君かっこいいけど、全然私のタイプじょないよ。

今ピザ子が貸し切り風呂用意しているから、友達君さそって4人で入って楽しいことしようよ」


香里奈は急に立ち上がり・・・。


香里奈「先に行ってるからね」

・・・部屋に戻って。


友「どうだった?」

俺「ん、ん、いやんーー、貸し切り風呂行こう。

あの香里奈さん達と」


友「え、まじで言ってんの?俺達に気付いてたの?」

俺「孔明の罠だったおw」

友「一応聞くけどワンチャンありそうか?」

俺「たぶん香里奈となら、いけると思う」

すぐに部屋を出た。

俺は、正直戸惑っていた。

ここで童貞を捨てられるかもしれない。

でも本当にそれでいいのか?
友達の息子は成長していた。

俺も然り。


答えは出た。


貸し切り風呂の鍵は開いていた。

脱衣所に入ると、浴衣が2枚置いてあった。

意を決して入った。

香里奈とピザ子がいた。

昼間ピザ子は水着だったが今は裸で、思いのほかピザで巨乳だった。


香里奈「友君こんばんは」

友「おう」

香里奈「ごめんね、無理やり誘って」

友「いいよ、いいよ」

ピザ「私、俺くんの隣に、ん、やっぱ友くんの隣に」

ここからは、かなり鮮明に覚えている。


香里奈「俺君、とりあえず舐めていい」

俺「あ、あ、た、お、おか、ぬおへそふこらソッスネ」

友くんとピザ子はとりあえず、洗い場で抱き合っていた。

オエー。


香里奈「気持ちいい?」

俺「・・・」

香里奈「チパチパ、チュンーーー、チパチュチパチュ」

俺「・・・」

友「香里奈さん、そいつ童貞だからww」

香里奈「えー、俺君童貞なの。

まじで、えーーー、さすがに童貞君の初めては奪えないよ」


俺は走って脱衣所に行き、部屋に帰り、日本酒を飲み、泣いた。


翌日起きた時には友達は居なかったが、香里奈達と一緒に朝食会場に来た。

バツが悪そうな顔をしていた。


その後、車中でその話題になることはなかった。

サンプル