kimamamh00322000314
義父とも…。

私はエリといいます。

淫乱嫁です。

実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と肉体関係を遂に持ちました。


夫は長男の為、両親と同居しています。

義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。

その為に、結婚して専業主婦をしている私は必然的に夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。


私は好みのタイプであれば、基本的に年齢や血縁関係などは特に問いません。

事実、10歳の時の初キスの相手は当時8歳だった年少の頃の夫。

16歳で処女を捧げた相手は11歳の実弟であったし、18歳のときに家庭教師をしていた12歳の生徒がモロ好みだったため肉体関係を結び、その生徒に似ていた36歳の父親と65歳の祖父ともしました。

この生徒とは今でもたまに会ってセックスをしており、生徒の友達を数人紹介してもらった。

この事実を知った実弟からは「底無しのバカ」と言われましたが。


20歳の時には私の大学の下見に来て、偶然再会した18歳の夫も迷わず食らい付いてモノにしましたし、大学の卒業旅行では旅先で35歳の男性とその14歳の息子、旅館で出会った2人の12歳の男の子、混浴温泉であった14歳と12歳の兄弟を食いました。

結婚してからは家庭教師をしていた生徒の弟とその友達、兄の息子で11歳の甥にも筆おろししてあげました。

最近では甥の友達二人を誕生日のお祝いにセックスをしてあげました。

みんな私のタイプの男性です。

特に甥は昔の弟にそっくりで、美少年の上にオチンチンの相性が私のマンコととてもいいのです。


まあそれはともかく、義父は笑顔が素敵で性格も穏やかな人でした。

夫は女の子のように可愛い顔で、義父同様に穏やかな性格でしたが、いつも寂しそうな感じが義父と違います。

その笑顔に惹かれました。


私は絶世の美人とは言いませんがバストはFカップ、タレントにスカウトされた事や、兄の友人達から交際を何度も申し込まれたので容姿はそれなりにいいです。

そんな若い女性と昼間の間だけとはいえ、ずっと一緒にいて、好意を持って接しているのです。

義父も気にはしているはずです。

それに義父と私は家事は協力し合っていますし、買い物も一緒に行っています。

仲のいい親子というより、時折、歳の離れた夫婦と見られることもあります。


「やあ、ずいぶん若い奥さんをお持ちですね。

羨ましいですよ」


「いえ、違いますよ。

息子の嫁です」


「はい、義父です」

遠くに買い物などに出掛けたときなど、こんな会話をお店の人とすることもあります。

冗談めかしていますが、私も義父も満更ではありません。

私はそんな義父の腕を取り、胸を押し付け、義父も肩に手を回して優しく抱き締めてくれたりします。


そんな私と義父が一線を越えたのは、車で出掛けて豪雨に見舞われ時でした。

車の中なので濡れる心配はありませんでしたが、視界が確保できないので、小さな公園の駐車場に車を駐めていました。


「すごい雨ですね。

お義父さん」


「まったくだ、雷も凄いし、近くに落ちなければいいか」

そんな会話をしていた時です。

急に空に稲光が走り、すぐさま轟音が響きました。

私はびっくりして義父に抱きつき、義父も私を抱き締めました。

しばらく私と義父は抱き合い、互いの心音がわかるほどでした。

それが雷に驚いた心音から別の心音に変わるを自覚するのにさほど時間は掛かりませんでした。


私は顔を上げ、義父の顔を見ました。

義父も私を見てくれています。

私が眼を瞑り唇を差し出すと義父はその唇を奪ってくれました。

最初は唇を交わすだけでしたが、すぐに義父の舌が私の口の中に入り込み、私もすぐに舌を絡めました。

雨音にかき消されしまいますが、私の耳には震動と感触でびちゃびちゃという舌が絡み合うディープキスの音が響きました。


口付けを交わしながら義父の右手はFカップの胸を揉み、左手はスカートを捲り上げ、パンティの中に入れてきました。

さすが年の功というべきか、パンティの中に入れた手は親指でクリトリスをこねくり回しながら人差し指と中指で私のオマンコを掻き回します。

それが強弱を持ってやられるものだから、私はあまりの気持ちよさに義父との口付けを止めて、空気を求めて喘ぎました。


「あ、ああ」

「気持ちいいかい、もっと気持ちよくしてあげるから脱いでくれないか」

義父の言葉に私は頷きました。

私は上の服を脱ぎ、ブラジャーを外し、バストがぶるんと露わになり、スカートはそのままでパンティも脱ぎました。

義父も急いで自分の着ている服を全部脱いで全裸になります。


60歳とは思えない体、いきり立つオチンチン。

私の股間は興奮でさらにビショビショになりました。

義父のオチンチンは夫や弟や甥の様におへそまで反り返り、ぶるぶると震えるような若さ溢れる感じではありませんが、長年使い込んできた色と艶、修練を経た木刀の様な年季の入った逸品を思わせてくれるような代物です。


「私の上に乗ってください」

義父は頷くと、助手席の私の方へと移動し、その上に乗ると椅子を倒しました。

先程と違い体が密着し、互いの体温をはっきり感じ取れます。

私は足を大きく開くと義父はその中に下半身を落とします。

私は義父の首に腕を巻きつけて、唇を重ねて貪る様に吸い上げていると、義父はいきり立つオチンチンを私のオマンコに宛てがい、少し上下に動かします。


「お義父さん、遊びは無しです。

雨がカーテンになってくれる時間はあまり長くないと思うから、そのまま入れてください」


「分かったよ、エリちゃん」

私は義父のテクニックに感じ、そのまま前戯を続けてもらいたかったですが、外の状況は気になりましたし、何よりもオチンチンが早く欲しくたまらなかったから・・・。

そう言うと義父のオチンチンが私のオマンコに侵入してきました。


「ああ、あ~」

義父のオチンチンの感触と快感で私は仰け反り、声を上げてしまいました。

義父は私のオマンコの感触を確かめるように入れたオチンチンを中でぐりぐり掻き回しています。


「いいよ、エリちゃんの中は最高だ」

「お義父さん、もう我慢ができません。

お願いです。

動いてください、私のオマンコを貫いてください」


「ああ、いくよ」

そう言って義父は腰を振り始めました。

義父はリズミカルに腰を振り、オチンチンが私のオマンコの蹂躙をします。

私は義父の首に腕を回し、足を腰に巻きつけ、体を密着させ、快感を貪ろうと必死でした。

そんな私とは対照的に義父は慌てる様子も無く腰を動かします。

おそらく経験と歳の差で無理な体勢をしなくともオチンチンから私のオマンコを感じる事ができるのでしょう。


「あっ、あっ」と私は声を漏らすだけです。


「どうだいエリ、私のモノは?」

「い、いいです。

お義父さん」


「そうだろう、そうだろう。

今まで経験した中で何番目だい。

一番いいだろう」


義父はいつの間にか私を呼び捨てにして、ストロークを変えながら私のマンコを貫きます。

もうメロメロですが、義父のオチンチンが最高かという質問には長い髪が振り乱して「NO」と答えました。


「うん、ううん、一番は裕君。

一番最高なのは裕君よ。

お義父さんは十番目くらいにいいの」


「なに、エリ。

お前、実の弟とセックスしているのか」


「そうよ、してるわ。

私の初めての人だもん。

それだけじゃないわ。

甥っ子ともしているし、甥っ子の友達ともしてるもん。

その子達とのセックスのほうがずっといいわ。

オチンチン硬いし、みんな私のことを激しく愛してくれるわ。

お義父さんはずっと下、激しく愛してくれないから」


私はとんでもない事を口走り、義父を罵りました。


「お義母さんも言ってました。

『息子の方がお義父さんよりも硬くて素敵』だと、『お義父さんはふにゃふにゃ』だって」


「あいつ、とんでもない事を言いおって。

息子との関係を見逃してやっているのに」


お義父さんは怒りを露わにしておりました。

実は、お義父さんと再婚したお義母さんと夫は肉体関係を持っておりました。

大学で夫と再会した時、私との付き合いを躊躇った事があります。

それはお義母さんとお義母さんの友人数人と肉体関係を持っており、実の母を失い自分を慰めてくれたお義母さんを愛していたからです。

私はそれでもかまわない。

自分も多く男性と関係を持っていたからです。

でも、結婚相手は夫しかないと詰め寄り、何とか結婚しました。

私が弟や甥と関係を持っているように、夫も未だにお義母さんと関係を持っていたのです。


「じゃあ、お義父さん。

もっと私を激しく愛してください。

最高に逞しいところを見せて」


「おう、見せてやる。

私が最高の男という事を」


そう言うとお義父さんは打って変わって、オチンチンをずんずんと突いて来ます。


「どうだ、淫乱嫁め。

ほらほら」


激しく腰を振る義父に私は激しく抱きつき、義父と唇を重ね、舌を差し入れました。

義父もそれに激しく舌を絡め、上の口と下の口で激しいセックスをしているような快感に襲われました。


「あ、あー」

私は義父から口を離し思わず声を上げてしまいました。

そして、ぎゅっと膣内が絞り上げられると同時にイッてしまい、義父もわずかに声を漏らし、私を腰を抱き上げると同時に膣内にドクドクと射精をしました。

その間私の意識は吹き飛び、子宮と膣がオチンチンから精液を搾り取るためにカクンカクン動いていました。

意識が戻ると義父も私の上でぐったりしており、義父の顔に自分の顔を近づけて軽いキスを交わしました。


「お義父さん、最高です」

「そうだろう」

お義父さんは満足そうに笑っていました。

自分を罵った息子の嫁をイカすことができたのですから。


でも、私は心の中で『ごめんなさい』と謝りました。

お義父さんの事は好きですし、セックスできたことは嬉しいですが、私にとって最高のオチンチンはやはり結婚前日まで毎日というか、結婚した後もオマンコをしっかりと掻き回し膣内射精をしてくれた実弟と、今は実弟の代わりに毎日突きまくってくれている甥です。

ちなみに夫は三番目でお義父さんはやっぱり十番目です。

すいません。


雨もいつの間にか止んでおり、私達は急いで後始末と身繕いを済ませると帰る準備に入りました。


「なあ、エリちゃん」

「はい」

「エリちゃんは知っていたのか?息子と妻ができているのを」

「はい、知ってました。

それを承知で結婚を申し込んだのですから」


「でも、なせそこまで?」

「実のお母さんが亡くなったとき、抜け殻だった子供の頃の夫に、口でキスしたり、生おっぱいを揉ませたり吸わせたり、『大好きだよ』と言って裸で抱き締めたりして立ち直らせたのは私ですから。

たとえ夫が誰と関係を持っていても、私が誰と関係を持とうとも、夫と結婚する権利は私しかありませんから」


その答えを聞いてお義父さんは苦笑いを浮かべた。


「わかったよ、エリちゃん。

君は息子の嫁だ。

ただ、たまには私の相手もしてくれないかな?」


「喜んで、私はお義父さんも大好きですから」

そう言うと私はお義父さんと軽くキスを交わし、お義父さんは車を走らせました。


書くのが大変なので、この日の後のことを掻い摘んで。

帰ってから甥のところに行きました。

そこには甥と甥の友達の少年三人と、私が居ない時に甥の面倒を見てくれている奥様とお友達二人がいました。

少年の一人が今日11歳の誕生日なので、前からの約束で、私はこの子のセックスの相手をしたのです。

キスから童貞まで全部いただきました。

ちなみに他の少年はすでに11歳の誕生日を迎えており、もちろん私が彼らの初めてを全部もらいました。


その後、八人で乱交。

人妻と少年のセックスというシュチュエーションに思いっきり燃えました。

少年三人は途中で力尽きましたが、甥は私達四人を一人で圧倒し、イカせられました。

甥にいつもイカせまくくられている奥様は、「こんなの初めて」と甥のセフレになりました。


家に戻ると、なぜか義母と義叔母と夫と義従弟(義叔母の息子)がセックスしておりました。

私もそれに加わりました。

さらに弟も呼びました。

この日二回目の乱交ですが、実際は実弟と義従弟のセックス勝負になりました。

弟は義母を、義従弟は義叔母とセックスして、射精するまでに何回イカせられるかというもので結果は弟が勝ちました。

よく知りませんが弟の戦績は二十一勝十敗ということです。

みんなで弟の勝利を称え、後はみんな仲良くセックスをしました。


久しぶりに一日中セックスをして分かった事があります。

年上の男性ではお義父さんが最高ですけど、私は年下の男性が好きみたいです。

だって、今思い返していると、童貞狩りはいつもしているし、愛する夫も大好きな弟も甥も年下だもんね。

テクニックはともかく、あの太くて硬いオチンチンでズンズンやられると、イキまくっちゃうんです。

だから、どう考えてもお義父さんはやはり十番目でした。


おわり。
サンプル