kimamamh00322000382
突然彼氏が部屋に来て…。

私には付き合って1年ちょっとの彼氏がいます。

結構エロエロ星人で、彼の部屋にはエッチビデオもいっぱいです。


出会いは会社で、取引先の営業マンでした。

会社の接待の席の時に、私があまり喋らなかったからでしょうか?
接待という飲み会が終わった後、心配して声を掛けてくれて、それがきっかけで次第に2人でデートするようになったんです。

飲み会の席でも下ネタ万歳三唱な状態だったので、きっとこの人エッチなんだなとは思っていましたが、本当にエッチで・・・。


デートすること数回、ようやくお決まりですがラブホテルへ。

その時、「ねぇ、お前はオナニーしないの?」と質問攻めにあい、無論オナニー大好きですが、「してるよ♪」とは恥ずかしくて言えなくて、「エッチなビデオの見すぎだよ!!オナニーなんかするわけないでしょ」と、何とかその場を乗り越えることは出来ました。


ところが、ここからが最悪です。

普段は平日が出勤日なのですが、急遽休みを交代してくれと会社の上司から頼まれて、平日休んだのです。

いつもと同じように彼は私の働いている会社に営業。

居るはずの私が居ないじゃないですか!
しかも本当に急だったので、私が上司の代理で休むことは周りの人は知らず、「体調悪くて休んでいるのかも」なんて事に。


そんな事になっているとは私も知りもしません。

スーツから楽な服装に着替えて、録画しておいたビデオを鑑賞。

ちょっとエッチな映画だったので思わずエッチな気分に。

パンティーの上から感じる部分をナデナデ。

シャツのボタンを外してブラの上から優しくモミモミ。

そのうちカラダも火照ってきて、次は直接手でクリちゃんをクリクリ。


(あぁぁん・・・気持ちいい・・・)

アソコがじんわり熱くなって、何となくパンティーがじとーっと湿ってきています。

足を閉じてお尻を振り振りすると、パンティーが擦れてクチュクチュ音がするのね。

だんだん我慢できなくなってきて、お気に入りのローターの登場!
クリちゃんを刺激しながら乳首も刺激して、私って自慢じゃないけどおっぱいも大きいので、自分で乳首舐められるんです。

仰向けになった状態で片手でおっぱい、もう片方の手はローターでアソコをグリグリ。

思わず声も出ちゃって・・・。


私「あぁーぁ、もっとーそこがいいのー♪」

なんて言ってた矢先、バタン!って戸が開く音。


彼「ともみぃ、大丈夫かぁー、具合悪いのかー、入るよー」

(か・・・か・・・彼がやってきたあああ)

きゃああああって思いながら、大慌てでシャツのボタンを閉め、ローターを抜いてる時間はないと思ったので、そのままパンティーをずり上げ、ローターはパンティーの中。


(ふぅ・・・間に合った)

彼「どうしたの?具合悪いから休んでるって聞いたけど」

私「いや、上司が休み交代してくれって」

彼「ふーん。

お前何してたの?」


私「え?何もしてないけど」

彼「ふーん。

エッチなことしてたんでしょ」


私「やだぁー、エッチなことなんかするわけないでしょー」

彼「ふーん」

なんなんだ?さっきから『ふーん』しか言わない(滝汗)

彼「じゃぁ、ナニしてたの?」

私「ビデオ見てただけだよ」

彼「エッチなビデオ見てたのか」

私「だからー、普通のビデオだよ。

何でエッチに結びつけるの?」


彼「へー、本当にエッチしてない?神様に誓って?嘘だったらお仕置きだな」

私「もう、しつこいってばー。

私が嘘つくはずないでしょー」


(ヤバイヤバイヤバイ・・・)

彼「じゃーともみぃ、お前鏡の前に立って後ろ見てみたらぁ?」

(ぎゃあああああああああ。

スカートが・・・スカートが捲れてるぅ)


しかもパンティーハンケツ状態。


彼「なぁ、友美さんよ♪スカートが捲れてパンツ半分。

しかも、なにやら白いコードが見えてますね」


そのまま彼に押し倒されて、パンティーを脱がされた私。

そしてパンティーの中からヌルヌルになったローターまで登場して、彼の最後の一言が「最後までイッた?」でした。


「まだです・・・」と答えると、彼は誇らしげに私のアソコに顔を埋め、「俺がイカせてやるぞ!」と気合い十分。


最後まで舐めて舌でイカせてもらいました。


「やっぱオナニーしてるじゃん」と勝ち誇った彼の顔が今でも脳裏に焼きついています。


嘘はつくもんじゃありませんね。

ああああああ、マジで恥ずかしい!
サンプル