CXzF5sRUoAAIFcP

姉のレズ技に潮を吹いてイキまくった嫁

俺が嫁のユキと結婚して間もない頃。


近所で一人暮らしをしていた俺の姉ちゃんが、頻繁に俺達のアパートへ遊びに来ていた。


姉ちゃんは容姿端麗で、性格も明るく、学生時代はかなりモテていた。


そんな姉ちゃんだが、俺の知る限り一度も男の噂を聞いた事が無い。


以前、その事を聞いたところ、「良い男がいない」の一言。


その日も、ユキとくつろいでいるとアパートの呼び鈴が鳴り、出ると姉ちゃんが夕食の材料を持って立っていた。


嫁と姉ちゃんで夕食を作り、三人で食事を楽しんだ。


その当時、俺は夜勤の工場で働いていて、夕食の後片付けを二人に任せ、仕事場である工場へ一時間近くかけて向かった。


工場へ着くと何やら人集りが出来ていて、工場長や関係者が何か話しているが、人が多くて聞こえない。


暫くすると一枚の紙が配られてきた。


その内容は、本社の生産トラブルにより一週間、工場を閉鎖する。


尚、その間の保証や今後のシフトなどは明後日、説明会が行われるそうだ。


何人かの従業員は、工場長や関係者に詰め寄っていたが、俺はまた一時間近くかけ、嫁のいるアパートへ急いだ。


アパートに着くと時間は既に深夜2時。


嫁を起こさぬよう音を殺して鍵を開ける。


すると、俺の外出時と同じように姉ちゃんの靴がある。


不思議に思い部屋に入ると、奥の部屋から薄明かり。


そして嫁の声が聞こえた。


「ハァハァ・・・お姉さん・・・もう許して・・・アッ・・・ダメ・・・また・・・くる・・・くる・・・ウ~ン・・・アッ・・・アッ・・・アッーーー!」

俺はその時、全てがわかった。


勿論、今、扉の向こうで行われている事も。


なぜ、姉ちゃんが今まで男を作らなかったのかも。


頻繁に俺達のアパートに訪れたのかも。


全てが繋がったような気がした。


俺は薄明かりの漏れる扉の隙間から部屋の中を覗いた。


頭ではわかっていたが、実際にその光景を目にすると正直心が折れそうになった。


びしょびしょのシーツの上で全裸で絡み合う美女二人。


そして俺は衝撃の光景を目の当たりにした。


姉ちゃんの愛撫は決して激しいものではなく、むしろゆっくりと嫁の身体を撫でるように。


それでも、俺とのセックスでは殆ど達した事がない嫁を、姉ちゃんが「可愛い」と褒めながら嫁の乳首を軽く転がすだけで・・・。


「アッ・・・アッ・・・ダメ・・・ハァウゥーーー」

姉ちゃんが首筋を撫でながら脇の下を舐めるだけで・・・。


「イヤァ・・・ダメ・・・イヤァ・・・ウゥーーー」

そして姉ちゃんが両手で乳首を転がし、嫁のクリトリスを舌先でゆっくり舐めあげると・・・。


「アッ・・・ダメ・・・イヤ・・・おかしくなっちゃう・・・どうしよう・・・またきちゃう・・・キタ・・・キタ・・・アッ・・・アッ・・・ウアァァァーー」

何度も背を仰け反らせ、腹を波打たせ、嫁は潮を吹いて果てた。


俺はもう耐えきれなくなり部屋の扉を開けた。


嫁も姉ちゃんもこちらを向いたが、何が起こったか解らず呆然としていた。


暫くすると姉ちゃんは何も言わず服を着だし、嫁は裸のまま、「違うの、違うの、違うの・・・」と、ずっとその言葉を繰り返していた。


俺は怒る気にもなれず、嫁に服を着せ、三人で話し合った。


嫁も姉ちゃんも、「今日が初めて」を繰り返し、俺に謝り続けた。


そして姉ちゃんが言った。


「お願いします!全て私が悪いの、だからユキちゃん(嫁)だけは、お願いします!」

俺は姉ちゃんに嫁とは二度と会わないことを約束させ、愛する嫁を仕方なく許した。


それから暫くして勤めていた工場の本社が傾き、工場が閉鎖した。


今現在、俺は嫁の実家の家業を手伝い、幸せな家庭を築いている。


姉ちゃんとは実家の法事以外は会っていない。

サンプル