76iaf9559

みんなのダッチワイフとなったビッチ過ぎるお姉さん

俺が奈緒と出会ったのは、社会人になりたての頃の合コンだった。


顔は並みだが身体がエロい女で、派手な格好ではないのに肌の露出が多く、大きめに開いた胸元から、Eカップはあろうかと思う胸の谷間が丸見えだった。


若かった男達は奈緒の胸の谷間をチラチラ見ていたが、恐らく奈緒は見られている事を意識していたと思う。

大人しそうに見える普通の女の子が見せる谷間は余計にエロくて、おっぱい星人の俺には堪らなかった。


二次会のカラオケは、シラけた女の子達が帰ってしまったので、俺を含めた男4人に女は奈緒一人だった。


ほどほどに酔っ払った俺達は、カラオケ中も奈緒の胸の谷間もパンチラも遠慮なくガン見。


そのうちにマイクを持って歌う奈緒を立たせて、後ろから胸を揉んだりスカートを捲ったり、かなりエロい状態に。


最後には生おっぱいを晒した奈緒が、ノーパンになってソファーにM字開脚で歌うという完全アウトな状態に。


奈緒の剥き出しになったおまんこは毛が少なめで、既に興奮しているのか薄茶色のビラビラがしっかり開いていた。


この時の醜態は、画像、動画共に男全員の携帯に大量に保存されている。


カラオケボックスではこれ以上は無理(既にアウト)なので、俺達は早々にカラオケボックスを後にし、一人暮らしのヤツの部屋に行った。


部屋に着くなり奈緒を全裸にし、4対1の乱交!

・・・といきたい所だったが、経験値の浅い俺ともう一人は挿入直前に萎えてしまい、奈緒の懸命なフェラの甲斐も無く挿入できず。


やむを得ず、部屋にあったビデオカメラで撮影係に。


結局、奈緒は朝までヤリチン男2人に突まくられ、4人のチンポを順番にしゃぶり続けていた。


昼頃、目が覚めると、5人とも全裸で雑魚寝していた。


だらしなく足を開いて寝ている奈緒を見た時、俺は奈緒に覆いかぶさっていた。


朝立ちの勃起チンポは愛液でダラダラの奈緒のまんこにすっぽり収まり、俺はがむしゃらに腰を振った。


目を覚まして喘ぎ出した奈緒のEカップの谷間に顔を埋めたまま、俺は中に出してしまった。


(しまった!)と思ったが、奈緒は俺の頭を抱えてキスをし、「もうっ・・・」と一言微笑んだだけだった。


それから俺達は奈緒を含めた数人でよく遊ぶようになった。


セックス目的というわけではなかったが、奈緒がいつも谷間やパンチラを見せつけてくるので、結局最後はセックスだった。


奈緒は外でもフェラをしたり、裸になる事にあまり抵抗が無いようだった。


奈緒とのセックスに飽きてきていた俺達は、奈緒にノーパン、ノーブラで外出させて遊ぶことを覚えた。


買い物に行って、前屈みになるとおっぱいが丸見え、しゃがむとおまんこまで丸見え。


周りの男達の反応を見て、奈緒は明らかに感じていた。


だから買い物の後の美緒のおまんこはいつもグッチョリ。


なので俺達は、物陰や車の中で奈緒に全裸フェラをさせ、時には生で挿入していた。


1年ぐらいするとみんなで遊ぶことは無くなり、奈緒は完全にダッチワイフになっていて、各々が必要な時に呼び出しては勝手にセックスしていたようだ。


でも俺だけは奈緒のおっぱいが好きだったので、相変わらず露出デートを楽しんでいた。


この頃、友達の輪が広がり、奈緒の相手は20人を超えていたと思う。


奈緒の画像や動画をネットにアップしているヤツもいた。


その後、奈緒は妊娠した。


もはや誰の子か分からないが、妊娠中は中出しOKとなるので、妊婦という珍しさもあって、奈緒は以前にも増して頻繁に呼び出されるようになった。


出産後、みんなのダッチワイフを卒業するという約束で、俺達は結婚した。


それでも昔の映像やネットにある奈緒の画像を見る度に、俺は激しく勃起してしまう・・・。

サンプル