kimamamh0412000071
教育実習生との話。

かなり前のことですが、オレが中学1年の時に教育実習生が学校に来た。

他の地域はわからないが、オレの学校では実習生は卒業生がいつも来るらしい。


彼女はM先生。

小柄で愛想がよく、オレもすごく気に入っていた。

そのころオレは学校へは電車通学だったため、駅の近くに実家のあるM先生とは帰り道が同じだった。

実習期間中は何度となく帰りが一緒になり、土曜日はいつも先生の実家(家電販売店)に遊びに寄っていった。


実習が最後の日、その日はたまたま午前中で授業が終わりのため、土曜日のようにM先生の家に遊びに行った。

お店でいつも遊んでいたのだが、疲れのためか、ついウトウトしてしまった。


M先生「眠そうだから少し昼寝でもしていけば?」

先生の部屋へ案内をしてくれた。

一応、当時は彼女がいて、すでにエッチの経験はあったのだが、大人の女性の部屋に入るのは初めての事。

緊張のあまり眠気はどこへやら・・・。


M先生「先生のベッド使って良いよ」

緊張しつつもしばらく横になっていると、いつの間にか眠ってしまった。

しばらくしてからふと人の気配で目が覚めると、なぜか横には先生も寝ている。

憧れの先生が同じベッドで、しかも真横に寝ているとなると、すでに心臓がバクバク・・・。

つい好奇心でそっと身体に触れてみた。

でもまだ起きる気配はない。

何度か揺すったり触ったりしているうちに、先生が目を覚ました。


M先生「もしかして何かエッチなことしなかった?」

なぜか笑顔で言い出した。


M先生「しん君は、もしかしてもうエッチとかしちゃったことあるの?」

オレ「ないですよ~」

とりあえず誤魔化した。

しばらく無言になっていると・・・。


M先生「エッチなこと、想像してるんじゃないの?」

突然、先生に押し倒された。


M先生「今日だけ先生の言うこと聞いてくれない?」

オレ「なっ、何ですか?」

先生「じゃ良いってことで・・・」

・・・と、突然キスをしてきた。


M先生「私といいことしよっ」

慣れた手つきで服を脱がされ、先生もほぼ裸。

オレより先生のほうが興奮状態。

下半身に潜り込むといきなりパクっとし始めた。

経験はあったが、大人の女性は全然違う。

一気に昇りつめ、先生の口の中に分身を撒き散らした。

次の瞬間「ゴクッ」と飲んでしまった。


M先生「今度は私にして」

知っていたが「どうやってするんですか?」と聞くと、あれこれ説明をしながら手ほどきをする。

慣れていないオレのやり方になぜか先生は何度も昇りつめる。


M先生「じゃ今度は一緒に・・・」

そう言うと先生が上になり、合体。

飢えたメスのように身体を動かす。

早速限界が近づき、離れる間もなくそのまま発射。


M先生「もしかして出しちゃったの?」

息を切らせながらでも笑顔で聞いてきた。


M先生「仕方ないわね。

でもまだ大丈夫?」


そのまま3回ほどぶちまけた。


翌日、実習も終わった先生は大学のある都市に帰っていった。

でも休みのたびに帰省し、実家ではなく郊外のホテルに泊まり遊んでもらった。


そうしているうち、とうとう事件は起きてしまった。


来るものが来ないのである。

そんな話を聞いたのはすでに処置が済んだ後。


それでも先生との付き合いは何年もの間、終わらなかった。

大学を卒業し地元の学校に就職しても、ずっと付き合いは変わらない。

いつしか元生徒と先生では無くなっていた。


それからもう一度妊娠騒動があったが、先生の親にばれたのがきっかけで、いつしか音信不通となってしまった。

風の噂には、どうやら二度目の妊娠騒動の後、親に無理やりお見合いをさせられ結婚したらしいと。

でも、そのときの子供がどうなったのかはわからない。

年齢的にはぴったり合う子供がいるらしいが・・・。


大人だけどすごくエッチが好きだったM先生。

今でも懐かしく思い出されます。

サンプル