kimamamh00322000455
女子大生との話。

家はとある県の田舎にある。

以前よりは減ったが、農家も多い。

それで都心の大学から毎年、ホームステイをさせて体験学習をする。

去年も20人が来ました。


その時に、派手派手な女が2人。

名前は未菜と夏海。

20歳らしいが金髪の髪で、焼いたのか黒い肌で、花柄やらのミニスカを穿いてきて全く田舎にそぐわない格好だ。

爪は長いし、何しに来たのかって感じだった。


実際に作業も爪が邪魔でなかなかやらない。


「ミミズいる~超怖い!」と逃げ回ったり。


皆呆れ気味。

バーベキューでもキャミソールで胸元はゆるゆるで谷間が丸見え、「蚊に刺された!」と騒ぐ。

周りは優しいから長袖を着るように告げてあげたり。

お酒は好きなようで、かなり遅くまで飲んだり。


隣の家には夏海が泊まってて、何回か飲みに行ったが、かなり強い。

皆が眠ってもまだ飲める酒豪だった。


3日位してか、隣の家で飲んだ後に家に来たが、夜遅くで自分しか起きてなかった。

俺は離れの木屋の2階を改装した部屋に寝泊まりしてて、そこに来た。

ミニスカでゆるゆるキャミソールで、胸元は谷間が丸見え。


「すげぇ!秘密基地みたい!」と勝手に上がり込む。


皆が酔って寝ちゃったらしく、隣の俺の部屋に明かりが付いてたから来たみたい。


「飲もうよ♪お酒ない?」

そう言われ、少しは手持ちの酒が冷蔵庫にあったのでそれを飲んだ。


「美味い!」と500mlの酎ハイをグビグビ飲み干す。


「強くない?」と聞いたら、「まぁね♪」と言って飲む。


歳の話になり、「34?独身ってヤバイじゃん!」「彼女居ないの?」とか色々。


暫くすると、「眠い」と言うので、帰るように促したら帰ってったんだけど、なぜかすぐ戻ってきた。


「鍵締まってたから泊めてよ♪」と言われ、「ちょっと・・・」と困ったが、「いいじゃん寝よう!」と勝手に灯りを消した。


そしてベッドに座ると・・・。


「エッチな事考えてない?」

「そりゃあ・・・」

「変態おやじ。

大沢たかおに似てるよね?言われない?」


「まぁたまに」

「チューならいいよ!」とキスされた。


キスをして夏海に、「もっかい」と言うと、「いいよ」とキスをし、夏海の体を弄ると、「エッチ」とは言うが抵抗はない。

オッパイを触ると柔らかく、「おっきいね」と言うと、「一応“E”だよ」と言う胸を触り、キャミを脱がして派手なブラを外すと、乳輪はおっきいが形は抜群に綺麗なハリのあるオッパイが。


「凄いね」と乳首に吸い付くと、「エッチ・・・アッ・・・アッ・・・」と反応を始めた。


茶褐色の肌だが艶々してて肌も綺麗だ。

オッパイに吸い付きながら、太ももを撫で回して、スカートの奥に。

パンティは湿り出して来て、指で撫で回すと、「ウン・・・イヤン・・・」と体を捩らせた。

丁寧に撫で回してあげるとジワジワ湿り、ぬるっとしてきた。

足を開くと遊んでそうな割りにはピンクで、舌先で舐め回すと、「気持ちいい!」と反応をし愛液が溢れてきた。


ジャージを脱いでトランクスを脱いだら、「見せて!」と脱がして来て咥えて来た。

あまり上手くはない・・・。

だが膨張させてくれたら、「マジ?超長いし」と笑う夏海。


「普通だよ?」

「彼氏よりデカい」

そう話す夏海を寝かし、夏海の中に入れたら、「ちょっと痛い」と言われ、ゆっくり入れたら・・・。


「奥までくんだけど?ヤバい」

そう言う夏海も絞まりは抜群にいい。


動かして馴染ませると、「痛くなくなった」と言われピストンを早くすると、「アンッ!アンッ!アンッ!」とかなりおっきい声を出したので、「外に聞こえるから」と静かにさせたが、「だって超気持ちいいんだもん!」と。


そして酔ってたからか俺も、「思いっきりしようか?」と言い、夏海の中の感触を味わった。


「アンッ!イイ!」

ユサユサ揺れるオッパイを掴み、舐めたりしながら楽しんだ。


肌も20歳は張りが全然違うし、締まりも抜群にいい。

締め付けも強くなったり弱くなったり絶妙な具合だ。

そして、イキそうになると、「気持ちいい!」と声を上げる夏海。


「出すよ!」

「ウン!突いて!」

声を上げ、キュッキュッと締めて誘惑してくる。

激しく突き上げて、夏海に深く突き刺し射精を果たした。


「イイッ!凄く気持ちいい!」

そう言う夏海は、中でギュッっと何度も強く締めて来て、最後の最後まで圧力をかけた。


「超良かった!」と言う夏海とキスをして横になり、いつの間にか寝てしまった。


翌朝、携帯が鳴り、「ちょっと!隣に来てる夏海ちゃん知らない?」と親から電話が・・・。


「わからない」と言うと、「探しに来なさい」と騒ぎに。


まだ寝てる夏海を起こして、「ヤバいぞ!」と騒ぎになってる話をすると、「マジ?どうしよう」と慌てる。

着替えさせ、家の親達と隣に行った間に家から出させた。

夏海が現れて理由を聞かれ、「鍵しまってたから小屋に寝た」と話すと、「ごめんね!」と必死に謝る隣のおばさんに申し訳なかった。


体験学習中に、「昨日、超良かったよ!」と言われ、「聞かれたらヤバいぞ」と黙らせたが、その晩にも部屋に来て、翌日も・・・。

バック、騎乗位と色々楽しんだ。


最終日に挨拶で、「本当に貴重な体験ができました」と挨拶し、チラリと俺を見る夏海。


「来年も来るから!そしたらお家に泊まるからね♪」と最後の夜に言われた。


そして今年、募集の中に『◯◯夏海』の名前があった・・・。
サンプル